仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
帰って来るとき成田空港の..
by orientexp at 05:51
最後はウルウルです。 ..
by orientexp at 05:35
将棋も碁もAIには勝てそ..
by tmshanagn304 at 21:08
さなえさんの言われるよう..
by あきの at 19:30
人工知能と言えば、今は少..
by さなえ at 19:02
hanairomimiさ..
by oss102 at 11:44
あきのさん こんな話は..
by oss102 at 11:43
犬はホントに献身的に人に..
by hanairomimi201 at 09:53
やはり犬は人間に近い動物..
by あきの at 02:47
さなえさん 以前に写真..
by oss102 at 13:26
isihanaさん ま..
by oss102 at 13:20
mikihanaさん ..
by oss102 at 13:18
kiyokoさん 私も..
by oss102 at 13:14
hanairomimiさ..
by oss102 at 13:12
この話どこかで聞いたこと..
by さなえ at 11:09
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カラオケで
 1月~3月までは、札幌から来てくださる先生が大変なので、アオバトの朗読勉強会はお休み。
お休みの間、我々6名で自習をしようじゃないかと話がまとまった。

e0001808_9444249.jpg昨日午後からカラオケに集合。

発声練習などして、12月発表会予定のテキストを読む。
間違えばご愛嬌・・先生がいないとのびのび・・悪く言えば緊張感が足らん。^^
オヤツ食べたべ和気藹々、2時間はすぐに経って終了。お一人様510円。 
次回は、第3金曜日。 
e0001808_9535645.jpg
三井銀行後が、ニトリの美術館になるという。

それまでの幾日かを日替わりで、ショップが出される。みんなで見にいくことにした。

雪明りに入った街の観光街は人であふれかえっていた。なにせ狭い道で雪山もあるから、すぐにあふれかえるのだ。

中は素敵なグッズでムードがよろしい。でも見るだけ・・
e0001808_1011490.jpg

スーパーに寄って、手抜きの恵方巻を買い、5時近くに帰ったら1万歩を越えていた。

ショウマは待ちくたびれて、ピカピカに舐めた皿が斜めに落っこちていた。

[PR]

by oss102 | 2017-02-04 16:00 | 朗読 | Comments(6)
Commented by あきの at 2017-02-04 20:38 x
まあ、いい会を持っていますね。自分たちで勉強会など、勤勉です。三重丸。(^o^)
Commented by orientexp at 2017-02-05 02:23
カラオケボックスで勉強会ですか、良いですね。
こちらでは、個人での勉強会は無いです。
お互い遠くに離れているので、私は月いちの集まりにも出かけません。
ニトリ美術館では、どんな作品が並んでいるのですか?
5月に日本へ行き、6月にそちらへ行く予定です。
行ったら出かけてみたいですね。(^^)
Commented by hanairomimi201 at 2017-02-05 09:46
ショウマちゃん・・一人でお留守番でしたか。
ピカピカのお皿で待ってたのが分かっていじらしいですね
ママさんは有意義な時間を過ごして・・一万歩スゴイ・・
私は毎日一万歩はタイヘンです・
Commented by oss102 at 2017-02-05 11:58
あきのさん
その会ごとにリーダーを決めないと、なんとなくただ、テキストを読み合うだけで流されてしまいます。
まぁ、初回ですから、なんとか工夫してみます。
Commented by oss102 at 2017-02-05 12:03
sakuraさん
まぁ、ようこそ。5月はよい季節ですね。
ニトリは、ばんばん美術館を作っています。儲けを税金のかからない世界に注ぎ込んでいるようです。
私はまだ行っていませんし、この三井銀行は、これから美術館になります。時間があればご一緒しましょうね。
我が家もニトリ製品のお世話になっています。(^^♪
Commented by oss102 at 2017-02-05 12:06
hanairomimiさん
私の年では、1万歩は疲れます。体によいのは精々5千歩くらいと踏んでいます。雪道は疲れますしね。
ピカピカお皿を見て可哀そうでしたよ。じ~~っと待つだけのネコです。ときどき小さく鳴きます。^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< もらいもの・・・あげるもの 忘れられる権利 >>