仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
やんなっちゃた」に戻りま..
by tmshanagn304 at 22:32
>肩の骨と腕の骨の間が微..
by さなえ at 21:53
お若い時から鍛えて来られ..
by fuchan_k at 21:16
ァハハ、わたしと同じよう..
by あきの at 20:53
北海道は大雪とか、いかが..
by 松風Ⅱ at 17:55
痛くないリハビリいいです..
by kiyoko at 17:21
sakuraさん 怖い..
by oss102 at 11:17
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:13
fucanさん 本当に..
by oss102 at 11:09
あきのさん 交友関係も..
by oss102 at 11:05
304さん そうですか..
by oss102 at 11:00
yiokoさん 子供さ..
by oss102 at 10:58
素敵な写真展ですね。ほん..
by orientexp at 00:46
先日、町内で17年ぶりの..
by mikihana922 at 00:40
奥様の1周忌に合わせて個..
by fuchan_k at 21:46
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
あ~やんなっちゃた~・・の 14
 今日は週1の診察日。レントゲン見てハンサム先生は、肩の骨の位置がちょっと下がっていると言った。「ズレテルンデスカ?」「イヤ、ずれてはいないけど、筋肉の力が弱いので下がっている・」のだと。なるほど、1週間前の写真とくらべて、肩の骨と腕の骨の間が微妙に開いていた。

今朝、私はケガ以来はじめて、左袖を通して衣服を着られた。コートにも袖を通せたから、一見普通の人に見えた。ヤッホー!

いよいよリハビリに回された。ひろ~い部屋で沢山の技師さんがいる。
私の担当になったH氏は、開口一番「痛いことはしません。」と言った。医者に言われてたのかな? 私も安心してお任せできた。 手は右手を添えて、静かにかなり上まで上げられた。
下にさげると痛かったのも、もう痛くない。
よかった~・・・週に2回のリハビリを申し込んできた。因みにリハの先生も感じの良いハンサムさん。私ついてる! むっさい暗い顔した人をみるより嬉しいではないか。
マ、お互いさま・・患者は若い方が・・はずれ~と・・・^^
でも、家ではあの、かさばるギプスをはめているようにと。

帰りの雪道も、三角巾で抑えていくようにと、主治医の伝言があった。
それでは、また片袖スタイルになるではないか。 私は「ハイ」と言いながら、3角布は外して帰宅した。 見通し明るくなった。(^◇^)


e0001808_16403638.png

[PR]

# by oss102 | 2016-12-06 16:34 | | Trackback | Comments(6)
ちょっといっぷく
 劇団ウミネコの代表を50年してきたY氏は、以前の家の路地に住む人。除雪問題やトンキーとワンリーの詩の朗読などで世話になった人。

Y氏の奥さんは腎臓透析をしていて、私の引っ越し後まもなく他界された。

先日、奥さんの写真展の案内をもらった。ネネと美術展に行った。知らなかったが、奥さんは過去、数々の賞を写真展で得ていた。 雪の路地・海と廃屋・夜の店の明かり。みんな小樽のものばかり。
写真の下には人の名が書き込まれていた。ほしいという、友人知人に贈るのだ。

e0001808_16223344.jpg

フウロとショウマの写真もあった。まだ2才ころだろうか。ショウマの目も見えている。カメラを向けられて、ビビリのフウロは緊張を解くためのアクビ。 店のウインドウーの棚を支える100均の棒。 懐かしいな・・

先日、丁寧な包装で手紙とともに送られてきた。食卓の上の壁にたくさんの花と2匹の写真が並んでいる。そこの仲間入りをさせた。

素敵な1周忌だなと思った。

[PR]

# by oss102 | 2016-12-05 16:28 | | Trackback | Comments(12)
あ~やんなっちゃた~・・の 13
寝間着

 高校の修学旅行に行くとき、自前の寝間着持参だった。今のように揃いの部屋着など旅館では出なかった。少なくとも修学旅行で泊まる程度の旅館では。

それで、白地の花柄で、胸元にフリルをつけたロングのネグリジェを作った。戦後、アメリカの素敵さにあこがれた。
以来ず~っと私はネグリジェ派である。寝るときにズボンなんかモタモタして寝付かれない・・と決めていた。

