仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
hanairomimiさ..
by oss102 at 20:46
あきのさん ○○さんっ..
by oss102 at 20:44
コマーシャルで海に入るあ..
by hanairomimi201 at 16:50
すごいですね。そんな人が..
by あきの at 16:36
hanairomimiさ..
by oss102 at 10:04
sakuraさん NH..
by oss102 at 09:58
304さん 日本は世界..
by oss102 at 09:54
私もテレビで見た気がしま..
by hanairomimi201 at 09:21
たしかTVで見たような気..
by orientexp at 01:34
本は読んだ事がありません..
by tmshanagn304 at 22:43
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:13
鶏肉は必ず冷蔵庫にありま..
by fu-and-boro at 14:56
あきのさん 胸肉に味噌..
by oss102 at 10:42
mikihanaさん ..
by oss102 at 20:41
souuさん 動画なん..
by oss102 at 20:36
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
もらって嬉しいハナいちもんめ・・・
e0001808_1322610.jpg

 贈答の師走。こんなものを送ってきた。 甘味をつけない3種の梅干と梅酒。 実はこんなものがいいと私が言ったのだ。

贈答は贈るものも贈られるものも難しい。 値段分だけ喜んでほしいし、喜びたいものだ。
だが、家族が少なくなって高齢化してくると、もらって嬉しい・・・の範囲がグッ狭くなってくる。

交際範囲も限られてきて、不要のものを回すにも、相手に負担を強いることになる。

注文出せる相手ならいい。最近夫を亡くした友人も、仏前に上げられる品の行方に気を揉んでいる。
和菓子がドッサリなのだ。 一人住まいで、娘たちも和菓子は喜ばない。

今、お返しの品のカタログがくるようになったが、貰う方でもカタログを出したい。

若い頃はなんでもかんでも嬉しかったものだ。家族の体の受け付けるレパートリーが広かったのだ。
今のエリアは極端に狭くなった。 それでも昔からのしきたりで贈答が繰り返されている。

注文の出来る贈答品は嬉しい。 年に1度くらいこんな贅沢な梅干が食べたかった。 まろやかな酸味が舌におだやかに広がった。
ホンの少しだけがいい。 多いと食べるのが義務になる。

[PR]

by oss102 | 2013-12-11 13:19 | 食べ物 | Comments(6)
Commented by あきの at 2013-12-11 17:39 x
わたしも、今日は孫のクリスマスプレゼント探しの二度目に行きました。最初買ってきたけれど、だめだなと思い、また行ったのです。相手が何を欲しがるかがまことに難しい。
物のないころは、なにを貰ってもうれしかったのにねえ。
Commented by hanairomimi201 at 2013-12-11 20:00
私も田舎の義姉とはお互いに貰って嬉しいものをいいあいます。
その方が本当のありがとうが言えますから・・^^
ホントに送る方も無駄だと思いながらですよね
最近特にお菓子は困ります。
Commented by kiyoko at 2013-12-12 09:09 x
甘味の付かない梅干を探すのが意外と難しいです。塩だけの梅干を見つけるとまとめて買っています。貰う方のカタログおもしろいですね。
Commented by oss102 at 2013-12-12 15:25
あきのさん
お孫さんへのプレゼントも難しいでしょうね。豊かな環境では小さい子でも好みがしっかりありますよね。
私の子供の時はなが~い鉛筆でした。とても嬉しかったのを覚えています。(・∀・)
Commented by oss102 at 2013-12-12 15:28
hanairomimiさん
お菓子とか味の濃い佃煮、みんなパスですが、味の濃いものは贈答に向くのですよね。いただくのも貰うのも困った時代になりました。欲しいものを言い合えるのはいいですね。
Commented by oss102 at 2013-12-12 15:30
kiyokoさん
初めて蜂蜜いりの梅干を食べたときは、美味しくて感激しました。
でもすぐに飽きて自然なのがよくなりました。
でもそんなにいつも食べたい訳じゃなく、たま~に食べたい時が・・だから少量でいいのです。
これはお料理に使うのはもったいない・・ケチですねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 白内障手術体験談へ 田楽味噌 >>