仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
先日の鍵騒動の時、ベラン..
by あきの at 16:59
sakuraさん 1時..
by oss102 at 09:51
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:49
あきのさん そうなんで..
by oss102 at 09:44
私の訪問先でも飽きてくる..
by orientexp at 01:33
20分も聞いていると飽き..
by fu-and-boro at 19:24
8月は終戦前後の話などB..
by あきの at 18:44
あきのさん 私のブログ..
by oss102 at 09:29
sakuraさん あら..
by oss102 at 09:26
304さん 世代が変わ..
by oss102 at 09:23
sakuraさん まぁ..
by oss102 at 09:16
「一番の読者が自分」なる..
by あきの at 03:49
コメントを残したと思って..
by orientexp at 03:04
ここのところNHKで終戦..
by orientexp at 03:00
私は冷戦が終わった時に、..
by tmshanagn304 at 21:28
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
枕辺朗読のK子さん
 K子さんが、30日に亡くなったと後見人さんから電話がありました。

27日が鶴子さんの朗読当番の日でした。 いつもメールで報告しあうのですが、目がどんよりしていたと。ラジカセで音楽を聴いてもらったと。

30日は、私は会合の帰り道、K子さんの施設の部屋を見上げて帰っていたのです。
ちょっと顔出ししていきたいと思いましたが、4時を過ぎていて、買い物もあるし次回には・・と通りすぎました。 そのころだったんですね。

後見人さんの見守る中で、やすらかに逝けたそうで、本当によかったと思いました。93才でした。

いつかは誰にでももれなく来る日。あやかりたいなぁ・・と思うのです。

でもこの寂しさはなんなのでしょう。

2年前の夏、向田邦子のエッセーを笑い声を立てて聞いてくださった。
快活な表情・品の良い言葉、施設の人に対するユーモアのあるしぐさ・・たくさん学ばせていただきました。 

ありがとうK子さん。


e0001808_11524224.png

[PR]

by oss102 | 2016-05-02 16:09 | 朗読 | Comments(12)
Commented by あきの at 2016-05-02 17:39 x
亡くなられた方も、自分にこれだけ気持ちをつぎ込んでくださった人たちがいたということ、幸せだったと感じながら逝ったことでしょう。
Commented by souu-3 at 2016-05-02 19:33
素晴らしい方だったのでしょう。それだけに残されたものは寂しいですね。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by tmshanagn304 at 2016-05-02 21:57
K子さんとおっしゃる方、安らかな最後で良かったですね。93歳、長生きでした。ossさんもこれくらいは勿論、さらに長生き記録を更新されることを願っています。私がお目にかかるまでは死んではなりません。
Commented by orientexp at 2016-05-03 00:20
とてもすてきなひとだったのですね。
身近につながっていたひとですもの、寂しさはありますよね。
私も同じ経験をしました。これからもあるでしょうね。
でも、先輩方々から学びそのときの心構えを少しでも
考えることができるこのバランティアのありがたさを感じています。
Commented by kiyoko at 2016-05-03 08:02 x
穏やかな最期、こうありたいです。晩年の朗読にきっと癒されていらしたと思います。
↓コメントが二回になってしまい削除を試みましたが出来ませんでした。すみません消してください。
Commented by fu-and-boro at 2016-05-03 15:11
良い出会いでしたね。
これからも朗読の縁で色々な出会いがあると思います。
素敵な方だったのでしょうね。
ご冥福をお祈りします。
Commented by oss102 at 2016-05-03 17:26
あきのさん
周りの人を優しい気持ちにしてくれる方でした。
私たちのグループを見つけてくれた後見人さんも、「豊かな時間をありがとう」と言ってくださいました。
Commented by oss102 at 2016-05-03 17:30
souuさん
親のいいなりに籍は入れましたが、結婚生活に入る前に夫は戦地でなくなりました。それから一生涯夫の姓を名乗り、女学校の先生をしていました。子供はいないのですが、婚家先でも愛されたのでしょう。
Commented by oss102 at 2016-05-03 17:33
304さん
どのTVを見ても90才はゴロゴロいます。覚悟しなけりゃ・・・
立って歩けりゃいいのですが、どうぞ自転車に乗っていらしてくださいませ。m(__)m
Commented by oss102 at 2016-05-03 17:36
sakuraさん
こういう朗読をしていると、いつかはあうことですね。
どうしても気を入れるので、別れは分かっていても淋しいですね。
Commented by oss102 at 2016-05-03 17:39
kiyokoさん
楽しみしているといつも聞かされていました。もっと回数を増やしてとも言われてましたが、私たちも他にスケジュールが一杯で。
このコメント欄、とても鈍くなって忘れたころに出て来るので、どうしても2度押しになるようです。
削除は簡単にできますから、どうぞ気にしないでコメくださいね。^^
Commented by oss102 at 2016-05-03 17:43
fu-and-boroさん
2・30名の施設の方たちの中でも、なんとなく反応のいい人に目線が行って、笑顔を交わし合うこともあります。
マンツーマンだと、もっと情が移りますね。
穏やかな最後と知ってよかったです。
昨夜お通夜に3人でおまいりしてきました。
20人足らずの方たちでしたが、祭壇はすごく立派でしたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ネネのコンサート 平和絵本 >>