ネネと暮すようになって、私の誕生日にネグリジェを3度贈ってくれた。ピンクハウスのもの・森英恵デザインのもの・・どれも上等の綿製品。 だが、ピンクハウスの物がいちばん湯上りの肌にも馴じみ、くるぶしまで届く長さが気に入って一番着こんでいた。

私は、ショウマと寝る。そのお気に入りのネグリジェはものすごい爪の穴が・・大きいの小さいの・・袖はボロボロ。ちぎれそうなところも・・

3着のネグリジェの中で、前開きはこれだけだった。あとはかぶるタイプ。

とうとう決意して大型スーパーヘ買いに行った。今どき総まえあきのネグリジェなど売ってなかった。しかも7分丈が多い。パジャマも綿のブランド製品は万を超える。

パジャマで妥協することにした。ゆったりでなくちゃ嫌なので2エルを買った。4980円の綿ニット。グレー1色。私のネグリジェ歴は64年で終焉を迎えた。 寝つけるだろうか?

今どき寝間着という言葉は死語だろうか?

この日の歩行8645歩。これだけは満足だった。


e0001808_175807.jpg

[PR]

# by oss102 | 2016-12-04 19:02 | | Trackback | Comments(10)
あ~やんなっちゃた~・・の 12
 まだ、このままのタイトルでいいのかな?と思いながら書いてます。
だって、アクセス数が普段の倍になってるんですもの。(^◇^) 嬉しいですね。

気が引けて、かくれるように外出していたけど、先はながいしカミングウトは早い方が・・と決心して管理人さんにも「かくかく・・こうなった。」と告白した。「やぁやぁ・・大変だったね・」といつも愛想がいい。

昨夜ネネが帰宅すると・・「玄関のホールで理事長に会った。」「怪我は?・・」と聞かれて「母です。」と答えたら。「今から転んで、この先何回転ぶのかな・・」だって。

あの、管理人の奴、もう告げ口しやがった! それに理事長もネネに「お母さんお大事に・・」でもなくこの先何回・・・という言いぐさはないだろう。怒!! 

まぁ、人様の心はこんなもんだ。

 あの嵩張るギプスも自力で装着できるようになった。外出と寝るときには巻くタイプ。
まだまだ左腕は痛くて下げられない・・と云うと、経験者のサ・高・住の友人は「まだまだかかるよ。」とつれない返事。 あと2日で2週間が経つ。医者は手術なら2週間って云った。

ちょっと後悔の心がよぎる。順調にいって後6週間か・・それでスッキリ元に戻るわけじゃない。
人生後戻りはできないようになっている。


e0001808_16311222.png

[PR]

# by oss102 | 2016-12-03 16:08 | | Trackback | Comments(14)
あ~やんなっちゃた~・・の 11
 考えてみれば、小樽へ越してきてから30年。その間、私は何度転んだことだろうと数えてみた。
みんな雪道で、あのとき・このときと数えて5回は転んでいる。60代ではあまり靴底のことは考えていなかったので、ツルリステン・・きまり悪くてすぐに立ち上がり・・のパターン。

ブログを始めてからも5年前の1月・左手首骨折2年前の大転倒!! この時は骨折はまぬがれたが・・
そうして今回だ。 やっぱり年齢とともに傷は大きくなるのかな。

先日マージャンの時間待ちで、椅子に並んでいた。あまり付き合いのない人だったが、雪道の話になり、右隣りの女性が、「手首を骨折したことがある。」・・と。「あら、私も・・」「私も・・」と今度は左の女性も。 あ~ら、3人も? 

今日もアオバトの勉強会の後、大型スーパーの中の居酒屋で忘年会をした。一人骨折経験者がいた。
すっかり食べ終わってからカメラを思い出した私。いつものパターンとなった。キレイサッパリ!!
ここは、3時から5時までランチタイムです。お一人様1300円。
タラバの味噌汁、身が入っていますが、右手だけでは身がほじくれません。ザンネン!
e0001808_17492268.jpg

スキーでは、筋を切ったりしたことはあるが、骨折の経験はないのにね。

雪のない地上も怖くなった私。こんな風にほふく前進するしかないのか・・・

e0001808_1832614.png

[PR]

# by oss102 | 2016-12-02 18:03 | | Trackback | Comments(10)
あ~やんなっちゃた~・・の 10
 この骨折シリーズの始めに、数日お付き合いください・・と書きました。
書き始めてみると、自分のケガや病のことは、聞いてください、読んでください、という気持ちが強いのです。 聞く方は、また病気の話か・・怪我の話か・・とうっとうしがるものですが、お喋りなら知らず、書くのなら、嫌なら読まなければいいのだから、遠慮しないで書くぞという気持ちになりました。 まだ続きます。!(^^)!

