仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ペットの車椅子
e0001808_1114755.jpg TVにも出たワンコのようですが、車椅子びすこの本を読みました。

11才の春、後ろ足のなえてきたコーギーに車椅子を作ろうと決心する。
ネット検索して、飼い主の注文に応じて車椅子を製作してくれるところがいくつか見つかる。

それぞれ機能も形も違い、迷う。
いずれもサイズに合わせてのオーダーメードになるので高価だ。製作期間が半年もかかるところもある。それは待てない。

その中でアメリカが本社のところに決める。HPに車椅子をつけたダックスが山道を自由自在に走り回る動画があって、とてもシンプルに出来ていた。
送られてきたアルミフレームの車椅子、軽い!1300グラムだ。

期待にはずんで装着するがびすこはビクとも動かない。折角作っても1歩もあるかない犬もいると聞いていた。それでびすこが家来と決めている、一緒に飼っているあいこと一緒に歩かせてみる。
自分より前に出るあいこを許せない。びすこは歩き出す。
どんどん前足に力がついていく。

散歩の途中、キャデラックが急停止。下りてきた男性が「その車椅子はどこで売っているのか・・自分のラブラドールも歩けなくなっている。ぜひ作ってやりたい!」
車椅子のびすこを連れていると色々な人から声がかかった。励ます人、励まされるという老人。
そして歩道の路上駐車・自転車・公園への乗り入れなど沢山の不都合が身にしみると。

びすこの車椅子は10万円。2年使ってタイヤがすり減って2台目を買う。もっと軽くなって使い易いように改良されていた。
びすこは晩年にてんかん発作を多発するようになり14才で死ぬ。

こういう車椅子を製作する会社があることを覚えておいても悪くない話と思いました。

[PR]

by oss102 | 2009-11-08 11:20 | | Comments(6)
Commented by あきの at 2009-11-08 17:25 x
わたしもこの話を見たことがあります。医学が進むと良いこともたくさんありますね。
Commented by kiyoko at 2009-11-09 09:51 x
10万円でもこの家族にはいろいろな幸せをもたらしんでしょうね。
改良されて多くの動物に役立つとうれしいです。
Commented by sidediscussion at 2009-11-09 11:25
最近、ご近所を散歩している小型犬で、立派な軽そうな車イスを使っている犬を見かけました。 嬉しそうに自由に動き回っているように見受けました。 幸せな犬たち。 インドに住んでいたときは、道をいざり歩いている人たちを沢山見ました。 今でも同じ状況がみられるそうです。 
Commented by oss102 at 2009-11-10 15:27
あきのさん
ご存知でしたか・・・こういう会社が日本でも数社もあるということは知りませんでした。個人の工夫でつくっているのだと思っていました。コメ遅くなりました。失念です。(汗;
Commented by oss102 at 2009-11-10 15:31
kiyokoさん
もう長くない命なら10万円は考えてしまいますが、まだ先があるのになにかで足が立たなくなったら、やはり欲しいと思います。
それまではタオルを腰のところで引っぱってトイレのために家の周辺しか歩けなかったのです。
コメうっかり忘れてしまいました。ごめ~~ん
Commented by oss102 at 2009-11-10 15:34
side discussionさん
ペットの待遇も最近では随分変わってきましたね。喜ばしい事ですが、地雷が沢山埋められている国などでも人々は悲惨な暮らしです。どこで生まれるか・どこで飼われるか、運命ですね。コメ遅くなりました。謝謝
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 緑の食材 北大いちょう並木 >>