仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
朗読特訓  2  Y氏の話から
 Y氏が練習を見学に来た。 学生と違い、いかにも我々が勉強を積んだプロのようなことを言うので困った。
Y氏には、自分の思いを伝えたい気持ちがあった。

50年間、劇団を続けている。確かなことはわからないが、定時制の先生をしてきたようだ。今は定年になって無職。70才くらいかなぁ・・・

その延長でM高校の演劇の顧問もしている。
M高校は7割が不登校・・その話をすればいつも泣いてしまうと彼は言う。彼らに真剣に向き合ってきてそういう心情になるのだろう。

北海道には夜間中学がない。中学を卒業できない子にも、一時便宜上中卒の免状を出した時期がある。
それがアダとなって、また勉強したくても中学には入る資格がない。

私たちは目を丸くして彼の話を聞いた。そんな世界とは無縁に過ごしてきた。
貧しいゾーンがあることはよく分かっているが、よその世界のことだった。

私たちは前座の朗読だが、M高校の校長が書いた実話を彼がシナリオにして秋の公演をするのだった。

ワンりーとトンキーは人々に愛されて人間を最後まで信じて死んでいった。
劇中に「俺は、真っ先に殺されるへびだな・・・」というセリフがある。

そういうセリフを生かすための私たちの朗読だった。


e0001808_10285813.jpg

[PR]

by oss102 | 2014-06-27 16:00 | ボランテア | Comments(8)
Commented by fuchan_k at 2014-06-27 23:44
遅ればせながら、ブログ10年目のスタート
おめでとうございます。
毎日 欠かさずの更新、感心するばかりです。

出席日数が足りなくても、取りあえず卒業させてしまう。
そういう事もあるのでしょうか?
教育現場も、裏側のことは聞いてみないと分かりませんね。
実話を元にしたお芝居のための朗読。
迫力あるものになりそうですね。


Commented by hanairomimi201 at 2014-06-28 09:40
いろんな教育の現場を歩いてきた人が見学に来られたら緊張したことでしょうね・・
戦争末期の動物園の話は泣かされますね。
「真っ先に殺されるへび」・・いろいろ考えさせられますよね。
Commented by souu at 2014-06-28 10:25 x
この年齢になって初めて一緒に何かをする時、ある程度何をされていた方か判る方が付き合い易いですね。
こんなことを云うと失礼かしらなんて思いながらでは本筋が疎かになりそうですものね。
秋の公演楽しみですね。
Commented by fu-and-boro at 2014-06-28 14:46
こういう先生に出会える子供達は幸せですね。
今は何も思わないとしても後から必ず思い出すことでしょう。
先生の影響はすごいものがありますね。
公演楽しみですね、 子供達の演劇も楽しみですね。
Commented by oss102 at 2014-06-28 15:28
fuchanさん
ありがとうございます。なんとかまた歩み続けますのでよろしくお願いします。

今ある夜間学校は韓国人とか外国のかたの学習の場になっているようです。それでも北海道にもできることが決まったと報道がありました。小樽に7割も不登校の生徒がいる高校があるなんて驚きでした。現場の先生は大変ですね。
Commented by oss102 at 2014-06-28 15:31
hanairomimiさん
そうなんです。愛された象たちは匿われて、まず熊やライオンが毒殺されました。そういう話を教材にしたとき、俺は真っ先に殺されるへびだな・・といった本当にあった話をシナリオにしています。
荒れる自分をそう評価する心が哀しいです。
Commented by oss102 at 2014-06-28 15:35
souuさん
4人で朗読する時間はほんの8分程度、つまり一人2分。
それでもリハーサルが何回もあり、こりゃ大変だと思いますが、この際若い人の舞台稽古を見るのも社会勉強と楽しみにしています。
Commented by oss102 at 2014-06-28 15:38
fu-and-boroさん
土日が嫌いだという生徒・それは学校が楽しみなのではなくて、家庭が嫌だから・・という悲しい生徒もいるそうで。
何事も社会勉強と気楽に参加しましたが、恐ろしくて悲しい社会を覗き見ることになりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 仲良し動物園 朗読特訓  1   >>