仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
この気持ち、ほんとによ〜..
by あきの at 16:19
さなえさん そうなんで..
by oss102 at 11:54
あきのさん 真っ白に見..
by oss102 at 11:51
松風さん もう一つの発..
by oss102 at 11:47
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:45
素晴らしい経験でしたね。..
by さなえ at 06:56
感激ものでしたね。やっぱ..
by あきの at 20:00
皆さんの努力で 素晴ら..
by 松風Ⅱ at 19:53
大きなお仕事が一つ終わり..
by mikihana922 at 19:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:26
304さん チョッチャ..
by oss102 at 21:23
松風さん なんといって..
by oss102 at 21:21
わたしも若い頃は遠慮もあ..
by fu-and-boro at 13:05
「自由に外出も出来ない」..
by tmshanagn304 at 21:13
一人になってよかったと思..
by 松風Ⅱ at 16:38
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
シクラメンの葉ぐみ
e0001808_10385368.jpgちょっとピンボケになりましたが、先日スーパーで買ってきたミニシクラメンです。 室内越冬のものは、これ以上ふやさないと決心していたのですが、200円という値段に負けてしまいました。

ご存知の方も多いと思いますが、シクラメンは葉の数だけ蕾をつけます。 でも花を開かせるということは、植物にとっては、大変なエネルギーを使うことなのです。蕾を全部咲ききらせるには
やはり適切な管理です。 
今日は、葉組み。 蕾が上がって来たら、そばの葉を利用して、中心へ中心へといざなってください。そうすると葉の蔭にならずに、蕾に日もあたり、和名のかがり火の名の通り、スックと花が揃います。ミニシクラメンは、あまり栄養を必要としないのですが、たまに1000倍溶液の液肥をやると、色がよくなります。
いつまでも花はピンとしていますが、花の先が少し色が落ちてきた
ら、根元からねじるようにして早めにとりましょう。 
 コップにでもさして楽しんでください。
[PR]

by oss102 | 2005-12-07 10:57 | いとしの花たち | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 一日2回はこんなふうに フーロは犬のように >>