仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
猫の毛が付いていようがい..
by fuchan_k at 16:50
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:34
いつもの仲間ではない人の..
by fu-and-boro at 21:23
北国の暮らしも興味があっ..
by oss102 at 17:03
mikihanaさん ..
by oss102 at 17:01
中島公園の事務所の前の古..
by あきの at 19:00
そちらはスカッパレだった..
by mikihana922 at 18:59
fuchanさん 私も..
by oss102 at 15:54
sakuraさん そち..
by oss102 at 15:52
まさか、車がね〜〜〜!@..
by fuchan_k at 11:35
自動でもやはり運転席に座..
by orientexp at 01:36
304さん 運転中に足..
by oss102 at 21:45
さなえさん 今のところ..
by oss102 at 21:42
kiyokoさん 今日..
by oss102 at 21:38
松風さん ギア運転から..
by oss102 at 21:35
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
クリーニングに出した毛布が  2
 そのうち出て来るでしょうから、待ちましょう。と言って、夏が過ぎ秋が来た。
9月に入って、担当者から電話が来た。
「今はまだ、ニトリに毛布の入荷がないので、もう少し待ってほしい。」

ニトリかぁ・・9月半ば、ネネと寝具売り場に行ってみた。ペラペラの薄いフリースばかりが、1980とか2980で売られている。「こんなものを持ってくるのだろうか?」

階下の店では西川の寝具が売っていた。木綿素材だが、しっかりしていて4980だ。
いくらの予算のものを買うのか知らないが、持ってこられてから、「これはダメとも言いづらい。」

「そちらの予算はいくらなのか?それに上乗せしても、こちらで選ばせてほしい・・」
担当者は、ニトリの仕入れ値でウールマークの毛布を頼んでいるので、予算は明かすことは出来ない。」という。

語りの仲間とランチしたとき、その話をした。「エツ!クリーニングで物が無くなることなんて考えられない!」とみんなビックリしていた。

私は、子供が小学生の頃、スキーウエアのフードをなくされた。家に担当のオジイサンが集めに来ていたころで、シーズン明けの、大量の品物が出されるころだ。

それと、もっと若いころ、商品として出始めた頃の、ニットの花柄の上下。クリーニングから帰ってきたら、物凄く横に伸びていた。 もう着られなかった。泣き寝入りした。

語りの仲間に「ウールマークと言ったって、ユニクロの3980から、ウン万円のセーターからピンキリだものね。」とぼやいた。
                        つづく


e0001808_11122337.jpg

[PR]

# by oss102 | 2016-09-26 16:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(1)
クリーニングに出した毛布が
 行方不明になったと、ぴよちゃんクリーニング店から知らせてきた。
ウオームビズに、10月から6月までビッシリと愛用していたウールマークの毛布である。
 
e0001808_184304.jpg

とにかく感触も暖かさも気に入っていた。家にある化繊混紡の毛布とは全然ちがう。
これを膝周りに巻き付けてストーブを背負っていると、微小でいい。

もう10数年、6月にはクリーニングに出して愛用していた。

ネコの毛がビッシリついていたので、コインランドリーで洗ったのだが、行方不明になったと。

あんな大きなもので、古い毛布が盗まれるはずがない。きっと出てきますよ・・と言っておいた。
古い毛布でも、あれに替えるものがない。他のはイヤだ。

本当は、あんなにネコの毛が付いたものは、受けないのですが・・なんていう。
今更なんなの・・10数年出していて、今までそんなことを言われたことがなかったのに・・・

我が家のオタカラが無くなった。    つづく

[PR]

# by oss102 | 2016-09-25 17:19 | 日々のこと | Trackback
語ろう会のお姉さまたち
 アオバトの講師は、私たちより数年前から、この方たちをおしえていました。 姉妹朗読の会・・とでも言いましょうか。

そのお姉様たちの発表会が札幌、渡辺淳一会館で行われた。午後からが本番なのだが、満席なので10時からのリハーサルなら、ということで都合のついた5名の仲間が駆け付けた。

スカッパレの秋空に、気持ちの良い中島公園横の会館へ。

それぞれがエッセーを読み、銀のスズふるふる・・のアイヌ少女の文章と生涯を読む。
e0001808_161332100.jpg

2部は、私たちも台本をもらって練習している、さねとうあきらの「おこんじょうるり」

作務衣に着替えて舞台にいる仲間・・そこに横笛を吹きながら階段を、静かに降りてくる作務衣姿の若い男性。
e0001808_1619093.jpg

朗読が始まって、男性の音響効果入りで、悲しいおこんじょうりの朗読。
泣き虫の私は、この話の終盤はいつも涙ぐんでしまう。

舞台の設定、振り付けはいつもすごい。 これをやれと言われたら、また、物覚えの悪い私、落ち込むなぁ・・・
e0001808_16505768.jpg
あの役はSさん・・この役はKさん・・あの男性を借りてきて・・作務衣は・・

公園横の外のテーブルでひどくまずい^^ランチしながら・・おしゃべりが盛り上がる。



オータムフェアの大通公園。快晴の土曜とあって盛り上がっていました。

e0001808_16531534.jpg

[PR]

# by oss102 | 2016-09-24 17:01 | 朗読 | Trackback | Comments(6)
自動運転  ガイアの夜明けから
 自動運転は、まだまだ先のことと思っていた。 もう現実に売り出されているなんて。
日産の自動運転のTVをみて、ビックリ!!

