仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
おお~!銀世界、見ている..
by orientexp at 05:03
音楽、美術、苦労の割には..
by tmshanagn304 at 21:49
何の世界も勉強して世に出..
by kiyoko at 17:35
演歌の人たちも年間600..
by あきの at 16:53
souuさん souu..
by oss102 at 16:16
あきのさん 初めは、声..
by oss102 at 16:13
kiyokoさん 次の..
by oss102 at 16:11
年月の経過と共に 講師も..
by souu-4 at 16:04
せっかく生きがいを感じて..
by あきの at 18:00
講師の交代は残念ですね。..
by kiyoko at 17:39
残念ですね、 でもせっ..
by fu-and-boro at 15:20
mikihanaさん ..
by oss102 at 10:36
せっかく楽しみに、また刺..
by mikihana922 at 16:32
さなえさん やはりお米..
by oss102 at 08:58
304さん 体は雪が保..
by oss102 at 08:52
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
間違って教えた
e0001808_13575295.jpg 花が次々と咲いてきた。 息子が送ってくれた花苗のラナンキュラスはこんな色だった。

ラナンキュラスと云えば鮮やかなブルーとか赤だと思っていたが、色々な種類が出ています。

去年新聞屋さんにもらったチュー-リップの球根を花壇に埋めていた。こんなに可愛らしい花が咲いた。 つぼみの長さは5cくらい、開くと中は黄色だけ。閉じてる姿が愛らしい。
e0001808_143952.jpg

これももう終わったので、いつまでも花壇を占拠させる訳にいかない。どうせ新種は翌年にはうまく咲かないだろう・・と鉢に植え替えた。 ダメモトである。

e0001808_1454724.jpg 通りかかったご婦人は山野草がお好きのようだ。

北海道は本州では高山植物扱いの花がお庭で殖えていきますね。などと花談議をしているうちに、殖えては引っこ抜いていたアマドコロを差し上げることになった。

御婦人が喜んで丁寧にお礼を言って立ち去ったあと、アッ!! 稚児百合だった・・と気がついた。 もう姿は見えず、胸の中がモヤモヤしている私。

[PR]

by oss102 | 2013-06-02 14:18 | いとしの花たち | Comments(12)
Commented by fuchan_k at 2013-06-02 16:38
ossさん花壇、一気に春らしくなりましたね〜。
花の種類も多種多様ですね。
アマドコロとチゴユリ、どちらを貰っても嬉しいかも。(笑)

85才でかわる。
嫌なはなしですけど、急に変わるわけではないでしょうから
私たちは、開き直ってまいりましょう。

老人ホームの日々、少し読みましたが切なくなって
読み続けられませんでした・・・開き直らなければいけないのに。^^;

Commented by あきの at 2013-06-02 18:55 x
やっぱり花の中にいるOssさんが一番それらしいですね。生き生きしています。
Commented by nemumie at 2013-06-03 00:20
わたしのうちにもこのチューリップありますよ。原種チューリップらしいので、植えっぱなしで毎年咲きます。
Commented by kiyoko at 2013-06-03 08:22 x
一気に種類が増えましたね。通りすがりの人との花談義や猫、犬談義も面白いものです。
Commented by mikihana922 at 2013-06-03 11:27
毎日、草花を相手に通りがかりの方とお話ししたり
ボランティアに行かれたりと充実していらっしゃる様子が
よくわかります。

85歳を境に変わっていくのでしょうか?
85歳の母は料理は作れるのですが握力がかなり
なくなってきて、最近は日常生活に不便も出てきました。
Commented by oss102 at 2013-06-03 12:04
fuchanさん
難しい横文字の花の名前ならともかく、普通の花の名前もとっさにでない時があります。後で思い出して必要のないときばかり思い出して・・とがっかりします。
老人ホームの日々は興味があって読んでいます。我が家にいてもホームにいても老後は厳しいものがあります。
Commented by oss102 at 2013-06-03 12:06
あきのさん
今が一番花が気になるときです。花に少々知識がつくと、好みの植え込みができなくなりました。
Commented by oss102 at 2013-06-03 12:08
nemumieさん
そうですか、強いのですね。それではこんな時期の移植に耐えてくれそうですね。
Commented by oss102 at 2013-06-03 12:10
kiyokoさん
そうなんです。夕方2匹を繋いで花の世話をしていると、猫を撫でていく人、花の事を聞いてくる人・・・楽しい会話になります。
いつでもオープンガーデンなので。(*´∀`*)
Commented by oss102 at 2013-06-03 12:13
mikihanaさん
勿論100才までお元気な方も若くても病気がちのかたも様々ですが、どうも80代後半は厳しいものになるなと・・普通人間と自覚している私はにらんでいます。
握力は友人たちもみなさん無くなったと云っています。袋菓子が開けられないとかね。
Commented by こじま at 2013-06-03 14:13 x
このチューリップ珍しいですね。はじめて見ます。我が家の花壇と違って垢抜けしています。花も元気がいい・・稚児ユリ 山に行くとたくさん咲いています。いちばんいい季節、本州に追いつきましたね。^^
Commented by oss102 at 2013-06-03 17:13 x
⤴nemumieさんのコメントによると、原種で強いそうです。
小さくて可愛いので気に入っています。
今日はまた寒くて我慢できなくなってpm5時にとうとうストーブ炊きました。路地に移していた
ビオラたちをまた前に持ってきました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< フウロを繋ぐ 最後の山菜かな? >>