仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
あきのさん トマトスー..
by oss102 at 10:38
souuさん もう3度..
by oss102 at 10:37
さなえさん 同行者がい..
by oss102 at 10:32
mikihanaさん ..
by oss102 at 10:29
ごちそうさまでした。すっ..
by あきの at 17:35
こちらでも急に温度が替わ..
by souu-4 at 16:43
感服です。スゴイです。8..
by さなえ at 15:36
絶景ですね~~。 それ..
by mikihana922 at 11:56
松風さん 昨夜から左足..
by oss102 at 09:47
304さん 若いころス..
by oss102 at 09:43
お元気ですねぇ とは言..
by 松風Ⅱ at 03:37
場所は地図で確認しました..
by tmshanagn304 at 22:51
あきのさん 日本海の積..
by oss102 at 20:43
kiyokoさん 今日..
by oss102 at 20:41
読んだだけこちらまで疲れ..
by あきの at 19:04
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ゆうパックで納骨を
 昨日の郵便受けにこんなチラシが入っていました。
e0001808_1127388.jpg

ネットで申し込める法事のお坊さん・・など驚いてましたが、今度は遺骨の発送を(ゆうパック)で無料受付けです。

お墓の世話はできないけど、なんらかの形にして気持ちのすむようにしたい。
そういう方たちの気持ちの受け皿が、いろいろな形で出てきます。

外国で子供さんが暮らしている家族も、珍しくなくなってきました。

私は、ちっとも死んでからのことは気にしないタチなんですが、こういう多様性のある世界をありがたく思います。

[PR]

by oss102 | 2017-03-08 16:00 | 日々のこと | Comments(16)
Commented by hanairomimi201 at 2017-03-08 16:22
ついにお骨も郵便で・そんな時代になったのですね
確かにお墓のことは昔とは違ってきています
世界も広くなってきましたので生きているうちに話し合っておいた方が良いということですね。
チラシの中で驚いたのは何年もお骨を家に置いている人があるという一文です。
Commented by 松風Ⅱ at 2017-03-08 16:38 x
おどろき もものき さんしょのき
便利といいますか
とんでもないことと云いますか
外交文書もツイッターで済む世の中になって
大変な時代になりました
Commented by kiyoko at 2017-03-08 17:43 x
お墓の事情もずいぶん変わってしまいましたね。我が家は昨年墓地を購入して取りあえず私の行くところは決まりました。

風は立派すぎる女性に成長しました。乗られると重いです。
Commented by あきの at 2017-03-08 18:28 x
これを知って安心。ほんとうにいよいよ死が迫ると思うとほんとうに迷います。自分だけで解決できないから迷います。
Commented by tmshanagn304 at 2017-03-08 20:52
私は元々墓を造らないつもりでいます。
両親の遺骨は寺に治めました。私の場合もそうするように子供に話ています。
Commented by fuchan_k at 2017-03-08 21:19
遺骨も荷物として扱えるとはビックリ!です。
子供たちに迷惑をかけたくないからと
一代かぎりのお墓を持つことも増えているとか。
何でもありの時代って良いですね。
Commented by orientexp at 2017-03-09 03:27
少子化など時代が変わってきているので、
それに合わせて世の中の仕組みが変わっていくのはしかたのないことですよね。
↓コメント残しました。(^^)
Commented by さなえ at 2017-03-09 12:04 x
oss102さんの方が私より遙かに時代の先を行っているようです。
実は元亭の骨壺をクローゼットに入れっぱなしです。中身は息子がカナダ、ブラジルその他で撒いてきたので空っぽですが、どうしてよいやら。私は前妻でもないのに。ヤツの葬式用の巨大な写真もあります。ゴミとして捨てれば良いのですが踏み切れません。お寺に持っていくには大きすぎ、重すぎだし、供養のかなりの費用を負担するのは嫌だし筋違いです。子供たちも皆嫌がります。自業自得なんですが哀れです。
Commented by oss102 at 2017-03-09 18:09
hanairomimiさん
何年も自宅に・・他の本を読んでも、そういう事例は多いようですよ。 愛着があってそうしたのか、お墓がなくてそうしているのか。ある意味フンギリが必要でしょうね。
Commented by oss102 at 2017-03-09 18:11
松風さん
大半が、子供もいて、孫もいて・・という時代ではなくなりました。
お墓の態様も多様になってきますね。
選べるのはありがたいです。
Commented by oss102 at 2017-03-09 18:14
kiyokoさん
お墓作られましたか。そのお墓をまもってくれる家族が
いるということですね。今まではそれが普通でしたが。
お葬式もこれほど様々な形がでてきた世の中。
お墓の考え方も選べるようになりました。

風ちゃん、どっしりみっしり、女盛りです。^^
Commented by oss102 at 2017-03-09 18:15
あきのさん
あきのさんはお子さんやお孫さんがたくさんいらっしゃいますから、お任せでいいんじゃないですか。
死後、あれこれ指図する気はないのですが、困らないようにとは思っています。
Commented by oss102 at 2017-03-09 18:17
304さん
お寺で管理ですか。それがお手入れの心配もないでしょうね。
Commented by oss102 at 2017-03-09 18:18
fuchanさん
色々出てきますね。選べるということはよいことです。
散骨だって、色々規定があって面倒そうですよ。
Commented by oss102 at 2017-03-09 18:21
sakuraさん
sakuraさんのように外国でくらすケースも多いですよね。
従来の形でのお墓の管理はむりです。
↓、のコメントはみなさんと一緒にして、着順のお名前で書いています。m(__)m
Commented by oss102 at 2017-03-09 18:26
さなえさん
元亭さんのお写真・・からの骨壺・・あれ、まぁ・・情の深いこと。
御気のすむようになさいませ・・と他人の言葉です。(^◇^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< マイナス8・7度の山頂で 小樽の海辺で >>