仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ストーリーテリング  2回目
 先回のときで大体様子が分かった。2回目は子供たちを飽きさせない手遊びや道具のことだと分かっていた。 行くのよして、麻雀にしようかなんて考えたけど、2回目も申し込んでいたしと講座を受けてきた。

私はそんなに難聴がひどいわけじゃない。普通の会話には困らない。だけど声をひそめる内緒話がダメなのだ。 講師の語りも、目をつぶっていれば若々しい響きのある声だ。

ただ強弱・緩急をつけるため早口で小さな声なので、ちゃんと聞き取れない。テキストには原点として、聞き手にとって楽に聞けること、まず聞こえるが1番と言っていたが、聞き取れない私が悪いのか。
耳の良い若者だって音楽をガンガン大きくして聴く。構えなくても楽に聞き取れる語りが大事と思うのだが。
年寄り代表として発言したかったが、やっぱり恥ずかしいので止めた。

あの語りでは、細部の大事な所が聞き取れない人がいるのじゃないか・・・でも遠慮で言えないのだと思う。

小道具を見せてくれた。手製のパネルとスタンド。人間の首も腰も曲がるように出来ている。
e0001808_156792.jpg

牛乳パックで作ったルービックキューブ風の小道具
e0001808_15863.jpg

パクパク口のあくカエルさん
e0001808_159338.jpg

小さな子は単純に大喜びするけど、6年生くらいになると手ごわいですよ~と講師は笑わせていた。
語りへそそぐ情熱はひしひしと伝わってきた。

市の教育委員会も後援していて、今後語りの募集をして広がろうとしています。
高齢者向けの施設ばかりが多くなるこの地に、こういうことにも目を向けるのは嬉しいですね。
3・40代のお母さんや男性も熱心に受講されていました。

ただ、2人ほど何度も何度も大きく咳をしていて、せめてマスクをして口を抑えてして欲しかったですね。

[PR]

by oss102 | 2014-06-23 15:23 | ボランテア | Comments(8)
Commented by あきの at 2014-06-23 15:30 x
ジムに行く時は自転車で歩道を行きます。車道は高速並みのくるまなので。
うしろからベルをならしても年寄りは気づかない人がほとんどです。耳が前が聞こえるように出来ているので後ろの音は難しいようです。
Commented by fuchan_k at 2014-06-23 17:40
読み聞かせや語りは、本当に難しそうですね。
子供に聞いてもらうには、それなりの工夫も必要なのでしょうね。

↓昔の家は、今のように個室だらけではなかったので
誰しも憧れましたね。
最近は、リビングに学習コーナーなどを設けて
個室にこもらない配慮もされているようです。
Commented by fu-and-boro at 2014-06-24 06:19
子供達が引き込まれるのに時間はかかると思います、
引き込んでしまうと聞こうとする真剣な表情、目の輝き、・・・ こういうのに
今度は大人が引き込まれちゃうのではないかな?
子供は正直です(残酷なくらい・・・)    難しいな~・・・。
自然体で子供に接することの出来る人、 
その人も子供と同じ気持ちになっていますね(妹が そうです)
Commented by hanairomimi201 at 2014-06-24 09:05
こういう仕事が出来る人を尊敬しますね。
人を喜ばせ優しく接することができるなんて難しいです。
知り合いの中には右から話しかけてね・・と言われている人がいます。すぐ忘れてしまいます。
Commented by oss102 at 2014-06-24 12:46
あきのさん
路地で夢中で花の世話をしていると、車が入ってくるのに気づかないことがあります。人がしゃがんでいるのでソーッと入ってくるので、クラクションならしてくれればいいのにと思いますが、遠慮してるんでしょうね。
Commented by oss102 at 2014-06-24 12:49
fuchanさん
色々工夫して子供たちを喜ばせています。でも高学年くらいになるとそういう小道具ではだましが利かない。
読書好きの子なら大人しく聞いてくれるのでしょうが。
昔のちゃぶ台での勉強が見直されて、居間に学習コーナーが作られてるんですね。その方が引きこもりがなくなると思いますよ。
Commented by oss102 at 2014-06-24 12:54
fu-ando-boroさん
妹さんは天性の教育者ですね。今の教大が中々合格が難しい。少しぐらい学力が足りなくても、第一に子供好きの人を先生にしたいです。子供は先生が自分たちを愛しているか、すぐに分かります。
でも妹さんが学力が足りなかったなんていう意味ではないので、誤解しないでね。
Commented by oss102 at 2014-06-24 12:57
hanairomimiさん
そうなんです。私たちの仲間にも右しか聞こえない人がいます。
どっちだったかな?と迷います。人のことはそんなものです。
私は口に手を当てないでね、と頼むのですが、すぐに忘れてくれます。(´;ω;`)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ブログ十年目へ歩き出します 個室  2 >>