仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
雪国の暮らしを垣間見る事..
by kiyoko at 19:34
犬との戯れ、昨日のことの..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:32
松風さん 10年目にな..
by oss102 at 09:29
kiyokoさん 漱石..
by oss102 at 09:25
souuさん ありがと..
by oss102 at 09:22
あきのさん 新聞で出会..
by oss102 at 09:18
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:15
おめでとうございます。 ..
by fu-and-boro at 08:51
学年は一緒でも ブログ..
by 松風Ⅱ at 23:26
おめでとうございます。1..
by kiyoko at 19:49
おめでとうございます。 ..
by souu-4 at 17:49
もうそんなになるのですか..
by あきの at 17:32
おめでとうございます ..
by hanairomimi201 at 16:37
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:19
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
09年5月16日 カタクリの花 アーカイブ編
 今日も新聞ネタで、林心平の「自然バンザイ」のコラムから。
e0001808_11422156.jpgカタクリは花をつけた個体は8年生以上なんだそうだ。
ツンと1本の針のよな葉が地面から飛び出るのが発芽したばかりの1年生。
1枚の丸っこい葉を広げているのが2年生以上。エネルギーも貯めているところ。

葉が2枚になって花を咲かせると、栄養を注ぎ込んだ種をつくる。20~30年は生き続けるそうだ。
咲き誇る花の群落は8年以上生きてきた証しなのだと・・・

そうだったの。このはかなげな花はそんなにかかって咲いたものだったの。
7年ゼミだって13年ゼミだって地中に長くいて、生殖のための地上はわずか1週間ほど。

神様って面白いことをしてくれる。

地上に子孫を残すための、動物や植物のありとあらゆる仕組みが面白い。

これはこのコラムに書いてあったものじゃなくて、検索して読んだのですが面白いので書いてみます。
カタクリは約1週間、開いて閉じるの繰り返しで、その間に蜂が蜜を吸いにきて受粉すると葉が枯れてなくなります。残るのはカタクリの種の穂だけ。
2週間ほどして完熟すると穂が弾け落下。
アリが好む芳香性の脂肪酸に包まれているので、アリが地中30c位の巣の中に運び込む。
この中の数個が発芽。

昨日はクローンネコに続いてソウルでクローン犬が生まれたとニュースになっていましたね。
蛍光形質転換クローンの仔犬は鼻が暗闇で赤くなっていましたよ。それが特徴なんだそうです。

神様がつくった自然の仕組みにこんなに手を加えていっていいのかなぁ。

[PR]

by oss102 | 2012-05-17 16:00 | いとしの花たち
<< 函館2泊3日パーク旅行は花盛り 09年5月14日 花のすみどこ... >>