仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
sakuraさん 今年..
by oss102 at 08:26
総会は、お世話をしてくれ..
by orientexp at 01:55
松風さん 松風さんとこ..
by oss102 at 20:47
さなえさん やはり食事..
by oss102 at 20:41
hanairomimiさ..
by oss102 at 20:38
あきのさん 総会が楽し..
by oss102 at 20:35
いいですねえ 楽しい総..
by 松風Ⅱ at 17:48
oss102さんの積極性..
by さなえ at 17:07
ホント・・参会費ありです..
by hanairomimi201 at 16:45
総会というのが楽しいなん..
by あきの at 16:29
こんにちはブロ友パソコン..
by PC-otasukeman at 12:09
sakuraさん 今、..
by oss102 at 09:45
kiyokoさん ちょ..
by oss102 at 09:42
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:40
ほんとに女性はどこでも元..
by orientexp at 00:35
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最後だと分かっていたら・・・
あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だと分かっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめたことだろう


こんな詩がネットで流れて、3年前に施設で朗読したことがあります。
9:11の同時テロ後、インターネットで話題になったそうです。

今朝の新聞には、この和訳をした小山さんは、福島県富岡町で英会話塾を経営していた時に、被災。
「目の前の大切な人の幸せを祈りながら、朗読をしたい。」と福島の教会で朗読をする。と写真も載っていました。

でも今検索してみると・・・特別公開として詩の全文は載っていましたが、訳詩 佐川睦さんと書いてありました。 でも同じ人です。結婚して姓が変わったのかな?

それに、2度目はもう詩の全文の方は開けられませんでしたのでmoreにコピーしておいた詩を載せます。


『明日』ではなく・・・『今日』
言葉にだすことの大切さ
それを忘れずにいたいと思います。


いつもの平凡な日常の中で、改めて声に出すことは難しいものです。

e0001808_16314671.jpg


 sakuraさん、もうご存知でしたか? 以前のブログで紹介したかな? 何度読んでも良い詩ですね。






「最後だとわかっていたなら」
作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための 
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも
いつまでも 大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう そうすれば
もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

[PR]

by oss102 | 2015-03-11 16:31 | 朗読 | Comments(16)
Commented by あきの at 2015-03-11 16:58 x
9/11のものとして読むと胸に迫ります。ところが恋愛のことだったら、胸に迫りません。そんな風に思えるのは、わたしが年取ったせいです。
Commented by さなえ at 2015-03-11 18:59 x
以前、デッド・マン・ウォーキングという死刑囚の映画を見たことがあります。その中で、殺された娘の母親が、「娘がデートで家を出て行くとき『裾がほころびている』と言ったのよ。娘と最後に交わした言葉が、それだったなんて。分かっていたら愛していると言ったのに」と泣き崩れるシーンがあって、いつまでも忘れられません。自分にも、周囲の人たちにも、いつ最後が訪れるか分からないですよね
Commented by isihana at 2015-03-11 19:06
あとで!明日こそ!明日でいいや!など思ってそれきり。
延々と続く怠惰な私。良い詩をありがとう。また教えてください。
Commented by hanairomimi201 at 2015-03-11 19:30
出かけるとき、もしもこれが最後かと思ったら恐ろしくて送り出せませんね。
4年前経った今どれくらいの人がそういう思いでいるでしょう
Commented by sakura at 2015-03-12 01:54 x
詩、ありがとうございます。初めてです。今月朗読します。
いま私は後悔しています。もっと優しい言葉をかけてあげれば良かったと。常々、今日を大切にと思い生きようと願っていたのに。
↓コメント残しました。
Commented by kiyoko at 2015-03-12 09:43 x
家族を送り出す時、これが最後とは思いませんが人間何が起こるか分かりません。
一日一日が大事とわかっていてもぼんやり過ごして、しまったと後悔ばかり何とかせねばいけませんね。
Commented by souu-3 at 2015-03-12 12:05
明日が保証されていない事は ここ数日、数か月思い知らされています。
この詩のように日本人は出来ないかもしれませんが 優しい気持ちで接することの大切さ忘れないようにしましょう。
Commented by oss102 at 2015-03-12 15:26
あきのさん
そうですね。9・11の時にヒットしたといいますが、
恋人への詩ともとれます。そうなるとこの良さが半減する
と思うのは私も年を取ったからです。(^^)
Commented by oss102 at 2015-03-12 15:32
さなえさん
そうですか。それでも毎日会社へ出かける娘に、「愛してる」
とは言えません。それでも折につけ、大事な人と言うニュアンスを伝えておくことは大事なことと、改めて思います。
それでも私の場合、倒れたときに当てにしてるとあからさまに
表現するのはどうかと・・・でもそうなりますよね。++;
Commented by oss102 at 2015-03-12 15:34
ishihanaさん
明日こそ・・と思うだけ立派ですよ。
私が感動するのは、自分にそのやさしさがないからです。
でも折々にほんの少しでも表現するのは大事なことですね。
Commented by oss102 at 2015-03-12 15:37
hanairomimiさん
災害もそうだけど、交通事故に会った人も、まさか明日に
こんなことが待ってるとは思いもしません。だから生きていけるのかな?
それでも時々はこんな詩を思い出して、優しい気持ちを
表現してみようと試みるのもよいことかと・・・
貴女は娘さんや息子さんに十分表現なさっていますね。
Commented by fuchan_k at 2015-03-12 15:38
昨日の東日本大震災追悼式で、宮城県を代表して
ことばを述べた、菅原彩花さん(19)

濁流の中で、助けることの出来ない母親を残し
「ありがとう、大好きだよ!」と伝え、近くにあった
小学校へと泳いで渡ったそうです。

15才の少女が、動けぬ母に伝えた最後のことばに
胸をうたれました。




Commented by oss102 at 2015-03-12 15:39
sakuraさん
毎日一緒に暮らしていると、中々これが最後とは思わずに
優しい言葉は出てきません。でも時折表現することは大事なことと改めて思います。猫にはたっぷり表現できるのに。@@
Commented by oss102 at 2015-03-12 15:42
kiyokoさん
平凡な暮らしの中で、こういう発想は中々できるものではありません。でも時々は意識してみるのもいいことですよね。
Commented by oss102 at 2015-03-12 15:44
souuさん
優しい気持ちで接すること・・あなたはそうなさって
ますね。私も時々は思い出して心の中の貧弱なやさしさを
引っ張り出して陽に当てようと思います。
Commented by oss102 at 2015-03-12 15:47
fuchanさん
あぁ、今朝の新聞で読みました。辛い決断でしたね。
でも正しい決断でした。最後の言葉をとっさに言えたのも
日頃の母娘の関係が良いものだったのでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 吹雪明けのスノーシューの後で 寂聴が77才のときに >>