仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カラス対策
 去年こんなことがありましたので、今年はこんな姿になりました。
e0001808_14253920.jpg

去年のブログにはヤシガラと書いたが、狙われたのはシュロの素材の方だった。
100均で売っているヤシガラは固くてカラスの素材には向かないようだ。

ビニールごと越冬させていたのを、古い根を取り土を新しくして植え込んだ。
大きなビニールでスッポリ包む。 通行人はなんと思うかしら。
カラスの巣作りが終わったらビニールは外す。 どのくらいかかるかしら。カラスによって
巣作りの時期もすこしずれがあるでしょうね。

土中に埋め込んで越冬したオレガノ3種も、無事芽を出している。厳しい冬を乗り越えた
植物たちの芽はいとしいが・・・私は悩む。 花期の短い北海道で気長に待つのもどうだろう。新しい苗を買って少しでも長く楽しんだほうがいいのかな・・・


e0001808_14391128.jpg

這いつくばってみなければ見えないクリスマスローズ。いつもさっさと切り取って窓辺で2・3日楽しみ、あとはドライにしてしまいます。



みなさんも読まれたかもしれませんが、こんな悲しい日記を読みました。

<東日本大震災>「顔が水より冷たく…」 被災児童が日記
2011年4月25日 10時43分 (2011年4月25日 14時41分 更新)


 「お父さんが軽トラでもどっていった姿を見ました。津波にのみ込まれませんように。そう祈っていました」。巨大地震と大津波が東日本を襲ったあの日、子供たちは何を見、その後をどう生きたのか。岩手県山田町の町立大沢小学校を3月に卒業した箱石佑太君(12)が毎日小学生新聞に寄せた体験日記には震災と向き合う姿が率直につづられていた。

 ◇3月11日

 卒業式の歌の練習をしていました。とてもゆれの大きい地震が来ました。最初は単なる地震だと思っていました。大津波警報が出ても、どうせこないと思っていました。来たとしても10センチメートル程度の津波だと思っていました。全然違いました。ぼくが見たのは、国道45号線を水とがれきが流れているところです。お母さんとお父さんが津波が来る前に大沢小に来ているところは見ました。だけどその後、お父さんが軽トラでもどっていった姿を見ました。お父さんのことが不安でした。車を運転しながら津波にのみ込まれませんように。そう祈っていました。

 ◇3月18日

 津波から1週間。お母さんは、もうこんなに日がたっているのに、まだお父さんが見えないとあきらめていました。じいやんは泣いて「家も頑張って建てるし、おまえたちだってしっかり学校にいかせられるように頑張るから、お父さんがもしだめだとしても頑張るからな」と言っていました。

 ◇3月23日

 卒業式でした。「ありがとう」の歌を歌っている時、お父さんに「お父さん、お父さんのおかげで卒業できたよ。ありがとう」と頭の中で言いました。そしたらなぜか、声がふるえて涙が少し出てきました。その夜、こんな夢を見ました。お母さんとお父さんが宮古のスーパーマーケットから帰ってきた夢でした。

 ◇3月25日

 親せきの人の携帯に電話がかかってきました。内容は、お父さんらしき人が消防署の方で見つかったということでした。急いで行ってみると、口を開けて横たわっていたお父さんの姿でした。ねえちゃんは泣き叫び、お母さんは声も出ず、弟は親せきの人にくっついていました。顔をさわってみると、水より冷たくなっていました。

 ぼくは「何でもどったんだよ」と何度も何度も頭の中で言いました。「おれがくよくよしてどうすんだ」と自分に言いました。でも、言えば言うほど目がうるんでくるばかりです。お父さんの身に付けていたチタン、東京で買った足のお守りや結婚指輪、携帯。そして驚いたのが時計が動いていたことです。…

[PR]

by oss102 | 2011-04-28 14:49 | いとしの花たち | Comments(8)
Commented by あきの at 2011-04-28 18:26 x
カラスは針金のハンガーも持って行って巣作りします。棕櫚だったら願ったりかなったりだったでしょう。災難でしたね。
Commented by kiyoko at 2011-04-29 08:57 x
こちらは一時期よりカラスが騒がなくなりました。あまり静かでも何か起こるのかなと心配になったりしますが、カップルが決まって落ち着いたのでしょうね。
Commented by こじま at 2011-04-29 09:28 x
ことしもカラスと知恵比べですね。ウチの前の公園にも巣作りが始まりました(2週間前のこと)見ていると2匹の番は協力して木の枝を組み合わせています。5~60cmの枝を銜えて来ましたが木の枝が邪魔をして目的の巣まで運ぶことができません。諦めたカラスは鞍替えをしました。苦労して作った巣を壊さなく済んでヤレヤレです。
Commented by hanairomimi201 at 2011-04-29 09:39
カラスは頭の良い生き物と聞きますね・
あっちがそうなら、こっちも負けないぞ・・です^^
巣立ちの季節が終わるまで・ビニール保護もいたしかないです。
Commented by oss102 at 2011-04-29 16:10
あきのさん
カラスやねずみのいたずらは困るけど、人間の悪さの方が腹が立ちます。彼らは生きるために必死ですからね。
Commented by oss102 at 2011-04-29 16:11
kiyokoさん
騒がしいのはカップルが決まるまでと子育て中に神経質になるときですね。それでも縄張りを守るために彼らも必死です。生きるための営みも厳しいです。
Commented by oss102 at 2011-04-29 16:13
こじまさん
5・60センチとはまた大きな枝ですね。せっかく苦労して作った巣をこわずのも心がいたみますね。引越ししてってくれてよかったです。
今はゴミの処理もよくなって彼らも苦労してるでしょう。
Commented by oss102 at 2011-04-29 16:15
hanairomomoさん
今はまだ寒いのでちょうど保温にいいのですが、暖かくなるとムレそうです。はやく巣作り終わって~~です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 23年度oss総会と交流会 反応のある人 >>