仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
帰って来るとき成田空港の..
by orientexp at 05:51
最後はウルウルです。 ..
by orientexp at 05:35
将棋も碁もAIには勝てそ..
by tmshanagn304 at 21:08
さなえさんの言われるよう..
by あきの at 19:30
人工知能と言えば、今は少..
by さなえ at 19:02
hanairomimiさ..
by oss102 at 11:44
あきのさん こんな話は..
by oss102 at 11:43
犬はホントに献身的に人に..
by hanairomimi201 at 09:53
やはり犬は人間に近い動物..
by あきの at 02:47
さなえさん 以前に写真..
by oss102 at 13:26
isihanaさん ま..
by oss102 at 13:20
mikihanaさん ..
by oss102 at 13:18
kiyokoさん 私も..
by oss102 at 13:14
hanairomimiさ..
by oss102 at 13:12
この話どこかで聞いたこと..
by さなえ at 11:09
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
雪明りと朗読

 夜の外出は苦手な私ですが、雪明り協賛のミニ朗読会に行ってきました。
6時開演に向けて、5時に家をでて、ブラブラと必死に?に足もとに気をつけながら、先ず、北一の美術館のゴッホのモザイク展を・・・夜の街は、外国人などの観光客にあふれていて、高齢化した街に活気をもたらしてくれています。

珍しくこの時期に雨や雪も降らず、よい天気でしたが、やはり暖気はきて道路は洪水のようになってます。

e0001808_15301137.jpg モザイクとは、漆喰に大理石や色ガラスなどのテッセラ(小片)を埋め込み、壁画や床などを装飾する芸術で、紀元前、4千年まで遡るということです。
中々迫力がありました。

中世の貴族の服装をする、仮想撮影会も千円で・・中々繁盛してるようでした。
若かったらな~・・・

朗読は文学館の小さい部屋で、約20人ほどがきてました。
e0001808_15403231.jpg雪に関する絵本を読むのですが、こうして絵本をめくりながら、絵本の文字を読むので、声がとどきません。

語りのリーダーも聞きに来ていたのですが、やはり聞かすには声量不足だったと・・・録音室でCDに吹き込む場合は、普通の発声の方が、情感は伝わるのですが、やはり後ろまで声がとどく・・聴衆に聞かせる朗読でほしかったとザンネンに思いました。
e0001808_15492194.jpg
文学館横の広場には屋台や苦心の雪像が・・・
e0001808_15502039.jpg
 こうして道路の両側に・・・天狗山頂にも温泉街にも、それぞれオリジナルな灯りがともるそうです。久しぶりの雪あかり見物でした。

[PR]

by oss102 | 2017-02-11 16:26 | 朗読 | Comments(6)
Commented by あきの at 2017-02-11 17:27 x
良い機会がもてましたね。綺麗さはなんだかわかるような気がします。北国ならではの美しさでしょう。
Commented by mikihana922 at 2017-02-11 21:41
雪国の夜の景色には風情がありますね。
ご不便もあるかとは思いますが・・・。

貴族の写真、十分今でもいけます。
お顔も隠しても、ちょっと見てみたかったです。^^

朗読お疲れ様でした。
小さいお部屋でも、生の声を後ろまで
通すのは大変なのですね。
Commented by hanairomimi201 at 2017-02-12 09:04
今年はどこも雪が多いようで北国のイベントは盛り上がっているでしょうね
ほんのりした手元の本を読んでいるシーンは幻想的です
Commented by oss102 at 2017-02-12 10:20
あきのさん
毎年、札幌雪まつりとともに、雪不足だの雨降りだのと
関係者は気を揉みます。今年は比較的おだやかでよかったです。
Commented by oss102 at 2017-02-12 10:23
mikihanaさん
イエイエ、むりむり・・いくら顔をかくしてもウエストが入りません。(´;ω;`)ウッ…
朗読はただ、読んでいるというだけで、会場みんなの人に
語りかけるという気持ちが受け取れませんでした。
あまり練習の時間がなかったのでは。
Commented by oss102 at 2017-02-12 10:26
hanairomimiさん
色々な絵本グッズがあるのを知りました。
巻物風に、光を当てた絵を引っ張っていくのです。
それに気をとられて、客に背をむけてモソモソの声でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 保護猫と・・・ 足がホテル >>