仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
この気持ち、ほんとによ〜..
by あきの at 16:19
さなえさん そうなんで..
by oss102 at 11:54
あきのさん 真っ白に見..
by oss102 at 11:51
松風さん もう一つの発..
by oss102 at 11:47
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:45
素晴らしい経験でしたね。..
by さなえ at 06:56
感激ものでしたね。やっぱ..
by あきの at 20:00
皆さんの努力で 素晴ら..
by 松風Ⅱ at 19:53
大きなお仕事が一つ終わり..
by mikihana922 at 19:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:26
304さん チョッチャ..
by oss102 at 21:23
松風さん なんといって..
by oss102 at 21:21
わたしも若い頃は遠慮もあ..
by fu-and-boro at 13:05
「自由に外出も出来ない」..
by tmshanagn304 at 21:13
一人になってよかったと思..
by 松風Ⅱ at 16:38
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
義足
e0001808_13414146.jpg 義足の世界も進んでいますね。
パラリンピックを見ていて、義足や車椅子の進歩が成績を左右するなと思っていました。

少し前ですが、オリンピックの中で、一人義足の人がいて1位をとり、問題になったことがありました。

ジャンプだってバネの良し悪しで成績が左右します。

優れた義足作りの技術者が、遠い沖縄の人の義足のデザインも3Dで送られる世の中。ありがたいことですね。

この技術者は、眠ったり食べたりしないのかな・・と思うほど仕事に打ち込んでいます。
そうしてスポーツ用の義足もそれぞれに合わせて作っていきます。

大量生産のできない世界です。怪我の具合もそれぞれ違います。

歩行用の義足は国から補助が出ますが、スポーツ用には、スポンサーでもつかないと本人負担です。
それでも、使われなくなった義足からパーツを集めて、工夫して作るのです。

義足のファッションショーも開かれました。ミニスカートがはける義足もつくりました。

スポーツチームも立ち上げてます。だれに気兼ねのない義足同士のスポーツ仲間との交流は、さぞ楽しいことでしょう。ここに至るまでの苦しみ悲しみを、みんなが持っているのですから。

以前は交通事故による切断が多かったのですが、最近は高齢化で血流が悪くなっての切断の方が多くなっているということです。 

今年8月の出版で、子供たちにも読んでもらえるように、分かりやすく大き目の文字で書かれています。

[PR]

by oss102 | 2016-10-31 14:03 | | Comments(4)
Commented by kiyoko at 2016-10-31 19:09 x
パラリンピックを見ていて戦争で怪我をした人たちはこんなに進化した義足の恩恵を受けていないだろうなと思いました。
Commented by あきの at 2016-10-31 20:24 x
今、プロフェッショナルで義足のロボットの話を見てきたばかり。これからもっと進みそうで、メガネと同じような使い感覚になればと研究者たちは思っているようです。
Commented by oss102 at 2016-11-01 13:45
kiyokoさん
戦争中は傷痍軍人として、白衣の軍人さんは尊敬されました。
戦後は、白衣姿で街頭で物乞いの姿でした。
政府は何にもしなかったんですね。

ふうちゃんの怖いあくび・・ジャガイモと遊ぶ姿、みんなみんな飼い主には最高の写真ですよ。
あくびはキバをみんな見せるから、本当に怖い顔になります。
肉食だぞ~って顔ですね。^^
Commented by oss102 at 2016-11-01 13:47
あきのさん
私も見てましたよ。本を読んでからみると、また別の世界も見えてきて、嬉しかったです。
あの整理ロボットも面白かったですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 紅葉 野菜がこんなに >>