仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
冬の思い出
  昨日、スノーシューに行ったら、小学生が先生に引率されてグランドに集まってきた。

それぞれスキーを抱えてている。スキーもカラフルだが、帽子・手袋・ウエア・スパッツ・・みんなナイロンのような防水加工バッチリのきれいな色ばかり。

広い雪原にちりばめられたモザイクのように可愛い。

私たちの子供の時は、毛糸のセーターにオーバーだった。ウールだったと思う。ズボンは木綿だったんでしょうね。 長靴に雪が入り込まないように、スパッツをつけるのですが、古毛糸のゴム編みの筒形のもので、大きな雪玉がごろごろくっついた。 今はファスナー付きです。

なくさないように、クサリ編みで編んだひもをつけたボッコ手袋にも、いっぱい小さな雪玉がついた。

それをストーブ台の上いっぱいに広げて干した。赤ちゃんのいる家ではストーブは金網で囲われていて、その網目に突っ込んで干した。

大きいお兄ちゃんくらいにならないと、スキーは買ってもらえない。ソリや竹スキーで遊んだ。
遊び相手はいっぱいいて、夢中になってると、3時ころには急に冷え込んできて、泣きそうになる。

                        つづく

e0001808_1222193.png

[PR]

by oss102 | 2016-02-19 16:00 | 思い出 | Comments(8)
Commented by tmshanagn304 at 2016-02-19 21:53
ズ〜と昔、まだグラスのスキー板が出始めた頃、都会もんはそれを自慢げにすべっていましたが、それをあざけるように地元のどてらを着た子ども達が、しかも竹のストックですり暴走族のように抜けて行きました。
都会もんのOLさん、「きゃあ!!たすけてえ〜〜、とめてえ〜〜」どてっ!!
Commented by fuchan_k at 2016-02-19 23:45
スポーツウエアの進歩は凄いですね。
スキーはしたことないですが、その当時の服装は
なぜだか思い浮かびます。
クサリ編みのひも付き手袋は、私も持っていましたよ。

↓ 座布団を半分あけて寝るショウマちゃん。
フウちゃんはどうして来ないんだろう?
鼻の奥がツーンとなりました。^^;
Commented by orientexp at 2016-02-20 01:43
ボッコ手袋、竹スキー、みんな懐かしいなあ~。
Commented by fu-and-boro at 2016-02-20 09:40
ボッコ手ぶくろ、長靴に雪が入らないように付けるレッグウォーマーみたいようなもの、(たしか「ケハン」だか「キャハン」とか言っていたようなもの記憶があります)
身につけていたものは全部雪が付く素材、もう上から下まで雪玉ゴロゴロつけていました。
家に帰ると母が飛んできて顔を避けなさい!と言われ
部屋ホウキでバシバシと雪玉を取り除いてくれました。
ホウキが顔に当たると痛い!痛い!…。
他人様から見たら虐待の様ですよね(笑)
Commented by oss102 at 2016-02-20 17:43
304さん
優越感に浸りましたか。地元の子にはかないませんね。
ソリ遊びも大勢で楽しかったです。
Commented by oss102 at 2016-02-20 17:48
fuchanさん
本当に今のスポーツ用具や衣服は凄いですね。お高いですけど。 ひもつき手袋を使わなくなったのは高学年ですよね。
ちゃんと5本の指を編みました。
ショウマは食欲がなくなって、療法食を拒否します。
普通のカリカリをやれば、オシッコが詰まるし悩みです。
Commented by oss102 at 2016-02-20 17:52
sakuraさん
今はミトンといいますね。^^ 
寒いのによく遊びましたね。
Commented by oss102 at 2016-02-20 17:56
fu-and-boroさん
そうだ、吹雪の中を帰ってきたときや、全身ゆきだまるのときなど、ほうきで払ってもらいましたね。
冷えた時ほど、雪玉はつくんですよね。
キャハンと私の時代は言っていましたよ。あれは雪国の必須用具です。あれがなくては長靴にびっしりの雪が固まって足が抜けなくなりますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 冬の思い出 2 泣かないで読む >>