仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ノルデイック・ウオーキングの効用
 先日、保健所主催の講演があった。ノルデイックウオーキングが如何に人間にとって素晴らしいものか・・という内容だった。

いつもの火曜ウオ-キングの後、役員たちに誘われて出てみた。
「健康にいいものなら、本が書けるだけ知識はあるのよ・・ただ、やらないだけ。」と憎まれ口をききながら、役員たちは動員数も気になるのだろうと思った。

講師はスライドを使って飽きのこない語り口で進行した。
冒頭のスライドには中国の110才の老婆が学校で小学生と並んで学習している場面。ここまで生きてきたけど、学校というものに入ったことがないので学びたい・・と入学したそうだ。

人間は普通に90才まで生きねばならない時代となった。
人類のDNAは一つ。その人類は歩いて世界中に移動した。なのに、「楽をして生きたい・という矛盾を抱える存在になった。 メタボを防せごう!

踏み込み意識を強めて歩く。膝の曲げ伸ばしを大きくして歩く。筋肉の強化は脳の活性化にも繋がる。

ポールを持って歩くのは、高齢期の転倒防止・メタボ予防と一石二鳥。
さぁ、もっと腿を高く上げて歩こう!と前列の人たちを立たせて実演。
その気にさせる講演であった。

知っていてもやらない私には、ときどきこうした刺激もいいかな。


e0001808_1629513.jpg




 英語ではデイメンシアウオーキングが正称。 デイメンシアとは痴呆の意味です。
フインランドのクロスカントリースキー大会で、選手がスキー板を忘れて会場に来たが参加できないので、ストックを使って周りを歩いたことに発祥しています。とのこと。

なんとなんと物忘れ・痴呆・・なんてあんまりピッタリじゃないですか。゚(゚´Д`゚)゚

[PR]

by oss102 | 2013-03-17 16:39 | 運動 | Comments(6)
Commented by hatake at 2013-03-17 20:03 x
今朝のテレビの健康番組、交感神経副交感神経でもウオーキングが均衡を保つのに良いと言っていた。。歩きはどんな健康法にもつながるのですね。102さんの若さのヒケツの一つはこれだったのだ!
Commented by あきの at 2013-03-17 20:18 x
こういうの、分かっているけれど、膝や腰が痛いと、そうもいかなくなります。
春になって薄着になると、さて背中を伸ばしてあるこう…とは思いますが。
Commented by kiyoko at 2013-03-18 09:07 x
ウオーキングに杖はわかるんですが両手にストックはスキーをしない私にはまだ違和感があります。
Commented by oss102 at 2013-03-18 13:42
hatakeさん
あなたはドンドン歩いて見本ですよ。今は水はねがひどいとかなんとか言い訳ばかりして車に頼っています。矛盾を抱えた存在の上に痴呆になりつつあります。゚(゚´Д`゚)゚
Commented by oss102 at 2013-03-18 13:44
あきのさん
痛いところがあるとカバーして歩きますからね。
これから花を見上げて楽しくあるけますね。イイナの誕生会の御馳走、美味しそうでした。(^^)
Commented by oss102 at 2013-03-18 13:46
kiyokoさん
1本の杖で歩くより2本のポールの方がスポーツに見えますよ。
バランスが物凄くよくなります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 初めての最低気温プラス 納会  2 >>