仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
簡単に引き受けて長続きし..
by orientexp at 01:00
当方でも自治会員のボラン..
by 松風Ⅱ at 21:59
少し衰えましたね。お近く..
by tmshanagn304 at 21:39
期待していたわたしはちょ..
by あきの at 20:58
sakuraさん さく..
by oss102 at 17:14
kiyokoさん 行っ..
by oss102 at 17:12
hanairomimiさ..
by oss102 at 17:08
あきのさん いえいえ、..
by oss102 at 17:06
待ってました!チョッチョ..
by orientexp at 00:42
わあー偶然、私も苔玉もど..
by kiyoko at 20:10
コケダマもどき・百均で売..
by hanairomimi201 at 19:16
人間の子を里子にした人た..
by あきの at 16:17
いよいよ始まりました。O..
by あきの at 16:12
さなえさん もう中学生..
by oss102 at 14:36
304さん 穴からお札..
by oss102 at 14:31
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
粕汁
 娘が社員旅行のとき、酒造会社から酒粕を買ってきてくれました。
私は甘いものが苦手なのに甘酒は好きなのです。

終戦後の物のない時期に、酒造会社の社長の母親に離れを貸していた関係で、面会に来る度びに家族からよくお土産に酒粕をもらったのです。
薪ストーブの上で板粕を焼いたのも好きでした。

昨夜は粕汁。新南樽市場でタラの頭をカットしたひと山250円と白菜と生姜をたっぷり入れて少量の味噌を入れました。
目の周りの骨や頭に貼り付いたツルツルの皮や身は、コラーゲンたっぷりです。

お土産の酒粕は上等で香りも良いものでした。

小樽育ちの夫はタラ・カジカ・鮭のアラ汁など、なんでも好んで上手に食べました。
子育てに忙しい私はアラをセセルのは面倒で、味の出ない身ばかり選んで食べたものでした。

いまはゆっくり骨をきれいにして味わえます。今度はカジカ汁といきましょう。
若い人は気持ち悪いと思うでしょうね。


e0001808_13145842.jpg

[PR]

by oss102 | 2012-11-18 13:16 | 食べ物 | Comments(8)
Commented by あきの at 2012-11-18 20:05 x
私のところでは年越しに鮭を粕で煮ます。魚の臭みがとれておいしいです。大好きな料理です。
Commented by kiyoko at 2012-11-19 08:23 x
かす汁は味噌としょうががポイントでしょうか。以前酒粕をいれて作った時はあまり美味しくなくてそれ以後作っていません。
Commented by fuchan_k at 2012-11-19 13:16
粕汁は身体が温まるので、これからの季節にぴったりですね。
我が家では、具沢山にして作りますが、ついつい量が多くなって
しまうので困ります。
Commented by oss102 at 2012-11-19 14:57 x
あきのさん
汁でなくて煮るのですか。そういうことはしたことがありませんでした。
でも酒粕って色々なものに合いますね。
Commented by oss102 at 2012-11-19 15:03 x
kiyokoさん
美味しくなかったですか。酒粕がよくなかったのかな?酒造会社から直接の酒粕は大抵美味しいです。スーパーのはやっぱり落ちますね。こちらでは寒くなると酒粕売り切れました・・と酒造店によく書かれています。
Commented by oss102 at 2012-11-19 15:06 x
fuchanさん
本当にこれだけで3回分でもあまります。大根人参ネギなどなんでも合いますけどね。
昔は大きな鍋一杯につくりましたからなお美味しかったですね。
Commented by tmshanagn304 at 2012-11-19 18:32
亡くなった母親が酒粕を焼いて食べるのが好きでした。
Commented by oss102 at 2012-11-19 19:53 x
304さん
酒粕を焼いて・・・お母様もですか。時代が近いのですね。
美味しかったですよ~(*´∀`*)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 初雪と来年のスケジュールノート いよいよお別れ >>