仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
話の内容をそこまで詰めて..
by あきの at 18:07
いろいろ工夫をして続けら..
by kiyoko at 17:54
fu-an-boroさん..
by oss102 at 16:01
304さん おくさんは..
by oss102 at 15:57
fuchanさん 七之..
by oss102 at 15:53
さなえさん 勘九郎の両..
by oss102 at 15:49
あきのさん 伝統の世界..
by oss102 at 15:47
知らない世界がたくさんあ..
by fu-and-boro at 07:38
奥様は皆大変でしょう。
by tmshanagn304 at 21:30
大好きな役者さんでした。..
by fuchan_k at 21:25
>こういう世界の主婦は、..
by さなえ at 17:19
また、凄い世界の紹介で、..
by あきの at 16:12
まりさん ネコも死期を..
by oss102 at 14:00
5年、10年、年月を考え..
by まり at 13:44
kiyokoさん まぁ..
by oss102 at 10:57
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
スノーシューで
 年末から20日間以上もお休みが続いていた、ストックウオーキングの例会が、ようやく始まりました。 火曜日からだったのですが、用事が重なって今日が私の初スノーシュー。

別にノルデックスキー班もあります。

風もなく青空のスノーシューウオークでしたよ。気温は高くて街中はベシャベシャですが、ここは高い場所なのでパウダースノーです。

あちこちに雪のオブジェが出来てます。
e0001808_13511739.jpg

e0001808_13542724.jpg最後に球場の土手で尻滑りです。 近所の小学生や幼稚園の子供たちが滑った後は、硬くなっていてスピードが出ます。

格好いい?写真は撮れませんでしたが、スキーよりは思うようにいかない分、スピードと迫力が感じられました。

会長さんは、雪があるからこそこんな楽しみが・・そうそう・・そうなんですが・・この方は立派なマンションにお住まいで、雪のご苦労はない方です。;;


 今日から昨日書いた小学生の詩を1編ずつmoreに紹介します。 



 たんじょう日プレゼント  くすもとわこ 2年

きょうはお父さんのたんじょう日でした
おかあさんのプレゼントは
あいのキスでした
わたしのプレゼントも
あいのキスでした
いもうとは
「おたんじょう日おめでとう」と
大きな声でいいました
おとうさんは「なによりうれしいなあ
しごとのつかれが
ふっとんでしまう」
と言っていました
おとうさんはいつもすぐになきます

[PR]

by oss102 | 2015-01-15 14:14 | 運動 | Comments(10)
Commented by あきの at 2015-01-15 18:57 x
小学生の詩、今の日本はキスなんて子供も書くほど
洋風になっているのてすね。
Commented by sakura at 2015-01-16 01:28 x
<雪があるからこそこんな楽しみが・・>そうなんですが、両方手に入る人もいるのですね。
小学生の詩、ありがとうございます。子供は素直で的を突いてきます。(^^)
Commented by fu-and-boro at 2015-01-16 07:45
「雪があるからこそこんな楽しみが・・・」そうなのですよね、有り余るくらいあります。
そしてここは自然もたくさんあり散策したいと思うようなところがたくさんあります。
今年も挑戦したいと言いながら言葉だけになってしまうかと思いますがいつかきっと!・・・(笑)
今日の北海道新聞に滝野すすらん公園でスノーシューに挑戦して見ませんか?という記事が出ていました。
インストラクターの方が友人の息子さんでして・・・、いつかたずねてみようと思っています(?・・・笑)
この詩は最近のものですか?ごく普通にお父さん、お母さんの愛情表現を詩にしている。
ステキな家族愛を感じますね。
Commented by hanairomimi201 at 2015-01-16 10:01
時々は困るとは言いながら・・やっぱり雪が大好きですね
尻滑りも楽しそう・・童心に戻れますね。
小学生の誌・・こんな誌を書ける子供は幸せということですよね。
Commented by oss102 at 2015-01-16 10:57
あきのさん
やっぱり男の子のほうが面白い表現をしています。
キスなんて今は普通の事ですね。
Commented by oss102 at 2015-01-16 11:01
sakuraさん
本当に両方手に入れてる生活です。転勤族が札幌で暮らしてみて、退職後はここに住むと決める人も多いです。室内の暖かさと雪を楽しめる生活は捨てられないでしょう。それにはある程度の資金がいります。;;;
先生の指導もあると思いますが、可愛くてまとをついていて、施設では1編ごとに、声を出して笑ってくれました。(^^♪
Commented by oss102 at 2015-01-16 11:05
fu-and-boroさん
この詩は1998年に出版されていますから、今はもう40歳近くなっているでしょう。阪神淡路地震に会った方もいるでしょうね。私にしたら20年なんてあっという間の感覚です。
スノーシューはマイペースで出来るのがいいです。
無理をなさらずお楽しみください。
Commented by oss102 at 2015-01-16 11:07
hanairomimiさん
温かい家庭がしのばれる詩が多いのですが、リコンとか夜かえらないお父さんとかの詩もあります。今はこの子たちも40歳に手の届く年齢になっています。どんな人生だったのでしょうか。
Commented by mikihana922 at 2015-01-16 11:33
こちらにはないスポーツです。
冬には冬の楽しみ方が北国はあるのですね。
神戸の小学生の詩はほんわかしていて楽しめました。
暖かい家庭なのでしょう。

遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。
ショウマ君やフウロ君の写真も楽しみにしています。
そうそう、先代ハナの小さい頃は
散歩中、そして獣医さんからもキツネですかとよく言われました。
元は北海道出身の家系なので
獣医さんから、ひょっとしたらどこかで混じったのではないかと
言われたことがあります。
写真を拝見して小さい頃のハナを思い出しました。
Commented by oss102 at 2015-01-16 12:19
mikihanaさん
まぁ、こちらこそよろしく。(^^)
ハナちゃんはキツネの混血?@@ 楽しい想像ですね。
獣医さんがいうなんて、そんなに立派な尻尾してたの?
懐かしいガウガウハナちゃんでしたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 転送装置 しっぱい こんな風に >>