 黒いかさばるギプスは、いたるところにマジックテープがあって、一人装着はムリ・・とおもいましたが、ネネの指導でなんとか出来そうです。 前のギプスも洗って外出にそなえました。
3角布が短めなので、少し大き目なのを作るか、肩にテープを貼って作ろうか・・素材になるものを考えています。 なにせなにもかも捨ててきたので、ア~あれがあれば・・の世界にいます。

ヒートテックの下着も思い切り引っ張ると着られるようになりました。
着患脱健・・患部を先に健康な方は後に・・スキー指導員の試験のときに覚えた言葉を思い出しました。そろそろと左腕を袖に通して、思い切り引っ張って首と右腕を通します。ヤッター!! 最近の下着はよく伸びて助かります。

以前TVで小児麻痺の少年が、1枚のTシャツを着るのに40分だったか・・かけて着る映像をみたことがあります。
大変な世界です。


e0001808_13295481.png


センタクバサミ
[PR]

# by oss102 | 2016-12-01 16:00 | | Trackback | Comments(10)
あ~やんなっちゃた~・・の 9
 
今日、また装具の支払いに病院へいきました。銀行振り込み他の支払い方法はいくつもあるのですが、散歩コースにちょうどよいのです。往復4800歩ほどの距離ですが、まぁ、ギプスつけてのウオークですから、ちょうどよいのです。

ストック片手と考えましが、それより大きなカートのほうが、荷物入れにもなるし、頼れる存在です。 1歩1歩・・すべれば地獄・・と言い聞かせながら・・|д゚)

暖かい日で汗をかきました。帰りは緩やかな上り坂。一人シャワーしました。気持ちよく上がって、サテ、ギブス装着です。色々試すも何処がどうなっているのか、真っ黒だし、マジックテープはいたるところにあって、毛玉だらけのカーデイガンにくっつきます。
小1時間奮闘して諦めました。 遅いお昼を食べたら眠くなって爆睡。

このギブスは入院患者のために作られたもので、一人装着はムリ。ようするに、腕の角度をひろげればいいのだからと、夏の椅子のクッションを丸めて抱え込みました。

1昨日のこと。夕食は少しでも包丁を使わないですむものをと、ツキコンニャクとタラコ和え・・辛口なのに、ついキザラが多く入ってしまって甘くてダメ.
また同じ具材買ってきて、大油揚げや干しシイタケもいれて、味をつけずに作って混ぜ込みました。
時間を置くとなんとか普通の味になって、大量になったタラコ和え。
e0001808_18523859.jpg

ネネに半分冷凍する?・・ときいたら「もりもりたべよう!」ということになって。
次の日は、水の分量を間違えて、やわら~かい・・ごはん。

転倒・・料理が出来なくなる・・おそろしい○○の日が近づいてます。


e0001808_19153417.jpg


左手が洗えない
[PR]

# by oss102 | 2016-11-30 17:49 | | Trackback | Comments(8)
あ~やんなっちゃた~・・の 8
 3回目の診察日でレントゲンをみて、ハンサム先生に、骨はずれていないといわれホッとしました。ところでギプスが新しいものになりました。
今まで腕をお腹に密着させていた、幅広のギプスから、体と腕の間に10センチ幅の大きな枕のようなものが入りました。 それを固定すると、カーディガンも幅広のコートもボタンが掛けられません。
大体が、サイズが大きすぎるのです。大は小を兼ねるで、種類が多くないのですね。
こんな姿で外出は出来ません。寒いし、小錦みたいなフォームです。

それで外出するときは、今までのを使用することにして、返してもらいました。病院では廃棄するのです。 これを装着してた時は、本当に温かかったです。寝ていても薄いダウンの夏掛けとタオルケット1枚で朝までポッカポカ。 昼間もショウマが催促するので、しかたなしに点火するのです。
e0001808_20201347.jpg

ユニクロのハイネックのヒートテックに、お腹に穴を開けて、そこから手を出せるようにしてました。ちょっと抑える手先があるだけで、右手だけより随分と仕事の幅が広がります。 
今度のは、その穴は不要になりました。
e0001808_20204169.jpg

前のも2千200円ほどでしたが、今度のは義肢制作所の人が直接もってきて、装着して、2万5千728円を請求されてビックリ!!
でも書類を揃えて市役所にいけば、1割負担になると聞いてホッ!

