仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
おお~!銀世界、見ている..
by orientexp at 05:03
音楽、美術、苦労の割には..
by tmshanagn304 at 21:49
何の世界も勉強して世に出..
by kiyoko at 17:35
演歌の人たちも年間600..
by あきの at 16:53
souuさん souu..
by oss102 at 16:16
あきのさん 初めは、声..
by oss102 at 16:13
kiyokoさん 次の..
by oss102 at 16:11
年月の経過と共に 講師も..
by souu-4 at 16:04
せっかく生きがいを感じて..
by あきの at 18:00
講師の交代は残念ですね。..
by kiyoko at 17:39
残念ですね、 でもせっ..
by fu-and-boro at 15:20
mikihanaさん ..
by oss102 at 10:36
せっかく楽しみに、また刺..
by mikihana922 at 16:32
さなえさん やはりお米..
by oss102 at 08:58
304さん 体は雪が保..
by oss102 at 08:52
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
セラスチューム
 北海道では石垣やゴロゴロ石の花壇フチに繁茂する花。
憧れはなかった。 増えすぎる・ありすぎる。

それでも我が花壇のへりの縁に少しあると、銀葉は花たちを引き立ててくれるかも・・と3年前ほんのひと握りの株をもらってきて植えた。
増えては絶対にダメ・・とのびる根茎を監視しては引き抜いてきた。
それでもこんなに盛り上がって通路までのしてきた。
e0001808_14274770.jpg

貰ってきたときに検索したら、水嫌い・栄養嫌い・と出た。笑っちゃう。加湿に弱いらしい。 だから梅雨のない北海道が好きなんだ。

 寝ないで考える寄植えの花たちはあまりパットしないが、一番もりもり元気でお気に入りの寄植えは・・・ビニール袋に入れられて土中で越冬した雑草と名のつく植物たち。
新しく植えたマリーゴールドは奥で見えなくなった。 ここ数年いろいろな変化を見せる壁掛けの花。
e0001808_14383615.jpg

アジュガ・トキシラズ・ラムズイヤー・万年草・リシマキア・・後は何が出てくるのか分からない。
後2つこういう鉢があるが、こちらはもっと野性的である。 毎年お気に入りの鉢として紹介しているが、私だけにしか分からない変化がある。

どこからか種が飛んできて、過密なここの猛者たちを押しのけて発芽・開花をする。
感動する。

[PR]

by oss102 | 2013-06-06 14:46 | いとしの花たち | Comments(8)
Commented by fuchan_k at 2013-06-06 15:49
いい感じです〜。
こういう育て方に憧れますが、かんかん照りの我が家では
すぐにカラカラになってしまいます。
後2つも、楽しみにしていますね。
Commented by あきの at 2013-06-06 17:06 x
水と栄養が嫌いとは、人間で言うと私のように野性的。
近頃医者に行って神経質になっている人がいると、どうしても何か言いたくなって困ります。
Commented by hanairomimi201 at 2013-06-07 09:12
放ったらかしでも大丈夫なお花・・ワタシにぴったりです^^
ああしよう・こうしようと寄せ植えを考えるとき・相性も考えるのでしょうね・・いい感じですよね・・。
Commented by kiyoko at 2013-06-07 09:34 x
何もしなくても増えていくもの消えていくもの、植物にも言い分があるのでしょうね。3年頑張ったけど実家に帰らせていただきます、なんてかしら。
Commented by oss102 at 2013-06-07 10:17
fuchanさん
そちらは暑いですから壁掛け鉢は無理でしょうね。
3年目のほったらかし鉢ですが、丈夫な草花たちに呆れています。
でもちゃんと花を咲かせてメンコイです。(*´∀`*)
Commented by oss102 at 2013-06-07 10:19
あきのさん
兄嫁も医者の言うとおり薬を飲んでいます。信じているので口を挟めません。私も自信があるわけでもないので・・・医者に対しても政治に対しても優等生が多いです。
Commented by oss102 at 2013-06-07 10:20
hanairomimiさん
いかにも窮屈そうにびっしり隙間もありません。
それぞれ強い草花たちで、どういう折り合いをつけているのかと感心してしまいます。 でも春を信じてこんな可愛い花を付けてくれます。
Commented by oss102 at 2013-06-07 10:22
kiyokoさん
種になって実家に帰ったものもいるでしょう。どれも乾燥にもつよい猛者ばかりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< レイウシア 世代交代 爆睡から不眠へ >>