仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
人間の子を里子にした人た..
by あきの at 16:17
いよいよ始まりました。O..
by あきの at 16:12
さなえさん もう中学生..
by oss102 at 14:36
304さん 穴からお札..
by oss102 at 14:31
hanairoomimi..
by oss102 at 14:29
kiyokoさん まっ..
by oss102 at 14:26
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:24
↑の方の「大学の先生に触..
by さなえ at 06:14
私の場合、穴からお札とお..
by tmshanagn304 at 23:24
科学の進歩のために、人間..
by mikihana922 at 22:40
人間の為に実験用としての..
by kiyoko at 20:16
なんと残酷な実験なのでし..
by hanairomimi201 at 18:12
松風さん 私も動画・エ..
by oss102 at 10:43
hanairomimiさ..
by oss102 at 10:35
fuchanさん なに..
by oss102 at 10:32
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
整理下手
 引っ越しを機にすこしはスッキリと暮らしたいと気持ちを引き締めたが、やっぱりダメだ。
借りている図書館の本、メモノート・・藤のチェストにみんな入る・・筈。

ようやく入れたらすぐに必要になって出す。 ヤメタ。
e0001808_108499.jpg
朗読を始めてから6年目になる。朗読の原稿が溜まる。本からコピーしたもの、犬猫関係・震災関係・エッセー・・アオバトで使う原稿。杜の語り・住職さん関係。 ファイルにインデックスつけて整理したが、どうしても入り乱れる。 読んだら、見出しをつけたノートに施設ごとに日付を入れて記録する。

どこでなにを読んだかすぐに忘れるし、ノートに記録するのさえ忘れる。

気に入ったものは、また読むのだが、それも去年の何月に読んだものです・・と一応お断りする。
読んだ本人が忘れているのだから、聞き手はもっと忘れていると思うのだが、案外ところどころ覚えていたリするものだ。

資料はどんどん増えていく。私には整理できない。出しっぱなしが一番みつけやすい。

私の決意は高いタナの上となった。


e0001808_1083691.jpg

[PR]

by oss102 | 2016-03-19 16:00 | 朗読 | Comments(8)
Commented by あきの at 2016-03-19 18:48 x
わたしもあっちこっち、ただ突っ込んで、後で片付けようというのが、溜まりに溜まって音字ような感じになっています。生きている限りはこんなものでしょう。きっと。
Commented by さなえ at 2016-03-19 18:56 x
お仲間がいると嬉しい(^^)/
家族以外だれも入れずのマンションとなっておりますw。
Commented by fu-and-boro at 2016-03-19 19:17
整理整頓、一番苦手の分野でして…、
私もお仲間がいるようですので一安心しています。
みなさん、心強いですよ〜。
開かずの間が二ヶ所、もう救いようがないくらいの部屋になっています。
Commented by souu-3 at 2016-03-19 20:32
何かを遣っている以上 片づけられませんね。
突然 この世から居なくなると迷惑掛けるだろうと思いながら片づけられません。
Commented by oss102 at 2016-03-20 16:26
あきのさん
突っ込んであるのなら片付いていますね。私はしまうと忘れてしまうのです。
Commented by oss102 at 2016-03-20 16:28
さなえさん
お宅は立派な職業でかたづかないのですから、おおいばりですよ。私は生産性のない暮らしなのに、手広くおっぴろげているのです。
Commented by oss102 at 2016-03-20 16:29
fu-and-boroさん
まぁ、開かずの間・・・それだけ大きな家なんですね。
我が家は狭いから整理のできない、そのまんまです。
Commented by oss102 at 2016-03-20 16:32
souuさん
お宅は生徒さんの教室にもなっているんですね。
書道の世界もなにかと道具がいり、場所を取りそうですね。
でもご主人がいれば、片づける気になりましょうが、我が家は文句を言う人がいませんので、おっぴろげることになります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< お彼岸の思い出 雪かき道具 >>