仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
雪国の暮らしを垣間見る事..
by kiyoko at 19:34
犬との戯れ、昨日のことの..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:32
松風さん 10年目にな..
by oss102 at 09:29
kiyokoさん 漱石..
by oss102 at 09:25
souuさん ありがと..
by oss102 at 09:22
あきのさん 新聞で出会..
by oss102 at 09:18
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:15
おめでとうございます。 ..
by fu-and-boro at 08:51
学年は一緒でも ブログ..
by 松風Ⅱ at 23:26
おめでとうございます。1..
by kiyoko at 19:49
おめでとうございます。 ..
by souu-4 at 17:49
もうそんなになるのですか..
by あきの at 17:32
おめでとうございます ..
by hanairomimi201 at 16:37
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:19
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タラの話と
 年中美味しいものが食べられる小樽だが、寒くなるととくに鍋物の魚が市場に並ぶ。
スーパーでない対面の市場にいくと、照明のせいかみんな生き生きとうまそうだ。

タラの頭・ごっこ・あんこう・・・素人では切れない素材も鍋用にカットしてある。
スーパーでもカットしたものをパックして売っているが、やはり市場の方が安いし食欲をそそる。
たった二人の食卓なのに、ついあれもこれもと買いたくなる。

e0001808_10333177.jpg先日食事当番のネネはこんなものを作ってくれた。
コンニャクの真ダラ子和え。 真ダラの卵はマダラ・・の言葉のイメージどうりにマダラな皮に包まれている。
黒かったりベージュだったり。

スケソウダラの子よりも少々高いが、庶民でも手が出る値段。

小樽に越して来たばかりの頃は、タラの刺身や昆布〆が珍しかった。 鮮度が落ちやすいタラの刺身だなんて・・・海辺の街を実感した。

昔は醤油も砂糖も利かせた味の濃いおかずだった。
ネネの味付けはアッサリ風だが、コンニャクの弾力とタラ子のザラザラ感が懐かしい味である。

[PR]

by oss102 | 2014-02-07 16:00 | 食べ物 | Comments(14)
Commented by パソコンお助けマン at 2014-02-07 16:27 x
こんばんは
皆さんのブログを拝見させて頂いています。
こちらのコメント入力欄ですが、もう少し広くしては如何でしょうか。
2013年1月11日の記事「コメント枠の拡大」と題して説明してあります。
URL  http://sukettopc.exblog.jp/17602881/
是非、お試しください。
Commented by あきの at 2014-02-07 18:48 x
わたし魚ではタラが好きです。
今日のおかず特別おいしそうです。
Commented by mikihana922 at 2014-02-07 20:25
私の好きなお惣菜ですが
ハナ父は魚類もこんにゃくも苦手なので作ったことがありません。
自分ひとり分というのは、なかなか作らないものですね。
Commented by oss102 at 2014-02-07 21:05
パソコンお助けマンさん
先日は有難うございました。ログアウトは少なくなりましたがまだアクセスが多そうな休日等にしばしばログアウトします。???
コメント欄の拡大、少し遅くなりますが今度勉強させていただきます。
有難うございました。m(_ _)m
Commented by oss102 at 2014-02-07 21:06
あきのさん
そちらでもタラの卵は普通に売っていますか?
昔はあら汁は面倒で食べなかったのですが、今はとても好きです。
Commented by oss102 at 2014-02-07 21:09
mikihanaさん
家族が食べないと中々作らないですね。私も娘が好きじゃないとちょっと考えます。
Commented by tmshanagn304 at 2014-02-07 22:18
鱈の刺身などとはド贅沢なものをお食べになっておられますなあ〜
ネネちゃんのあっさり料理,お母様の健康を気遣ってのことかと思います。お母様思いのお心に(涙)
Commented by kiyoko at 2014-02-08 08:48 x
今日の料理は酒のあてに合いそうですね。たらは湯豆腐にしか入れた事がありません。タラの刺身はお目にかかったことはありません。
Commented by oss102 at 2014-02-08 09:36 x
304さん
ここに来た頃はこわごわ食べたことがありますが、今は食べていません。やっぱり怖いです。
娘も高血圧の薬を飲んでいるのですよ。塩分控え目です。(^^);
Commented by oss102 at 2014-02-08 09:38 x
kiyokoさん
そうでしょうね。稚内とかではタラの刺身も・・とは聞いていたのですが。でも今は食べる勇気がありません。虫なども入っているらしいので、ちゃんと見分けられる人でないとね。
Commented by fu-and-boro at 2014-02-08 15:53
小さいときからあら汁は大好き。
頭が大好きで母に変な子だねといわれてた。
主人が小さいころそういうのを食べなかったとかで(義母が嫌いだったようです)
絶対に食べなかったのに・・・、今は私と争って食べています。
「こあえ」私はつきコンニャクではなくシラタキで作ります。
「つきコン」がなくて冷蔵庫に入っていた白滝でつくりハマリました。
食べ過ぎてしまいます。
Commented by hanairomimi201 at 2014-02-08 19:14
コンニャクのマダラ子和え・・おいしそう・・。
タラは切り身だけ・・。
タラコといえば赤いのか明太子しか知りません。

Commented by oss102 at 2014-02-08 19:44
fu-and-boroさん
私も夫がいたころは面倒で身の方ばかり選んで食べていました。
今は目の周りやエラのとろとろなどしゃぶっています。(^^)
娘はちょっと面倒くさそうです。
白滝が美味しいですか。今度やって作ってみます。
Commented by oss102 at 2014-02-08 19:47
hanairomimiさん
タラは北国の魚ですからね。庶民の鍋材料のすぐれものです。
そちらでは真ダラの子は売っていないかもね。
私は魚の卵類は大好きです。でも明太子は高いのでたまにしか買えません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 作家の犬 ホワイトアウト現象 >>