仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
黒柳徹子って浮いた話はな..
by さなえ at 16:55
あきのさん やっぱり家..
by oss102 at 13:31
この気持ち、ほんとによ〜..
by あきの at 16:19
さなえさん そうなんで..
by oss102 at 11:54
あきのさん 真っ白に見..
by oss102 at 11:51
松風さん もう一つの発..
by oss102 at 11:47
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:45
素晴らしい経験でしたね。..
by さなえ at 06:56
感激ものでしたね。やっぱ..
by あきの at 20:00
皆さんの努力で 素晴ら..
by 松風Ⅱ at 19:53
大きなお仕事が一つ終わり..
by mikihana922 at 19:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:26
304さん チョッチャ..
by oss102 at 21:23
松風さん なんといって..
by oss102 at 21:21
わたしも若い頃は遠慮もあ..
by fu-and-boro at 13:05
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
一日遅れのカーネーション

 昨日留守しているうちに不在通知の伝票が入っていた。
あぁ、長男からのカーネーションだ。 今日の昼になって届いた花は、やはりくたびれていた。

仕方ないよね。2日ほども車に揺られて陽もささない・水ももらえない。
それに今年は育ててやれないの。 ゴメンネ・・・

それでも、そのまま飾る気にもなれなくて、しおれた花をカットして、たくさんついているつぼみをひとつずつソッとつまむ。 ほとんどがカラッポの蕾。

固いつぼみだけ残して、液肥を入れたたっぷりの水をそそぐ。

冷涼な日差しを好むこの花を、内側のガラス戸だけあけて日に当てる。
ゴース越し・2重窓越し・・足場を歩く作業員の足が見える。

外のものを好むショウマなのに・・カーネーションのとがった葉先が好きなショウマなのに・・なぜか見向きもしてくれない。

なんとか2ショットを撮りたくて、無理に首をつかんで近づけたら、私の手まで写ってしまった。

フウロは若い時、届いたばかりの葉をかじり、花をかじり、丸坊主にしてくれたことがあった。
そのときのカーネーションは、見事にたくさんの大きな花を次々見せた。

それで覚えたカットカット・・フウロ・・懐かしいよ~・・・


e0001808_152927.jpg

[PR]

by oss102 | 2016-05-09 15:03 | いとしの花たち | Comments(12)
Commented by souu-3 at 2016-05-09 17:03
工事中でしたね。長い期間大変ですね。
それにしても思い出すのはフウロちゃん!
そう、思い出さないと!イヤ忘れてる訳ではないですね。
Commented by fu-and-boro at 2016-05-09 18:21
枯れる前の届いてよかった。
わたしのめのまえにもくたびれたカーネーションがあります。
昨日、手渡しで息子からのプレゼントは最初からくたびれていた。
息子には言えません、選んで買ってきてくれたのだから。
見た目は素晴らしくいい花ですがやはりスカスカ感があり。
私も折を見て坊主に挑戦します。
フウロちゃんやっちゃたのですね、私もボロを思い出します。
Commented by あきの at 2016-05-09 18:51 x
綺麗なピンク色。何を見ても思い出す家族だったフーロのこと。きっとショーマも同じことを思い出していたのでは〜。
Commented by tmshanagn304 at 2016-05-09 21:24
カーネーションを送ってこられるご長男は粋な方ですね。
私は親にそのようなことをしたことがありません。
Commented by kiyoko at 2016-05-10 08:39 x
あらら、、フウちゃんは生きのよい葉が好きなんですね。フウチャンがどこかで見ていて復活させてくれるかもしれません。
Commented by hanairomimi201 at 2016-05-10 08:49
母の日のカーネーションでフウチャンを思い出し・・です。
ショウマちゃん・キョトンとした眼が面白いです
教えていただいた通り私も自分で買った売れ残りのカーネーションを何年も咲かせました^^
Commented by oss102 at 2016-05-10 14:37
souuさん
やはりなにかと思い出します。いろいろいたずらやってくれましたから。今度壁の強度を計るとかで、壁をガンガン叩く音がすると建設会社からお知らせがありました。
ビビリふうろがいなくてよかったです。^^
Commented by oss102 at 2016-05-10 14:40
fu-and-boroさん
息子さんは鉢花の鮮度が見分けられないのですね。^^
お宅は陽射しがタップリですから、冬も越冬できて何年でもたのしめますよ。まぁ、毎年の事ですから増えるばかりですけど。
Commented by oss102 at 2016-05-10 14:41
あきのさん
ショウマはかなり甘ったれになりました。いつもひっついていた相棒がいなので、無理もありませんね。
Commented by oss102 at 2016-05-10 14:43
304さん
私よりは若いとはいえ昔の事ですからね。しないのが普通ですよ。私は高校生の時庭のタダの水仙を飾りました。
そしてお母さんありがとう・・・と。^^
Commented by oss102 at 2016-05-10 14:45
kiyokoさん
こちらに持ってきたカーネーションはもう処分してしまいましたが、それはよく引っ張ってカミカミしてました。^^
これは活きが悪かったのかなぁ・・見向きもせずを強制的に、やらせ画像でありました。
Commented by oss102 at 2016-05-10 14:47
hanairomimiさん
そちらでは何年も咲かせることが出来ますね。さぞ大株になったことでしょう。しかも翌日の半額商品だったはず。^^羨ましい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ゴミ拾いと花見とごちそう そんなことしてたら・・・ >>