仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
朗読特訓  1  
 2月の雪あかりに、朗読勉強会アオバトのメンバー8人全員が出た。 それを聞いた高校演劇指導者Y氏からオファーがあった。 10月に公演する前座の朗読をしてほしい。 人数は4人。

希望者はと聞かれて4人が出ることになった。勿論私も手を上げた。(^^)
それ以来2時からのアオバトは4人だけ1時から特訓を受けることになった。講師はノーギャラである。

台本が届き、A~Dの部分を担当を決めて読む。一人わずか2分程度である。
それがワンリーとトンキー。 あの終戦まぢか、上野動物園で餓死させられた悲劇のゾウの話。

Y氏が言うには、雪あかりでは会場を横に使ってマイクを使用したが、10月の公演では縦に使ってマイクなしという。 大変だ。

腹式呼吸、腹式呼吸といわれながら怠けてマイクに頼っていた。聞こえなければ朗読にならない。

家で時計とにらめっこしながら、息を一杯吸って、あ~~~~~~~と静かに声を出す。
10秒持たなかった。;;;; 何度も毎日繰り返すうちに調子の良い時は20秒いける時もある。
でも無理はダメ。ポリープができる恐れあり。

車の中で大きな声で歌う。お腹の胃と腸が上下に分かれるように・・・と講師は言う。
情けないことに小学唱歌も満足に歌詞を知らない。
サングラスをかけた老女が大口開けているのを、対向車に見られたろうか。

勉強会の教室で左右の壁際に立たされて、セリフを言う。声がキチンと届くように。

あぁ、大きな声を出すことは楽しい。お腹がすく。


e0001808_1512790.png

[PR]

by oss102 | 2014-06-26 15:09 | ボランテア | Comments(8)
Commented by あきの at 2014-06-26 18:13 x
朗読は体の体操にもなっていることが分かりました。積極的なのがとても気持ちよく伝わってきます。ガンバレ。(^◇^)
Commented by らんまる母 at 2014-06-26 20:02 x
腹式呼吸 普段から心がけているといざ 出陣の時 あたふたしなくても済むのにと・・・・・・よーくわかりますわ

若いころコーラスしていましたが 今はだみ声
せめて 呼吸法だけでも 日々鍛錬しておけばよかったと思っています

素敵なチャンスですね

Commented by sakura at 2014-06-26 22:56 x
先日の朗読で、部分入れ歯が合わなかったのかどうか、何度がつっかえてしまいました。複式呼吸は慣れると自然にできるようになりますよね。たくさんの人の前で朗読するのは大変でしょうが、やりがいがありますね。目的があるのは良いものですね。
Commented by kiyoko at 2014-06-27 08:23 x
腹式呼吸は意識してやっても簡単のようでもなかなか慣れません。大きな声も体に脳にいいんですね。
Commented by oss102 at 2014-06-27 09:46
あきのさん
やっぱりみんなで声を揃えて大きな声を出すのが一番気持ちがいいです。一人だけでは迫力がでません。でも出さねば・・・
Commented by oss102 at 2014-06-27 09:48
らんまるの母さん
以前コーラスをなさっていた方は全然違いますね。ちゃんと声を前に出せます。自分の健康のためにも複式発声を頑張ります。
Commented by oss102 at 2014-06-27 09:52
sakuraさん
あぁ、よかった。小樽でお会いしてから音沙汰がなくて、ブログ更新もなかったので、リンク先を削除してしまいました。横文字のタイトルなので忘れてしまって・・・
コメントを度々いただきながら、ブログとつなぐことを忘れていました。今さかのぼって訪問してきましたが、トップの記事にはコメント不可になっていて・・お帰りになったらまた訪問します。
素敵なところへいかれたのですね。コピペして見て来ました。(*゚▽゚*)
Commented by oss102 at 2014-06-27 09:54
kiyokoさん
家では中々思い切った大声は出せません。誰かに聞かれるかと・・・それでも思い出すたびお腹をふくらませたりなが~く吐いたり、忙しいことです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 朗読特訓  2  Y氏の話から 阿川佐和子の対談 >>