仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
簡単に引き受けて長続きし..
by orientexp at 01:00
当方でも自治会員のボラン..
by 松風Ⅱ at 21:59
少し衰えましたね。お近く..
by tmshanagn304 at 21:39
期待していたわたしはちょ..
by あきの at 20:58
sakuraさん さく..
by oss102 at 17:14
kiyokoさん 行っ..
by oss102 at 17:12
hanairomimiさ..
by oss102 at 17:08
あきのさん いえいえ、..
by oss102 at 17:06
待ってました!チョッチョ..
by orientexp at 00:42
わあー偶然、私も苔玉もど..
by kiyoko at 20:10
コケダマもどき・百均で売..
by hanairomimi201 at 19:16
人間の子を里子にした人た..
by あきの at 16:17
いよいよ始まりました。O..
by あきの at 16:12
さなえさん もう中学生..
by oss102 at 14:36
304さん 穴からお札..
by oss102 at 14:31
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
甘酒
 雪明かりの修復に2回行って、2回とも甘酒をご馳走になった。
毎回熱いい甘酒をポットに入れてきてくださるFさんには頭が下がる。

北海道の甘酒はおおむね板粕と砂糖を入れる。それだけが多い。その板粕も上等のと絞りきったカスカスのものとがあり、Fさんのは上等の板粕だ。まったりと甘い。

終戦後引き上げてきた道南の田舎家には離れがあった。その離れには上品な老婦人が一人で暮していた。
室蘭の造り酒屋のお母さんが戦時中から疎開して、終戦後もそのままいたのだ。
息子家族がそのオバアサンのところへ来ると、沢山の板粕のお土産をいただいた。

栄養失調でいつもお腹を空かせていた私たち家族には大ご馳走だった。砂糖は手に入らなかったので甘酒は滅多に造らなかったが、薪ストーブの上でちょっと焼いたり、タラ汁などに入れた。
焼いた板粕はポッタリとして甘かった。 懐かしくて粕汁を作りたいのだが、娘があまり好まないので回数は少ない。

昨日の作業は先日の暖気でザラメ状になった雪が一気に冷えて、水を入れて固めても中々固まらない。
折角バケツに固めても床に下ろすとみじめに崩れる。 いくつも造って使用できたのは2つぐらいだった。
1時間の作業で役立たずの上に甘酒だけはご馳走になって、あぁ、今日もカロリーオーバーの日になった・・・と夕食控え目の昨日でした。

本州から転勤してきた方に本当の甘酒はこうして造るの・・と甘いおかゆのようなものを出されて、やっぱり板粕の甘酒の方が好き・・と心ひそかに思ったりしたのも思い出です。
e0001808_11542121.jpg

ネットの会の話題の広場に載った写真を無断掲載しています。最高気温が-4・4度と新聞にはありますが、午後3時ころの写真ですので-5度にはなっていたでしょう。
灯がともるとアラは見えなくなりきれいに見えるはずです。

[PR]

by oss102 | 2010-02-13 11:48 | 食べ物 | Comments(14)
Commented by あきの at 2010-02-13 20:06 x
写真で様子がよく分かりました。
粕汁はおいしいです。こんなの好きでない人がいるなんて気の毒に思うくらい好きです。もっともわたしのとこなど「チョコレート」アレルギーというほどあんなおいしいものを嫌いな嫁さんがいます。まったく人それぞれです。
Commented by momoママ at 2010-02-13 20:14 x
なははぁ~↓もう、今日「ロザリアンの願い」発送しちゃいましたよ*(^0^)*
私の石けんは一般の石けんとは全然違うし、他の手作り石けんとも違いがあるのです。その為使い方にもコツがあって、雑に洗ったのではせっかくの美容オイルが浸透しないので良さが判りません。
使い方のコツも同封したので今度は気を入れて洗ってみて下さい(笑)
ラベンダーバレーの大お得意様に71才の方がいらして、ガサガサだったお肌がつるつるになったと喜んで下さっているのですが、もう少し年上の方でも有効なのか私にとっても興味深々なのでYおばちゃん是非モニターになって下さいね!
sakuraさんにも是非使ってみて頂きたいです ヾ(*^▽^*)〃
私のブログにメッセージ入れてアドレス教えて下さったらこちらからご連絡いたします♪
お送りいたしますともぉ~!…ってドコでしたっけ???アメリカでしたか?
  
