仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
雪が降っても寒くても出か..
by kiyoko at 17:25
毎日充実していますね。こ..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 15:41
304さん 男同士でも..
by oss102 at 15:38
fuchanさん 聞こ..
by oss102 at 15:35
あきのさん まだ、この..
by oss102 at 15:33
母もポツリと言ったことが..
by fu-and-boro at 10:15
一卵性親子ですね。 男..
by tmshanagn304 at 22:18
娘は何かと頼りになります..
by fuchan_k at 19:59
そう、娘と一緒はいいです..
by あきの at 17:17
さすが北海道。 あっと..
by fuchan_k at 15:30
さなえさん ソリを引っ..
by oss102 at 14:30
sakuraさん 雪は..
by oss102 at 14:26
あきのさん そちらはま..
by oss102 at 14:23
松風さん リーダーが体..
by oss102 at 14:21
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
苔玉の作り方を書きます。
1・ケト土 と水苔  7:3位

  ケト土は、睡蓮の池の泥土のことですが、ビニール袋に入って市販されています。
  200円~400円
  水苔は水にぬらして、硬くしぼり、細かく鋏で切ります。

  二つを混ぜて、よく練ります。(このとき水分が多いと根が腐ってしまいます。)
  小さくダンゴにしておきます。

2・あらかじめ植物を挿して、発根させておきます。

3・小さいダンゴ二つ合わせて、その中に植物を包みいれます。

4・ハイ苔で押しつつみます。 黒糸など目立たない糸で、ぐるぐる巻き止め、最後は串で穴を   開けて、糸を押し込みます。
  (苔は、土に出来たものは、ボロボロして、不向きです。 コンクリートに出来たものや、木
  の根元に巻きついているのが、板状になっていて、扱いやすいです。)

  管理  明るい日陰  持ってみて、軽くなったらタップリ水をスプレーか、お皿に水を少量
       入れるだけ。

  植物の発根がさかんな夏に、準備して、雨の多いときに苔を採取しますから、作るのは夏
  になります。
  今は100円ショップでもミニの植物が売られていますから、それも利用できます。
[PR]

by oss102 | 2005-11-14 16:40 | いとしの花たち | Comments(1)
Commented by 寺山あきの at 2005-11-14 19:18 x
苔玉に感心がありましたから、この記事を保存させてもらいます。ありがとうございました。この前の猫殿たちはぬくぬくしていますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 苔玉展示作品 今日は初雪が降りました。 猫た... >>