仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
304さん 引っ越しを..
by oss102 at 13:58
あきのさん 質素に暮ら..
by oss102 at 13:56
hanairomimiさ..
by oss102 at 13:54
8000はちょいとキツか..
by tmshanagn304 at 22:14
毎日の散歩でも日によって..
by あきの at 20:16
カッコいいカートですね・..
by hanairomimi201 at 17:01
fu-and-boroさ..
by oss102 at 11:56
sakuraさん 奮発..
by oss102 at 11:52
松風さん なくなったら..
by oss102 at 11:49
あきのさん 新しいしま..
by oss102 at 11:47
kiyokoさん 洋服..
by oss102 at 11:44
さなえさん 置く場所を..
by oss102 at 11:41
hanairomimiさ..
by oss102 at 11:38
私もあります、しょっ中で..
by fu-and-boro at 10:21
安いマグロは食べないので..
by orientexp at 05:42
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
90才の母親
e0001808_14521390.jpg  息子3人の母親。90才になっている。長男は札幌でバブルのころマンションで儲け、母親もマンション暮らし。下の息子は双子でそれぞれ60代後半。新潟の山奥と熊谷市在住。

バブルが弾けて、長男は母親の資産に手を出している。それを防ごうと双子兄弟は奮戦。お互いの利害もありややこしいのだが、この母親がたいそう元気なのだ。

心臓にパイプを入れてからは元気を取り戻して、お洒落して出かける。
一人暮らしの母親を、長男の魔の手から守ろうとして双子の兄の方は、アレヤコレヤの書類作りに奮闘して、ヘルパーや看護師をつけるが・・母親は時間が拘束されるのはイヤだと断ってしまう。

一度起き抜けに倒れたことがあって、救急車を呼ぶ。母親は救急車はよばないで・・というのだが。
5分ほどで到着した救急車に乗って、母親の顔を見ると・・しっかり口紅をつけていた。

男の書いた介護生活だから、役所関係の手続きのスッタモンダが詳しく書かれている。

母親は明治の最後の年。大正元年生まれ。父親は70代で亡くなっているが、地方の役場や札幌の役所勤め。 この年代の年金は、すごく沢山もらっているのですよ。
だから遺族年金になっても25万はくだらないでしょう。

母親は同居していた時は、長男に生活費として15万払っています。

遺言の書き換えなど、双子たちは兄の魔の手から母親を守ろうとしますが、この60代の双子も性格も利害もちがってドロドロ。

女の書いた介護の本とは大いに違いました。 明日につづきます。

[PR]

# by oss102 | 2017-07-27 16:00 | | Comments(0)
運び屋
 月曜日、大型スーパーヘ行った。カートを引いて海へ向かって緩やかな下り。ダイソーなどやビバへの用事もあって、端から端へ・・発泡酒2箱配達頼んで、あとは食品。

e0001808_14132628.jpgなんかとっても疲れて、カートが重く、どのくらいの重さか測ってみた。

カートの重量は2・2キロで、買い物は4・4キロだった。6・6キロくらいで、こんなに疲れるのか・・23度くらいの爽やかな風も吹くのに。歩数は8千余。

翌日はウオーク。帰りに図書館に寄る。駅前で買い物があるので、本は3冊まで・・と決めるが、ポンポン10冊も借りていた癖が抜けず、あれもこれもと思う心にむち打ち、4冊にとどめる。
本を持ってズッシリと重いのは避ける。 リュックの中に入れて駅前のダイソーへ・・冷蔵庫の脱臭剤8点とショウマのトイレ脱臭剤。(昨日買いわすれた。)その他・・・やっぱり疲れがとれない。 9時過ぎはやばやと就寝。

e0001808_14253823.jpg今日は徒歩15分くらいのスーパーへ。
久しぶりなのでやはり買い込んでしまう野菜たち。9キロになった。
カートの重さを足して11キロ400。 ここは帰りがやや下りになるので楽なのだが。歩数は3千歩にみたない。

今までだって買い物に車はほとんど使わなかった。それでも無いとなると、トイレペーパーを背負うのは大変だ・・などと思ってしまう。
配達無料の日は、物凄くレジが混む。みんな頑張っているんだ。
私も動けるうちは欲といっしょに頑張るぞ!!。

イワシが急に捕れだして安くなってます。新鮮です。^^

[PR]

# by oss102 | 2017-07-26 16:00 | 食べ物 | Comments(6)
ショウマのエサがない!!
 夕食後、ショウマがゴハンちょうだい・・といつもの場所に座っている。
ネネに「やってちょうだい」・・と言ったら食べかけの袋がなくて、新しいのを出そうとしたら・・・エサの箱が一つもない!! 

