仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
遅ればせながら、ブログ1..
by mikihana922 at 23:33
砂漠を一人のランナーと走..
by kiyoko at 20:57
飼い主に命を預けて懸命に..
by hanairomimi201 at 15:11
松風さん よそのブログ..
by oss102 at 13:34
hanairomimiさ..
by oss102 at 13:31
あきのさん 確かに健康..
by oss102 at 13:25
介護保険料は各自治体によ..
by 松風Ⅱ at 12:50
独りの暮らしですからいろ..
by hanairomimi201 at 08:44
なるほど。上がっているの..
by あきの at 17:21
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:51
304さん まぁ、光栄..
by oss102 at 14:48
sakuraさん 貴女..
by oss102 at 14:45
あきのさん 私は自分に..
by oss102 at 14:44
継続することは力を得られ..
by hanairomimi201 at 09:32
私もブログを始めてoss..
by tmshanagn304 at 21:19
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
丹波栗で
e0001808_1612162.jpg 30センチの家横にちまちまと花を植えている我が家だが、庭に大木の丹波栗のなる友人宅もある。
そのほか天狗山からの湧水が流れる川の脇に大きなフキ・ウドなども。食べきれないほどの農園もある。

世の中不公平とも思えるが雪かきには悩まされているらしい。良いことばかりはないものだ。

今日はその丹波栗をいただいた。胃の中からっぽのクマさんごめんなさいの気分である。
この写真を撮る前にすでに4ヶの栗が胃袋に消えている。

生の方は明日栗ご飯にする予定。茹でた方は約8分。ちょっと硬めだったかなという茹で加減だったが、とっても皮が剥きやすかった。渋皮もつるり。新鮮だからなのか硬めに茹でたせいか。こんなに剥きやすい栗は初めてだ。

夫は栗の皮むきのような面倒なものは、先に全部むいてから食べるタイプ。小包みの包装なども昔は紐がかかってたからハサミを使わずに一々ていねいにほどき、紐はきれいに巻いて、包装紙はきちんと畳んでいた。

細かい仕事に熱中する夫は唇をとがらしていた。栗をむきながら夫を偲ぶ晩秋である。

[PR]

by oss102 | 2011-11-04 16:36 | 食べ物 | Comments(16)
Commented by あきの at 2011-11-04 17:14 x
いかにも大きな栗ですね。丹波と名がつくと、犬友からおすそ分けされた枝豆もおいしかったです。
Commented by fu-and-boro at 2011-11-04 18:03
おいしそうな栗ですね、
庭に川が流れていて青いフキがいつでも取れるお宅ですね。
こんな大きな栗も・・・・、  自然に囲まれているのでしょうね。
私は剥くのが面倒なので買いません、(いただけるところもないし・・・・)
そんなに簡単に剥けるのなら考えてもいいですね。
↓・・・、 学校へ行って校長先生のお話を聞いた記憶がありますが
それはいつだったのか・・・・? 1月1日に学校へ言ったような気も・・・。
Commented by こじま at 2011-11-04 21:56 x
どなたかのブログのコメントに栗の渋皮のとり方の書き込みがありました。栗を45分煮てそのお湯にそのまま45分入れて置くとありました。その直後、義姉さんから栗が送られてきました。早速このやり方でやってみました。渋皮がよくとれました。8分の硬茹ででも渋皮はよくとれるんですね。“ワタシの栗ご飯簡単作り方”
炊き立てのご飯に塩、醤油、少々ふりかけその中によく茹でた栗を半分に切って混ぜるだけ・・美味しい栗ご飯の出来上がりです。^^
Commented by fuchan_k at 2011-11-05 09:34
大粒で甘そうな栗ですね〜。
きれいに剥いてから。ossさん、気が練れていらっしゃるのですね。
気短な私は、鬼皮のまま包丁でパキッと切って、スプーンで。
熊にも笑われそうな食べ方です。

