仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
いつも言いますが、ほんと..
by あきの at 17:38
hanairomimiさ..
by oss102 at 15:53
sakuraさん とっ..
by oss102 at 15:51
mikihanaさん ..
by oss102 at 15:49
あきのさん いろいろこ..
by oss102 at 15:47
kiyokoさん とう..
by oss102 at 15:46
母を介護したときのものよ..
by hanairomimi201 at 08:25
本当に何でも便利になりま..
by orientexp at 04:14
今日は実家で母と共にケア..
by mikihana922 at 21:56
こんなにいいのが出てきた..
by あきの at 20:07
我が家は介護用品が現実と..
by kiyoko at 16:39
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:49
304さん 雰囲気だけ..
by oss102 at 14:46
あきのさん 美味しそう..
by oss102 at 14:43
車があったときは感じなか..
by hanairomimi201 at 08:42
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ご馳走
 娘は今年は珍しく4日連続のお休みだという。正月休みはいつも、実家の遠い社員に変わってお正月勤務を引き受けていた。

常にも増して暇な母娘は、さぁ、どうしよう・・・なにか食べたいものある?・・・う~ん、エビと・・カニと・・手打ち蕎麦と・・・そこで笑い出してしまった。

どうもわが母娘は旨いもののレパートリーが少ない。贅沢を出来ない、しない内に月日が経ち、そのうち家で寛いで食べるのが一番になってしまった。

今日もマイナス気温3度の中をストックウォーキングから帰った私は、休日の娘が茹でる生ごまそばのサルソバを、八雲のザルより美味しい、と激賞しながら食べる。

正月2日は札幌へ出かけるのが私たち母娘に課した恒例行事。井戸の中からちょっとだけ首を出しての社会勉強のつもり。

さぁ、そのとき何を食べよう・・どこも混んでるし・・暑いのだ、地下は・・でもザルソバは止めとこうね。

甘いものダメの母娘は生ビールとなにか、普段は食べないものをと思案する日々。
結局はいつも食べてるものが一番てなことになってしまう年末年始。 あぁ・・・


e0001808_13555441.jpg

[PR]

by oss102 | 2012-12-20 13:56 | 食べ物 | Comments(8)
Commented by あきの at 2012-12-20 18:22 x
楽天の広告を見ると、カニが一番の贅沢のように感じる広告が多いです。
実際に高いので、わたしは手が出ませんが…(^◇^)
Commented by mikihana922 at 2012-12-20 19:01
お正月はどこに出かけても混んでいますよね。
暖房の前でTVを見てるのが一番!なんて思ってます。(^^ゞ
今年は母子でゆっくりできそうですね。
ちょっぴり羨ましいです。
Commented by fuchan_k at 2012-12-20 23:07
日頃 食べているものが、いちばん美味しかったりしますよね。
但し、外に出かけての食事は、準備も後片付けもしなくて良いと
いうことです。
我々主婦にとっては、これが何よりの贅沢かも知れません。
Commented by kiyoko at 2012-12-21 08:32 x
ここ何年もお正月は街に出かけていません。混雑するでしょうね。
生ビールはもちろんサッポロでしょう。
Commented by oss102 at 2012-12-21 10:49
あきのさん
ガンガンに凍っている蟹は解かすのに時間がかかります。
そんなに美味とも思えないけど、仕方なくタラバのLサイズの脚4本
買います。
Commented by oss102 at 2012-12-21 10:50
mikihanaさん
客もなし孫もなし、2匹と一緒の日常です。これが一番。
ウォーキングはおやすみなのでスキーでもします。
Commented by oss102 at 2012-12-21 10:52
fuchanさん
そうですね。主婦は作って後片付けがないだけでも外食の価値は充分です。私も主婦の頃は外食に憧れました。
今はお雑炊で満足です。(´▽`*)アハハ
Commented by oss102 at 2012-12-21 10:53
kiyokoさん
お孫さんとのお正月ですね。それもよろし、これもよろしのお正月です。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 野上照代と黒沢明 おかわり >>