エツ!!どうしてないの?と居間の物入れを焦りまくって探すがない。どうしよう・・
時間は、夜7時半。 近くのサツドラまだやってるよね・・と急いで財布を持ってでたら・・ネネが追いかけてきて手招き。 ドアの外では大きな声を出さないのがマンションの鉄則。

e0001808_21375225.jpg玄関に戻ると、黙って靴箱の扉を開ける。ショウマの懐石が4箱もある。
そうだ!!居間の物入れは気温が上がるからと、先日冷たい玄関の靴箱に移したのだった。

ネネもそのとき一緒にインスタントラーメンやカップ麺を自分の部屋に移したので思い出したのだ。
「アンタえらいねぇ・・よく覚えていたね・・」私は全然思い出さなかった。ゼロ。
ここに移動したのは見てから思い出した。 それだけでもまだヨシとするか。

高齢者は、物を移動するときには、あった場所に移動先の貼り紙をすべし・・と心に刻んだ。

いまどきの猫はゴハンに味噌汁なんてものは見向きもしない。カレイの干したのはあったが、それだって食べないだろう。 母猫がノラで、前の家のラーメン屋さんが、よくチクワをやっていたから、安物のチクワは少々は食べる。 そしてなぜか高いマグロの刺身は食べる。

水害の避難先で猫たちはなにを食べているのだろうか。


e0001808_21445074.png

[PR]

# by oss102 | 2017-07-25 16:01 | 日々のこと | Comments(15)
トキシラズはひな菊でした。
先日懐かしい花としてトキシラズの名をあげました。札幌住まいのころの母たちの言葉で、ちょっと地方だけの花の名のような気がしていました。
デージーではあるものの、デージーといえば園芸種の花びらコンモリのド赤。ふさわしくないのでトキシラズと言い続けていました。

先日の日曜版に花咲く娘たちは 花咲く野辺で ひな菊の花の首飾り やさしく編んでいた なかにし礼補作詞と新聞半面におおきくひな菊の野原の写真が・・・そうなのか、ひな菊っていうのか、トキシラズよりず~と可愛い呼び名ですよね。
やっぱりトキシラズと呼んでいた人いました。トキシラズと検索すると、鮭のトキシラズばかり出てくるって・・・^^ 明治初めに入ってきたヨーロッパ原産で、北海道の冷涼な気候が気に入ったみたいです。

「特別大懸賞・タイガースの歌う歌をみんなでつくろう!!」に応募した13万543編の応募の中から、選ばれたのは、当時八雲高校定時制に通う19才の菅原房子さん。

まぁ、よかったですね。トキシラズではちょっとメロデイになりませんね。
花壇や道路っぷちや、整備された芝地に生えるひな菊は、背が低いですが、野原の中なら首飾りに編めるほど茎が長くなるのかな。

我が家のひな菊は、いまエネルギーを葉に溜めて花はつけていませんが、秋にはまた可憐な姿を見せてくれるでしょう。なにせトキシラズなんですから。^^
e0001808_14495670.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-07-24 16:20 | いとしの花たち | Comments(6)
おくやみ欄って・・

 昨日、毎日見てるって書いて、またそこかよ・・って思ってらっしゃるでしょうけど。
書く身は、毎日だからつらいのよ。 

最近知ったことなんですが、おくやみ欄に載る人は、半分くらいなんですって。
そこに載ると、亡くなった方の名義の預貯金が、家族にはおろせなくなるのね。
新聞に名前が載らないと、すぐになら引き下ろせるってわけで・・・そうかそうなの!!とびっくり。 そんなこと常識ですよ・・っていう人も。

死ぬまで息子や娘に財産をやるな・・という話は読んでますが。大して大きな金額でなくても、もめる家は揉めてるそうで。

私も、せめてお金の問題だけでも、娘に大変な思いはさせたくないと思っていますが、では、なけなしのお金を、今のうちから全部、ネネ名義に・・というのも考えてしまいます。

まぁ、こんな問題は読み捨てになさってください。(´・ω・`)

