仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
大仕事が終わってご苦労様..
by あきの at 16:06
さなえさん あんな風に..
by oss102 at 11:24
黒柳徹子って浮いた話はな..
by さなえ at 16:55
あきのさん やっぱり家..
by oss102 at 13:31
この気持ち、ほんとによ〜..
by あきの at 16:19
さなえさん そうなんで..
by oss102 at 11:54
あきのさん 真っ白に見..
by oss102 at 11:51
松風さん もう一つの発..
by oss102 at 11:47
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:45
素晴らしい経験でしたね。..
by さなえ at 06:56
感激ものでしたね。やっぱ..
by あきの at 20:00
皆さんの努力で 素晴ら..
by 松風Ⅱ at 19:53
大きなお仕事が一つ終わり..
by mikihana922 at 19:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:26
304さん チョッチャ..
by oss102 at 21:23
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アーカイブ編 母の日の水仙
 母の日が言われだしたのは戦後のことだった。
いつもお腹を空かせていた小学生だったが、中学に入ると少しずつ事情がよくなってきた。

母は毎日白い割烹着を着て立ち働いていた。洗濯機も掃除機も冷蔵庫もなんにもない。その中での主婦がいかに忙しかったか、今思うと大変なものだったと思うが、それはみんなやってるあたり前のこと。

だがなんでもアメリカはお金持ちで素敵な暮らし、と教えられた国からやってきた風習である。すぐに真似をした。
カーネーションなんてないから、庭の水仙を花瓶に山盛りにした。これは田舎の庭のこと、マグサのように一杯咲いていた。

夕食はチラシ寿司をつくった。ピンクのそぼろをいっぱい乗せた。なにかというとこれがご馳走だった。
甘党でない我が家では随分長くそぼろは食べていない。 そのころは甘くて美味しかった。
漁師の町なのに私はそぼろの作り方も知らなかった。第一母も作ったことがないのだ。

カードを作るなんて洒落たことも知らず、「母さん、いつもありがとう」と、ようやくシラミが住みつかなくなった頭を下げた。

母は嬉しそうに笑った。その頃の母は前歯2本が口を閉じても少し見えるくらい出ていた。 その顔が大好きだった。 
後年母が50代のころ 、その歯を治した。
トレードマークの前歯が普通に治まって父は「悪人面になった・・」と言ったが、私も少し淋しかった。

水仙が咲く喜びの春は母の笑顔を思い出す季節でもある。 
おちょぼ口からこぼれる白い歯が懐かしい。


e0001808_16465859.gif

[PR]

by oss102 | 2013-05-17 16:00 | いとしの花たち
<< アーカイブ編  花のすみどころ... 心筋梗塞の前後  水上勉 >>