仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
あきのさん 時代が変わ..
by oss102 at 10:50
sakuraさん 長生..
by oss102 at 10:47
304さん 304さん..
by oss102 at 10:44
kiyokoさん 貴女..
by oss102 at 10:41
まあ、なんと本格的な。す..
by あきの at 08:12
お寿司のご飯を抜きにした..
by orientexp at 03:17
会員さんの半数以上が出席..
by tmshanagn304 at 22:20
この会は毎年盛況ですね。..
by kiyoko at 18:43
sakuraさん 結局..
by oss102 at 09:32
304さん それが30..
by oss102 at 09:30
さなえさん 娘さんと共..
by oss102 at 09:28
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:24
kiyokoさん 私も..
by oss102 at 09:22
あきのさん 洋服ダンス..
by oss102 at 09:19
左のコート、素敵ですね。..
by orientexp at 01:13
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いよいよお別れ
 今夜は平地でも雪になる予報です。いままで外の窓辺で健気に咲いていた花たちを室内にいれました。 去年まではどんなにきれいに咲いていても、思い切り良くゴミにしていました。

でも今年は暖かさに負けて残んの花を眺めていたい心境でした。
e0001808_9122062.jpg

晩秋の花は色も澄んでひときわ綺麗です。外気温は3度・ここの卓上温度は10度でした。

激しく降りしきる雨の窓辺。ゼラニュームたちには冬を越してもらいます。
もっと寒くなったら2階へ・・・冬眠させます。
e0001808_9174812.jpg

オリヅルランは春までにはフウロがかじってボロボロになるでしょう。
ショウマはどういうわけかオリヅルランはかじりません。

[PR]

by oss102 | 2012-11-17 16:07 | いとしの花たち | Comments(8)
Commented by fuchan_k at 2012-11-17 16:23
いつも、あ〜勿体ない!と思っていましたが、今年は越冬が
出来そうですね。
オリズルランはフウロ様がかじっても、ショウマ様はしない。
その違いは、何処にあるのでしょう。
Commented by あきの at 2012-11-17 16:33 x
植物のことは、自信ありという感じでうらやましい。おかげで花たちはみんな安心して越冬しそうですね。
Commented by こじま at 2012-11-17 20:16 x
まだまだきれいに咲いていますね。ブルーの花はなんですか?。
ウチの庭は菊ばかりになりました。去年の菊よりさらに悪い出来です。夫はがっかりしています。
Commented by kiyoko at 2012-11-18 08:42 x
綺麗にさいていると処分するのはもったいないですね。家に入れた鉢は虫がついていないでしょうか。私は今年わらじ虫にあわてました。
Commented by oss102 at 2012-11-18 09:39
fuchanさん
2匹の違いは個体差としか言いようがないですね。
私たちにも甘党辛党があるようにね。(^_-)-☆
今年の春先のような超寒波がくるとゼラニュームは死んでしまうのですが・・オリヅルランだけは生き残ります。強いです。
Commented by oss102 at 2012-11-18 09:41
あきのさん
ところが自信あり・・なんて言えないのです。春先の超寒波でゼラニュームは枯れてしまって、この写真のは今年買ったものです。
例年なら店先で生き延びるのに今年はダメでした。
Commented by oss102 at 2012-11-18 09:46
こじまさん
菊はなにが気に入らなかったのでしょうね。やっぱり猛暑でしょうか。
ブルーの小花はロベリア・アズーロです。1度カットしてまたきれいに咲きだしました。写真よりずっと深いブルーでお気に入りです。
同じアズーロでもピンクはカットしてからも復活しませんでした。
花の世界は紫・ブルーが原色に近いのでしょうね。
Commented by oss102 at 2012-11-18 09:48
kiyokoさん
虫も潜っているかもしれませんね。
2階の娘の部屋は夜しか暖房しないので、虫も這い出る気にならないでしょう。(^^)
同じゼラニュームでもアイビーなら店先で生き残るのですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 粕汁 リンゴ農家の物置を >>