日差しは暑いのですが、海からの風は涼しく、部屋を開け放っていると、ショウマは陽だまりに・・私もシャワー上がりの体が寒くなってきて戸を閉めました。

やっぱり夕べのウロコ雲は、秋の冷気を運んでいたようです。
まだ、夏をたのしみたいです。


註 おくやみ欄を死亡広告欄と間違えて書いていました。<(_ _)>
e0001808_1783896.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-07-23 17:10 | 日々のこと | Comments(12)
女性の平均寿命 86.99才

 死亡広告欄を毎日見てますが、90才過ぎの人も毎日のように見かけます。
考えてみれば、平均寿命だって90才に近いんですものね。赤ちゃんで亡くなっても含まれる平均寿命ですから、どれだけ90才過ぎも多いのかが納得できます。

もの忘れや各部品の傷みに、やっぱり80過ぎるとこうなるか・・と日々わが身に年齢の重みを感じている私ですが、特に大病でもしなければ、普通に90過ぎまで生きる覚悟をしなければなりません。

90才になった方のブログにも行ってますが、足が弱ったと言いながらも、8千歩もあるいてしまった・・などとサラリと書いていて、はぁ・・8千歩も90才でねぇ・・と感心してしまいます。

また、80代万歳さんのところからお借りしてきた、90才の方の投書です。
e0001808_18402592.jpg

あれもこれも止めてるんですね。気持ち分かるなぁ・・これだけしっかりした文章を書ける方でもね。でも止めたら淋しいでしょうね。

今朝の読売新聞のぷらざには、82才の男性・・捨て猫14匹、避妊去勢もすませている。
妻とともに朝5時半起床、猫たちの食事・トイレの掃除、夜まで体を動かしている。猫たちに癒しをもらっているが、飼えなくなったときのために、引き取り先を探したいと。

70代で、もう猫は飼えないでしょう? 譲渡先では、預かり猫の条件付きでなければ、許可はおりません。 私から見たら、70代ってとっても若いですよ。

90代の方から見れば、80代もと~っても若いんですよね。(^◇^)


先ほど5時ころの雲・うろこ雲の間から日が射して、面白い空でした。一日涼しい風が吹いてました。うろこ雲は秋の季語で、台風がくる前兆・・と出てきました。
e0001808_1943818.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-07-22 19:01 | 日々のこと | Comments(10)
甲斐信枝 足もとの小宇宙
 昨日、NHKのドキュメンタリーの録画を見た。去年放映したものの再映のようだった。
私は先月6月10日に、この人の本をアップしている。

本を読んで、こうして作家の生活を見るのは楽しい。このとき85才という甲斐信枝さんはエネルギッシュだ。麦わら帽子をかぶって、どこの草むらにも寝転がる。 高齢なのにメガネかけてない。
繊細な科学的な絵を描くのに。

ず~っと以前、小さな虫を観察し続ける男性をTVで見たことがある。やはりかなり高齢だったが、新聞も裸眼で読んでいた。 
目も鍛えられるんですね。私のように本ばかり読んでいても鍛えられないのに。観察するという目でないと鍛えられないのかな?

若い時はかなり素敵な美人でした。草が種を飛ばすシーン・虫の動き・・みんな感動と共に「こんなシーンに出会えてうれしい・トクした。」人生丸儲け・・という表情を見せます。

日の出前にキャベツ畑に寝っ転がって、日の出を待ちます。朝露をびっしり乗せたキャベツは、日の出とともに無数の宝石に変身します。 どこにでもドンドン歩いて行きます。
自然の中の営みが恋人。もう首ったけ・・・素敵な人生ですね。
良いもの見せていただきました。

でも、これを録画していたのをすっかり忘れていた私でした。(´・ω・`)


e0001808_212227.png

[PR]

# by oss102 | 2017-07-21 16:00 | | Comments(6)
昔はよかったか・・・

 糸井重里のほぼ日に毎日行っている。ドコノコのトボケタ犬猫も楽しい。
今日は「昔はよかった」という人を分析して、自分はそういう仲間にははいらないと書いている。

私は、戦後の引揚者でかなりカボチャ・じゃがいもだらけの生活をしたから、昔はよかったとは思わない。今が最高だ。
ただ、昔を懐かしむ気持ちはある。両親もキョウダイもそろっていたし、私のお肌もツヤツヤだった。 でも、絶対に昔には戻りたくない。 過去のどの部分を選べるとしても、もう戻りたくはない。 このまま自然体で逝きたい。