私の不注意で税金たくさん使ったのだなぁ・・ごめんなさいね。

黒いギプスは、下の方が肘が入るようになっていて、肩からぶら下げるようになってます。その肘から手首までの間に、上の枕のようなものを挟むのです。少しずつ、稼働範囲を広くしていくのです。
ものものしいグッズでしょ。

来週から、リハビリーが始まります。 痛くないかな~

[PR]

# by oss102 | 2016-11-29 15:52 | | Trackback | Comments(12)
あ~やんなっちゃた~・・の 7

 ケガしてから1週間、2度目の月曜日を迎えた。
11月25日(金) この日はショウマと2人ボッチ。勝間和代のいう新種の喫煙になってはいけない。 足を振り回したりストレッチしたり・・つまらなくてすぐに止めてしまう。

家具を磨こう。前かがみになると辛いので、垂直にしゃがんだり立ち上がったり・・太股の筋肉が使われるのが分かる。電話・小引き出しの小物の磨きと整理・などなど2時間の上下運動となった。

毎日、キチンとしている人は、こういうときやることがなくて困るんだろうな。^^

しか~し土曜日も予定がない。散歩がてらカートを引いてスーパーヘ。マンションの玄関から外出するのは初めて・・管理人にあいたくないなぁ。知っている人にも会いたくない。2ヵ月も片腕でいなくちゃならなのに、いずれバレるのに・・仲間にはいいのよ。 やっぱりカミングウトは早い方がいいかな? コソコソ・・・

どうも私はブラブラ一人散歩ができない。みんな一人の方が気楽でよいというのに。私は目的があるほうへセッセのタイプ。 車道は雪がないが、歩道は雪が残っている。 今度転んだらアウトだと足に力が入る。

日曜日には、サ高住の友人が亡き夫が使用していたという、ベット枠を持って見舞いにきてくれた。どのベットにも合う差し込みタイプで、パイプにつかまって起き上がりやすい。布団のずりおち、転落防止にも・・お借りしてきた画像です。
e0001808_1574924.jpg

私のベットマットはもう20年以上の固いマットで薄いタイプ。それに薄い羊毛布団1枚なので、横のパイプが邪魔になるのでヘッドにくっつけて差し込んだ。 起き上がる時具合がよい。アリガトウ(^^)/

この夜。ネネにシャワーで頭や背中を洗ってもらった。母娘でお風呂になんて何十年ぶり?
でも、もう一人で入れそう。  つづく


e0001808_153011.jpg

[PR]

# by oss102 | 2016-11-28 16:00 | | Trackback | Comments(10)
あ~やんなっちゃた~・・の 6
 ケガから4日目。11月24日 木曜
 
午前中は、私の大好きな杜のひろばの「語り」の会があり、午後からは12時~30分の病院の予約がある。ネネは休日。 バスでも行けたが、甘えて車で6・7分の語りの会場へ送ってもらう。
左手の手首はケガはないから、前に出しておきたい。
ショウマの毛だらけのカーデガンは、あまりひどい。 ファスナーでは途中で手が出ない。

前あきのボタンのものは2枚だけ。外出着でヒラヒラがついているのと、真っ黒なウスッペラのと2枚しかない。真っ黒のにする。ボタン穴が見えない。
ネネの介助で着て、コートも大昔の木綿の半コート。

仲間にケガをお披露目して、楽しい時をすごし、12時にネネに迎えに来てもらって病院へ。

再びレントゲンを撮り、ずれていないのを確認。 ネネも一緒に診察室へ。医者は「若い人なら手術を奨めるが、高齢なのでコルセットで様子を見ましょう。」と言ってくれた。 次回の予約は次の火曜日。 このフォームで2ヶ月か・・・片手ストックでスノーシューできるかな?
できたとしても装着は無理だ。 仲間に甘えるか・・・

ネネと大型スーパーへ買い物に行き、また別のスーパーへも寄る。片腕の老女をジロジロ見る人もいない。

ベットからお起きあがるのにも、そんなにジタバタしなくなった。日にちクスリだ。


e0001808_16562379.jpg

[PR]

# by oss102 | 2016-11-27 16:57 | | Trackback | Comments(10)