本題の甘酒のお話ですが、ご近所の方から「甘酒にどうぞ」と酒粕を頂きました。私は甘酒は苦手なので全部粕汁に使ったのですがこっくりした鍋になってとっても美味しかったデス♪
Commented by kiyoko at 2010-02-14 08:15 x
粕汁と粕漬けは好きではありませんが甘酒は大好きです。子供の頃猫こたつにお米と麹で母が作ってくれましたが板粕のほうが手軽でおいしいですね。
Commented by hanairomimi201 at 2010-02-14 09:50
雪明りのお祭り、今年も賑やかに始まりましたね。一年はあっという間です。
粕汁は大好きですが甘酒はチョッと苦手です・板粕をあぶってお砂糖を乗せて食べるのが好きな人もいます・。
↓・・フウロちゃんを見たかった・・。
目も唇も乾いても、母の場合鼻水は反対に止まらないようでした・よ^^・
Commented by こじま at 2010-02-14 13:58 x
わたくしは甘酒ダメでした。こちらの甘酒は麹でつくっていました。
見た目でどうしても呑めませんでした。
Commented by fuchan_k at 2010-02-14 15:59
甘酒にも土地柄があるようですね。
子供の頃、親が作ってくれていたのが、どろどろの粥状でした。
なので、たま〜に市販品を買って飲みます。
板粕で作れば、すっきりとしたものが出来そうですね。
Commented by fu- and-boro at 2010-02-14 18:16 x
子供のころ、母がお米からよく作ってくれました、
今は母ももっぱら板粕で作っています、
体に良いそうでスーパーに行くとお年寄りの方が
缶の甘酒をたくさん買い求めています、1日1本飲むそうです。
板粕甘酒大好き、 義姉は甘酒の中に日本酒をドボドボと・・・。
真似して作って二日酔いになりました(笑)
↓・・・・
私は鼻が乾いてしょうがない・・・、これも老化現象?
いつもではないのだけど空気が乾いてきたなと思うと鼻も乾く・・・。
冬は乾燥しますからね・・・。
目と苦とは今のところ無事です。
Commented by oss102 at 2010-02-15 13:19
あきのさん
オリンピックに夢中でコメ忘れちゃった。毎度のミスで落ち込みます。本当に好き嫌いってどうして出来るのかな。今日も隣に生チョコと折々に集まる飴を食べてくださいとお願いして置いてきました。
甘党ではないのに甘酒は好きです。好きと言っても作って飲むほどではなくなりました。
Commented by oss102 at 2010-02-15 13:28
momoママさん
色々とご心配いただきましてありがとう!感謝です。唇なんて意識して洗ったことなかったよ。もともと雑な性格でして、トホホです。
鍋や汁物に酒粕を入れると濃厚な味になって美味しいですよね。
ネネに遠慮して中々入れられません。
Commented by oss102 at 2010-02-15 13:31
kiyokoさん
粕漬け嫌いなんですか。私はタラとかイカとか好きでよく昔は漬けていました。今は食材が豊富で昔のように大きな甘酒の鍋に寄り集まるなんてこともありませんね。
Commented by oss102 at 2010-02-15 13:33
hanairomimiさん
ホント、まじまじと見つめていたフウロの顔を撮りたかったです。
雪明かりは結構人出があったと聞きました。いつのまにか夜に弱い女になってしまい見に出かけません。
今ごろは韓国かしら。
Commented by oss102 at 2010-02-15 13:35
こじまさん
アラ、どろっとしたものは弱いですか。美味しいのにね。寒いところで皆で飲めばおいしいですよ。
Commented by oss102 at 2010-02-15 13:37
fuchanさん
既製品の缶の甘酒を1度だけ飲んだことがあります。ものすごく甘くて・・・あれは甘すぎと思いませんか。甘酒はやっぱり寒い外でふ~ふ~云いながらが一番ですね。
Commented by oss102 at 2010-02-15 13:42
fu-and-boroさん
鼻が乾く?冬は色々なものを乾燥させるのですね。やかんに蒸気は立てているのですが、加湿器は戸棚の陰がしけってかびが映えるので嫌なんですよ。
缶の甘酒、幾ら体によいってあれは物凄く甘いですよ。1度で懲りました。昔物がなかったから特に美味しく感じたのですね。
お酒をドボドボ・・・それは酔っ払いますね。^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 若い花々 ドライ・リップ >>