仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
またまたカラスに
 庭がないので壁に3枚ラテイスを立てて壁掛け鉢を飾る。満艦飾である。
e0001808_17191715.jpg
その中央にはどれにも大ぶりの鉢に入れられて、野の花があふれんばかり盛り上がっている。

園芸花ばかりだとうるさい感じで、中央の野の花たちがそれをしずめてくれる。大好きな鉢だ。

それが毎年カラスにやられる。巣作りに使われて大穴を開けられる。棕櫚がやられる。補修してもまたやられる。

「またカラスがやっていたよ~」と、犬の散歩の奥さんが教えてくれる。

ホームセンターのカラスよけのコーナーに行くとCDをぶら下げたり、カラスの屍骸をかたどったグロテスクなものと使いものにならない。

困った末にこんな感じにした。

100均の猫よけのトゲトゲをカットして、園芸用のワイヤーで棕櫚鉢に取り付ける。手前には短いワイヤーをツンツンと上を向けて結ぶ。
e0001808_17305017.jpg

これで今のところは無事である。だがこれが功を奏したのか、たんに巣作りの時期が終わっただけなのかは定かではない。

[PR]

by oss102 | 2012-06-25 17:37 | いとしの花たち | Comments(4)
Commented by あきの at 2012-06-25 19:25 x
やっぱり今年も素敵です。よくこうした小さな花が集められましたね。
Commented by kiyoko at 2012-06-26 08:42 x
こんなステキな鉢をカラスにつつかれたくないですね。カラスも必死だと分かってもコラーですよね。
Commented by oss102 at 2012-06-26 15:00
あきのさん
お陰様で花を初めてから8年、路地横にたくましい植物たちが繁茂します。それを鉢に押し込めてるのです。強い植物ばかりで押し合いへしあい頑張ってくれます。
Commented by oss102 at 2012-06-26 15:02
kiyokoさん
ゴミ袋をかぶせたりして苦労してましたが、ずり下がったりして効果なしでした。でも今度こそと思ってます。カラスは蜂鳥みたいにホーバリングはしないでしょうから。甘いかなぁ・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< さわやか6月の花 サヴァン症候群 >>