↓チンオモウニ・・・教育勅語なるもの、母から聞いていましたが
ossさんは今でもスラスラ。優等生だったのでしょうね〜。
Commented by kiyoko at 2011-11-05 10:10 x
栗といえばいつも剥き役でした。今は自分の分だけになりましたが、どなたかが綺麗に剥いてくれた栗を食べてみたいです。
Commented by hanairomimi201 at 2011-11-05 10:13
大きな栗ですねぇ・・四個食べて気が付いてよかったですね(笑)
先日丹波に行った時、黒豆の枝豆を買いました・・枝付きだったのにむしって茹でてから写真撮るのに気が付きました

ご主人はキチンとした方だったのですね・・ちょっとしたことで在りし日がしのばれますね。
「おとんはむく人・私食べる人・・」私がめんどくさがりですので果物など向いてくれたら食べる・・そんな関係でした・今は仕方なく柿もリンゴも自分で剥いて食べています^^
Commented by oss102 at 2011-11-05 17:32
あきのさん
栗など保存が利くから同じ味かと思いますが、やはり新鮮なものはおいしいです。でももっと小さい山栗をたくさん取って食べる人がいますね。私にはそんな根性はありません。飢えてるときは別ですが。
Commented by oss102 at 2011-11-05 17:36
fu-and-boroさん
あなたも私と同じですね。剥くのが面倒で買う気になりません。いただいたものは剥きます。(笑)
生の方をむこうとしたら大変でした。
元日に登校??行ったような行かなかったような・・もう忘れました。
Commented by oss102 at 2011-11-05 17:37
こじまさん
簡単栗ご飯ありがとう!でも皮むきの方は簡単じゃありませんね。45分なんて気が遠くなるような長さです。おおざる1っぱいにもらったら考えますが。(*´∀`*)
Commented by oss102 at 2011-11-05 17:41
fuchanさん
このくらいの数ですから剥く気になります。たくさんだったらやっぱりスプーンでゴリゴリですね。
教育勅語は所々覚えていました。ネット検索して全文を読みました。あ、そうだそうだとスラスラ読めましたよ。
なんで昨日しまった物のことは忘れてこんな大昔のどうでもよいことを覚えているのでしょう。頭脳の無駄遣いです。
Commented by oss102 at 2011-11-05 17:44
kiyokoさん
剥き役でしたか。私は夫の剥いたものをちょいちょい食べていました。(^^) 山栗をたくさん集める仲間の気が知れません。そんな根気は持ち合わせていないのです。暇はたくさんあるのにね。
Commented by oss102 at 2011-11-05 17:47
hanairomimiさん
おとん剥く人私食べる人ですか。我が家と似ていました。
写真は食べてから撮り損なったことに気がつきます。
夫は几帳面な人で「うるさいな~・・」と思っていました。(*´∀`*)
Commented by maminekonemumie at 2011-11-06 01:52 x
この栗は「ぽろたん」ではないでしょうか?
つくばの食総研で聞いて以来、ずっと食べたいと思っていましたが、
今年大阪のデパートでやっとめぐり逢いました。
渋皮がぽろっととれやすいだけでなく、甘くておいしい栗でした。
利休
より甘いくらい。
Commented by oss102 at 2011-11-06 13:41
maminekoさん
ぼろたんって新種の栗ですか?ここの木は大きくてもう何十年も経っています。毎年いただくのですがこの場合はやっぱり硬めの茹で下限とまだ熱いうちに剥いたせいと思います。
ぼろたん・・ちょっと食べてみたいです。
Commented by maminekonemumie at 2011-11-11 01:21 x
新種です。詳しくはこちらへ
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/season/015876.html
小田喜商店というところで通販してるみたいですが、高いですね。
大阪のデパートではそうでもありませんでした。
利休は利平の間違いでした。すみません。
Commented by oss102 at 2011-11-11 16:42
maminekoさん
ありがとうございます。行ってみました。渋皮があんなにきれいにむけるとは画期的ですね。もっとず~~っとお安くなったら食べてみたいです。(#^.^#)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 兄嫁と・・ 明治節 >>