9年目で買い替えを考えている70代男性。「まだまだ運転には自信がある・・そんなのはいらない。」 試乗してみると「これから先のことを考えると・・・」と購入を決めていた。
自動運転装置のオプションは24・5万ほど。

研究者たちの、小さな標識の認識の苦労なども織り交ぜていた。

アメリカで「こりゃ素晴らしい!」とネットに載せた男性が事故で亡くなって、一気に自動運転の熱がさめたという。 まだ、原因は分からないそうだ。

でも、いよいよそういう時代になるのは必須のようだ。

そうなると・・年寄の運転もOK?? 認知症は? 子供は? 
今のところは、うっかり事故などの小さな事故を防ぐということらしい。いきなり信号無視の車がとびこんできたときはムリなのね。

でも加害者にだけはなりたくないから、ある程度は有効なのだと思う。

私はあと1年、車に乗ります。


e0001808_11243729.png

[PR]

# by oss102 | 2016-09-23 16:02 | 日々のこと | Trackback | Comments(14)
おしゃべり
 杜のひろばの語りの会の後で、食事を・・ということになった。無口な男性二人は帰った。^^
祭日で休みのところも多く、イタリアンの店へ。

久しぶりにピザを食べた。
いろいろな話題が出たが・・・6才のお孫さんのいる方。「かわいくてチュッとしたくなるけど、お嫁さんが口内には雑菌が多いからやめてほしいと・・・」夫の子供へのチュも嫌がると。

えぇ!!孫にチュもできないの? 私はネコにもチュをされたりしたり・・^^
なんにもディープキッスするわけじゃないのにね。

息子が帰省中に、「バスタオルを毎回洗う・・年に一度くらいなので黙って洗ってやるけど・・」という人。 老人施設から通ってくる人は、「汗がついているので毎回洗う・・」という。

ふ~ん、結構みなさんご清潔に暮らしているのだな、と思う。

我が家は二人暮らしでも、だれのバスタオルとも決めていない。適当に洗濯機に余裕があるとき、放りこむ程度。 病気しなければいいじゃないか。

チュの問題でも、そんなにご清潔に暮らしていたら、免疫力がなくなるじゃない・・スキンシップは大事なのにね。

保険会社とのトラブルで戦った経験のある人は、消費者協会は頼りになると経験談を。
面白い話が聞けた。

たっぷり2時間近く社会勉強して、心もおなかも満ち足りた。



e0001808_16583761.jpg


地球歴
[PR]

# by oss102 | 2016-09-22 16:59 | 朗読 | Trackback | Comments(4)
ベランダ物干し
e0001808_1433573.jpg 快晴のベランダに洗濯物を干した。
こんな天気なら、室内でもすぐに干せるのだが、一度やってみたかった。

改修前は、すこし位置が違ったように思うが、イザふたをあけてみれば、竿をかける両端が長すぎ・・しかも高すぎ。

こんな風にハンガーで掛けるには不自由しないが、タオルケットや布団干しとなると、153・3くらいに縮んだ私としては踏み台がいる。危ないではないか。
もっと小柄な奥さんだっているのに、クレームが出ないのかな?

竿をかける位置は3メートルも離れているから、最小で4メートルの竿を買わねばならない。ベランダの柵の位置についている両端も同じ幅、これでは3mくらいの竿では間に合わない。 文句たらたら・・・

久しぶりだなぁ~外干し・・・以前の家の、その前の家にいたときだって、滅多に外へは干さなかった。
晴れた日はテニス、汗まみれの衣類は夜に洗濯機を回した。冬はストーブのある部屋が早い。

やっぱり、ここでも室内干しが多くなるだろう。
今度ニトリに、ネネと4mの物干し竿を2本、買いに行く。
小さな軽からははみ出すが・・なんとか紐でしばってソロソロ運転のつもり。


e0001808_14272315.png

[PR]

# by oss102 | 2016-09-21 14:22 | 日々のこと | Trackback | Comments(10)
黄金桃
 しばしば寄る安売りの店に、従来の白桃とならんで、黄色い桃が売られていた。
白桃とかわりない値段。直径9cほどもある大きなのが、1ヶ198円だった。