昔に戻りたくはない・・とは思うけど、あの道を選べばよかったかな・・という思いはある。
やっぱり、楽な・ラクな道ばかり選んできた。
もうちょっと登り坂を選ぶべきだったか・・と。

今朝の感想でした。


e0001808_10231226.png

[PR]

# by oss102 | 2017-07-20 16:00 | 日々のこと | Comments(8)
ラベンダーバスツアー

 ストックウオークの会で、富良野へ行ってきました。
この数年、休憩室を借り切りにできる温泉を選ぶので、同じ方向ばかりで、みんな飽きて参加者が少なくなってきていました。

今回は、富良野だ!すぐにバスは定員を充たした。
ところが、大雨でラベンダーは流されて枯れてしまった・・と朝のニュース。
えぇ!!ちょうどよい時期だったのに~と残念に思ったが、行ってみたらところどころの箇所だけで、十分に美しかった。 残念だったのは、曇天・・まぁ、雨降りよりはいいよね。
ホームページを見れば、もっと美しい写真が載ってますが、まぁ、行った証拠の写真です。富田ファーム。
e0001808_10344031.jpg

バスの中で、会長は「危なく住所変更になるところだった・・」と1昨日の大雨の被害を言った。
高台の上の会長の自宅から見える、下の畑は、収穫時なのに全滅と・・
近郊の農家もやられたそうで、あぁ、私たちの野菜が・・と嘆くが、まぁ、直接の被害はみんななかったので、花見物はできた。

3連休の後だったのに、たくさんのバスが来ていて、人気の高さが・・昔ならジャガイモ・カボチャの世界でしたでしょうけど、平和のありがたさ。

シニアツアーは度々トイレタイムを取りますが、みなさん、コーヒー・ソフトクリーム・・と元気な食欲を見せます。

六花亭にも寄りましたが、レジが行列で買う意欲がわきません。アオバトのお付き合いで、富良野でちょっこと買いましたが。
花の間のウオークも撮ったのですが、曇天ながらも逆光でパス。
e0001808_10433528.jpg

ホテルについて林間をウオーク。小さなクルマ葉ソウがびっしり・・樹木が少し切れて日が射す空間は、草も勢いよく茂ってます。ちがいますねぇ。たっぷり森林浴をしました。
e0001808_10451824.jpg

温泉とビールとコンビニのオムスビと・・差し入れのサクランボもろもろ。
7時半集合で6時ごろ朝食。そして3時半の昼食となりました。おやつを持ち歩かないので、やっぱりトイレタイムのとき、なにか口にしなければいけませんね。

お世話いただいた、役員の方々、参加したみなさん、楽しい一日をありがとうございました。<(_ _)>
富良野は50代の頃、テニス仲間と行ったことがあります。ラべンダーの花はもう終わりの頃で、蜂がブンブン飛び回っていました。帰りは街でヘソ祭りをみてきました。大きなお腹に、顔を描いておどります。懐かしい思い出です。

[PR]

# by oss102 | 2017-07-19 16:15 | 運動 | Comments(8)
ほうずき
e0001808_20385996.jpg 私に聞くと「いらない」と言われそうだから・・勝手に送ります・・と息子のメール。

そりゃそうだ。きっと聞いてきたらいらないと言っただろう。
でもこうしてみると、真剣に全部赤くして越冬もしてやりたい私です。
ほうずき市なんて、風情のある市が立つんですものね。

子供のときは、このほうずきは貴重な子供の遊びものでした。皮が破れないように、根気よく・気長に、少しずつすこしずつ・・柔らかくして、口のハシを破らないように気を付けて、・・中の種が白くたくさん浮き出てきてから、皮をそっと取って、口から中味を吸いとるのです。

真っ赤に熟れたほうずきは、ほのかに甘かったのですが大抵はほろ苦く・・すっかりカラにすると、口にポッと空気を入れて、ブオーブーブーと鳴らすのでした。

あんまりほうずきをならすと、歯並びが悪くなるよと言われましたが、飽きずに鳴らしましたね。

それとほうずきの皮をめくって、千代紙や布地の端切れでお人形さん作って、友たちと遊びました。
遊んでいるうちに、だんだん柔らかくなって、白い種が浮き出てきて・・そうなると、またほうずきを作り出すのでした。

大抵はまんまるなほうずきですが、長細いほうずきもあり、それは男ほうずきと云っていました。
今の子供たちは、そんな気長な遊びをしないでしょうね。

[PR]

# by oss102 | 2017-07-18 21:12 | いとしの花たち | Comments(8)