仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
大仕事が終わってご苦労様..
by あきの at 16:06
さなえさん あんな風に..
by oss102 at 11:24
黒柳徹子って浮いた話はな..
by さなえ at 16:55
あきのさん やっぱり家..
by oss102 at 13:31
この気持ち、ほんとによ〜..
by あきの at 16:19
さなえさん そうなんで..
by oss102 at 11:54
あきのさん 真っ白に見..
by oss102 at 11:51
松風さん もう一つの発..
by oss102 at 11:47
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:45
素晴らしい経験でしたね。..
by さなえ at 06:56
感激ものでしたね。やっぱ..
by あきの at 20:00
皆さんの努力で 素晴ら..
by 松風Ⅱ at 19:53
大きなお仕事が一つ終わり..
by mikihana922 at 19:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:26
304さん チョッチャ..
by oss102 at 21:23
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
鍋物のはじまりはじまり・・
 部屋はまだ20度以上あるので、ストーブはつけない。でも外の空気が冷たいから、じっとしているとウソ寒い。

この秋、初のシャブシャブをした。うまい!! 食事当番のネネは、暑い暑いと膝上までスエットの裾をまくりあげる。

二人並んで真央ちゃんのスケートと日ハムの試合を、CMごとに交互に見る。う~ん、どちらもカンバシクナイ・・・真央ちゃんは、ひと頃のオーラを失っている。日ハムは大谷を出してもやっぱりダメだ。

足を投げ出している4本の大根には、必ずショウマはネネの方へ行く。私を乗り越えていく。
体温も太さも違うのだ。 誰もいないときは毛布やベットの上で寝るが、潜るということを知らない。 こっそり、毛布の下にホカロンを入れておくが避けて寝てる。

これは、私だけの足しかないとき・・・鼻先まで埋めて温まろうとするショウマ。
e0001808_13265031.jpg

私は早くもユニクロのヒートテックのスパッツであります。
お見苦しいものをごめんあそばせ。

[PR]

by oss102 | 2016-10-24 16:00 | 食べ物 | Comments(7)
Commented by あきの at 2016-10-24 17:55 x
わたしもこたつをつくりました。足が暖かいと楽なので。やはり外は寒くなりました。
Commented by kiyoko at 2016-10-24 18:55 x
ショウちゃん安心してねてますね。風も夜中に温度が下がってくると布団にトントンして入ってきます。
Commented by さなえ at 2016-10-25 07:20 x
まあ、若々しいアンヨ。室内は20度程度なのに靴下もはかないなんて!室内25度だけど、一回り以上年下だけど、すでにボア付き室内履きであります。
Commented by oss102 at 2016-10-25 13:02
あきのさん
いままで暑いと、急に低温になると寒く感じるのですね。
もうオコタとは・・落ち着くでしょうね。イイナはさすが入らないでしょう? ネコならもぐりますね。
Commented by oss102 at 2016-10-25 13:05
風ちゃん、トントンってノックしてくるの?^^
ショウマも私が布団に入るともぐってきます。自分だけではもぐらないのよね。万年床なんだから潜ってくれると冬は安心なのですが。
旦那様、もう洗いものはしないなんて、ここで強く押さないと・・しつけ方が弱いなぁ・・(^◇^)
Commented by oss102 at 2016-10-25 13:09
さなえさん
私は家にいるときはロングドレス・・ロングアパッパというべきか。ウエスト押されるのが辛くて@@。靴下もちゃんと履いてます。このときは鍋もので暑くなったの・・・ショウマだけ鍋物たべないから寒いのよ。
Commented by 松風Ⅱ at 2016-10-25 13:30 x
一人鍋の侘しいこと、
だから私は「友だち鍋」です
炬燵を欲しいと思いますが
無精者に炬燵は禁物、
じっと我慢の子を続けています
ユニクロヒートテックのスパッツはは
なくてはならない防寒用品ですね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< わらび ヘミングウエイの猫たち >>