初めて食べてみた。マンゴーではないか。あまくてネットリ系だ。
e0001808_16165630.jpge0001808_16173648.jpg










ちょっと調べてみた。黄桃というと缶詰のイメージがあった。従来の黄桃は硬くて甘みも少なく、加糖して缶詰になっていた。中国からの輸入が多かった。

今は農家から色々なブランド名をつけて売り出されている。総称して黄金桃というらしい。

昔は柿・インドリンゴ(^^)以外はなんでも好きだったが、今は間食そのものをしなくなって、果物はあまり食べなくなった。 酸系が好きで甘夏、プラムなど時々。

後はフルーツではないが、トマトを大量に食べる。

こんな大きな、キズつきやすい果実を・・台風が遠慮会釈なくやってきて・・あぁ、たいへんですねえ。 でもそういうことさえなかったら、樹木や農地はたくさんの恵みをくださるのですね。

鶴瓶の家族に乾杯を見ても、果実農家は立派な大きな家に住んで、若い跡継ぎもいますものね。

[PR]

# by oss102 | 2016-09-20 16:41 | 食べ物 | Trackback | Comments(10)
カーテン
e0001808_1441054.jpg  夜中に目が覚める。真っ暗だとまだ2時くらい・・・カーテンが白っぽくなると4時ころかな?
私の部屋のカーテンはレースのカーテンと木綿1枚。陽が上ったのがわかる。

でも居間のカーテンは遮光カーテン。真っ暗で何時ころか壁時計の針さえ読めない。

こんなカーテンにしなければよかった。夜勤するわけでもないのに。

年寄りには、外の気配がわかるほうがいい。4時ころになると下方のバス会社のバスがうごきだすのが分かる。 そんなかすかな音もいい。

今の学校にカーテンってないよね。 施設だと2重窓の内側は見えないガラスが入っている。
プロジェクターなど見せるために、ボタンを押すと、自動的に閉まる重々しいカーテンがある部屋もあるが。小学校もそうかな?

昔の学校は、白い木綿のカーテンだった。日に焼けてベージュや薄茶になっているところもあったな。

中秋の名月の翌朝の白い月。5時半ごろでした。

e0001808_14535391.jpg

[PR]

# by oss102 | 2016-09-19 14:54 | 思い出 | Trackback | Comments(10)
遅刻した敬老祭
 徒歩5分、信号に引っかかれば7分ほどのところに、朗読ボラをしている施設がある。
毎年敬老祭に招待されて、一年おきに参加している。

今年はボランテアのメンバーを、院長が入居者やその家族に紹介したいから30分前に来てください。と言われていた。

10時半だからとのんびりしていたが、鶴子さんの電話で、9時半と分かった。あぁ、またドジ!!
勘違いの大慌ての朝となった。

駆けつけると、102才と99才の女性への祝辞が始まっていた。お二人とも、車椅子ながらしっかりした応答をしていた。

それから前庭の駐車場になっているところで、北海道警察音楽隊の吹奏楽の数曲を聴かせてくれた。
素晴らしい!! 若いころ札幌大通り公園で聞いて以来だ。
e0001808_18135217.jpg

チアリーダーの若いお嬢さんたちの、キラキラポールや鮮やかな旗さばき・・オレオレ詐欺のパントマイム。 さいごに、「だまされないように・・」の横断幕をみせて爆笑をさそってくれた。

遅刻して大慌てしたので、カメラ忘れて、鶴子さんに写真を送ってもらう。( ノД`)シクシク…

夏が終わって、くもり日、最高で20度を切った前庭はウソ寒かった。

明日はここで朗読ボラのある日です。


出店と野菜
[PR]

# by oss102 | 2016-09-18 19:35 | 朗読 | Trackback | Comments(8)
誕生日だったのに・・
 82才になりました。(^^♪ 
麻雀に行って、今日は私の誕生日だから、勝たせてね・・と念を押したのに、チョンボはするわ、ついてないわで負けこんできました。

先日ウオークの始まる前のおしゃべりに、「わたし、1月1日の誕生日なの・・」という人がいて、誕生日の話が盛り上がりました。

その人は大晦日の誕生だったのですが、どうせならメデタイ日にと、親が一日ずらしていたのです。
OSSのスキー仲間の奥さんは、「夫は本当は9月17日だったのに、農家で忙しい時期なので10月まで待って役場に届けたの・・・それで実りの秋だから稔って名前・・」

「あら~私と同じじゃないの、2年若いけど・・」なんて。

昔は役場が遠いと適当に届けたようですね。

父親に、「Y子はやすやすと生まれたからY子にした・・・」なんて、言われたことがあります。
5番目だからって、テキトー・・もっと素敵な名前をつけてほしかった、と思いましたよ。

たとえば、晶子とか・・なんとなく高貴な水晶のような名の気がしてあこがれてたようです。
高校の文芸部にいた時のペンネームは、北条あき子でした。^^

そんなこんなで、まだしばらくは生きていられるようです。


e0001808_17105172.png


トイレの草花
[PR]

# by oss102 | 2016-09-17 17:12 | 日々のこと | Trackback | Comments(18)