仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
人間の子を里子にした人た..
by あきの at 16:17
いよいよ始まりました。O..
by あきの at 16:12
さなえさん もう中学生..
by oss102 at 14:36
304さん 穴からお札..
by oss102 at 14:31
hanairoomimi..
by oss102 at 14:29
kiyokoさん まっ..
by oss102 at 14:26
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:24
↑の方の「大学の先生に触..
by さなえ at 06:14
私の場合、穴からお札とお..
by tmshanagn304 at 23:24
科学の進歩のために、人間..
by mikihana922 at 22:40
人間の為に実験用としての..
by kiyoko at 20:16
なんと残酷な実験なのでし..
by hanairomimi201 at 18:12
松風さん 私も動画・エ..
by oss102 at 10:43
hanairomimiさ..
by oss102 at 10:35
fuchanさん なに..
by oss102 at 10:32
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
杜の広場の朗読で
 ここに集まる人は決まってきた。講師を入れて6人。いつも必ずなにかトークする。
向かいの席の女性は小3の男子の孫が、3分トークに出場した話。
小樽の小学校全部の中から希望者をつのり、発生・表現・内容などを審査するコンクール。新聞で募集してたらしい。

孫は、ストップウオッチで3分の練習をしていったようだが、大会に1位と2位を取った子は、2人とも同じ学校の生徒。 その学校では教師がしっかり指導していたのだと。 如何に指導者の力が大きいか・・と話していた。

隣の女性は、デイケアのある施設のお祭りに、オカリナで参加した。
いつもはシーンとお行儀よく聴いているだけなのだが、その日は元気よく掛け声をかける男性がいてみんなも盛り上がり、演奏している人たちも最高によい気分だったと話していた。

私は2人の話を聞いていて、トンキーとワンリーや柴田とよの詩の朗読のことを思い出した。
たった、8分を4人で読むのに、指導者は手を抜かずに何度も指導してくれた。

柴田とよの時もそうだが、「みんな本番に強い。とてもよかった。」と褒めてくれた。
そうして先生はこんな質問をした。 戯曲・会場・出演者・観客・・この4つから、1つだけ省かなければならないときは、何を省くか? 答えは戯曲。 ストーリーはなんとでもなる。

だが、観客がいなくては朗読も、芝居も、歌も成り立たないのだと。
舞台は観客と演奏者がつくりだすもの。 そんな話をした。

来月はXマスに発表会がある。観客は来るのだろうか。ともかくも事前練習に取り組むことになった。また忙しくなる。


e0001808_15414931.png

[PR]

by oss102 | 2014-11-27 15:36 | 朗読 | Comments(2)
Commented by hanairomimi201 at 2014-11-28 09:05
両方あってこそです^^
観る方、聞く方も真剣でなくてはならないでしょうね・
それで一体感が生まれるのですよね。
Commented by oss102 at 2014-11-28 11:10
hanairomimiさん
世界的なバイオリン演奏家の本を読んだ時も、そんなことが書いてありました。こんな偉大な演奏家のもとに来る観客でさえ
その時その時の雰囲気が違うのですね。
私も一人で音読の練習しているときとアオバトの会で先生が聞いているときとでは天と地ほども気持ちが違いますもの。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 京極の名前の由来 自閉症 >>