仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:32
松風さん 10年目にな..
by oss102 at 09:29
kiyokoさん 漱石..
by oss102 at 09:25
souuさん ありがと..
by oss102 at 09:22
あきのさん 新聞で出会..
by oss102 at 09:18
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:15
おめでとうございます。 ..
by fu-and-boro at 08:51
学年は一緒でも ブログ..
by 松風Ⅱ at 23:26
おめでとうございます。1..
by kiyoko at 19:49
おめでとうございます。 ..
by souu-4 at 17:49
もうそんなになるのですか..
by あきの at 17:32
おめでとうございます ..
by hanairomimi201 at 16:37
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:19
304さん 60度あっ..
by oss102 at 10:17
あきのさん sakur..
by oss102 at 10:15
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
蜘蛛の糸

 今日は近くの施設で朗読ボラの日です。今、アオバトで朗読の資料にしている「蜘蛛の糸」を読んできました。 昔小学校だったか、教科書に載っていたと思うのですが。

施設のみなさんも「知ってる・知ってる」という顔で頷いていました。
メリハリの利いた読みやすい文章ですね。

他に民話「乞食がくれた手ぬぐい」をひとつ・・いま大人に絵本をよみ聞かせるのがブームです。と先日の大人の読み聞かせの会合の様子など話してきました。

よい本がたくさんある。感動がストレートに来る。子供の物だけにしておくのは勿体ない。
みなさんも、ご家族の昔の本があったら、ぜひ持ってきてもらって読んでください。

文字も大きく、絵もきれいで楽しいですよ・・とアピールしてきました。

むかし、昭和31年の新婚のころ、なにかと差し引かれた1万円ほどの給料のころ。社宅に定期的にくる乞食がいました。そのとき出す10円がとても惜しくて、たまに「ない・・」と断ると、ドアの外にツバを吐いて出てくのです。 今は乞食がいなくなりましたね・・とそんな話も。

みなさん、思いあたってウンウンと頷いてくれましたよ。


e0001808_13445724.png

[PR]

by oss102 | 2016-06-20 13:45 | 朗読 | Comments(12)
Commented by hanairomimi201 at 2016-06-20 15:34
蜘蛛の糸は何度も読後感想文に利用しました^^
去年の夏には娘の中学生の息子にもそれを読ませて書かせました^^

私の子供時代でも物乞いの人が回っていました・・
虚無僧の格好をした人もきました。母が「お通り・・」というのがNOの答えだったようでした
5人もの子供がいてそれどころではなかったのでしょう
Commented by oss102 at 2016-06-20 16:52
hanairomimiさん
「お通り・・」なんて。さすが歴史ある関西ですね。
私の新婚時代にも、その乞食たちは、結構贅沢な暮らしをしている、という噂を聞きました。 なおのこと貴重な10円は出す気になれません。でもあんまり無視して嫌なことされたら・・玄関にいつも鍵をかけてました。

読後感想文、どんなでしょう。ブログにアップしてくださいよ。
Commented by tmshanagn304 at 2016-06-20 20:53
クモの糸とは芥川の小説ですか?読んだように思います。
乞食はいませんでしたが、傷痍軍人らしき人が近所の橋の上でお金を求めているのを見ました。昭和20年代,戦争はズ〜と昔のことだと思っていましたが、まだ[つい先日」のことだったんですね。
Commented by fuchan_k at 2016-06-20 21:21
蜘蛛の糸、遠い記憶の彼方ですが
読んでみたくなりました。
乞食は、3日やったら止められないと
言われていましたね。
ツバを吐きかけていくとは、なんて罰当たりな。
Commented by orientexp at 2016-06-21 00:38
10,000円の給料で、出来たんですよね。大変だったけど。
私のところでは、「蜘蛛の糸」は読んでいませんが、
今度挑戦してみようかしら?
民話「乞食がくれた手ぬぐい」は以前読みました。(^^)
Commented by あきの at 2016-06-21 04:58 x
終戦すごのころ10円札がありました。
あれを「北国」と模様ができているなどと言って、みんなで見たことありませんか?
Commented by souu-3 at 2016-06-21 16:30
良いお仕事ですね。喜んで下さる方があり 喜んで、楽しんで
読めると張合いがありますね。
食べる事も喜んで食べてくれる家族があってこそ作れるのですものね。
Commented by oss102 at 2016-06-21 19:11
304さん
傷痍軍人、いました。松葉杖をついて白衣を着て・・あれにも偽物がいると言われていました。遠い昔ですが、まだ生きている人間の記憶の中にいます。
施設の人たち、わたしよりず~っと若い人たちが何人もいます。
病気は仕方ありませんね。
Commented by oss102 at 2016-06-21 19:15
fuchanさん
ツバを吐きかけて行ったくせに、またしらんふりしてくるのですよ。だれだったかな・・・田舎で母親が、物乞いには、断ってはならない・・といつも子供たちに言い聞かせて、なにかかにか食べ物をあげていたと・・本で読みました。
でもツバを吐いていくやつには、貴重な10円はあげたくなかったです。
Commented by oss102 at 2016-06-21 19:18
sakuraさん
蜘蛛の糸は、検索すると朗読もでてきます。繰り返しくりかえし教科書に載ったとあります。メリハリが利いた文章でよみやすいですよ。
乞食がくれた手ぬぐい・・・私は10円もケチるのですから、この手ぬぐいでもきれいになれません。おかみさんのように馬になってヒヒン・・と。(´◉◞౪◟◉)
Commented by oss102 at 2016-06-21 19:19
あきのさん
10円札ですか・・記憶にないです。引き揚げ者の酷い暮らしで、みたことがなかったのかも。
Commented by oss102 at 2016-06-21 19:23
souuさん
以前朗読の先生が、舞台には何が必要か?と言って、俳優・舞台・そして観客・・この3つがないとお芝居にはならないと、いわれてなるほどと思いました。居眠り半分の施設で、一人でもこちらをまっすぐ見て、反応してくださる人は、励みになります。
年をとってもこういう役に立つ、ことは出来るんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ブログ12年目へ クマ牧場で >>