仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
市内ウオーク  2
e0001808_11234752.jpg アチコチ明治時代の写真と照らし合わせながら説明を聞き、オルゴール堂の手前の道に出ました。

この3本木急坂は、今は20度くらいの斜度ですが、昔は60度もあったそうです。60度って転げ落ちますよね。開発が進んで40度に削りましたが、周辺の家は家の前が崖になりますから大変。
その後、大火事で焼けた家は、役所に「もう絶対に道路は削らないか?」と聞くと「もう削らない・・」と。 それで家を建てたのに、そのご、また20度も削って、住民は大変怒ったと・・
それでも、昔のことで、発展が大事と丸め込まれたのでしょうか。

私のマンションからも、天狗山や対面の山の中腹にまで家が望見できますから、人口がドンドン増えて山へ山へと住まいが増えていったんですね。

e0001808_11371450.jpg3本木急坂をすこしのぼると左折して、有名な海陽亭です。石原裕次郎がお父さんに連れられて宴会に出たところですね。
見学だけで千円しますので、我々は外見だけです。

e0001808_11403283.jpg





また、少し上がると歴史的建造物の猪俣邸です。
前庭脇にはこんなしめ縄の木が。

今度は住吉神社の芭蕉の句碑へ・・というところで、中止にして折り返しました。12時を20分もすぎて、上り坂はきつくなりました。 解散場所へと・・途中の夢二邸の前には3台も大型観光バスです。
外人さんが多いですね。

グリーンロードの緑地帯で体操して、ごくろうさんでした。
いつも目先のことしか見ていない街を、改めて見直しさせていただいて、また視点が増えたようです。 お世話いただいた役員の方々、ありがとうございました。m(__)m

8000歩あまりでした。疲れました。あぁ、さくらさんは何万歩でしたっけ。

[PR]

by oss102 | 2017-06-21 16:00 | 運動 | Comments(12)
Commented by orientexp at 2017-06-21 18:08
市内ウオーク楽しそうですね。
私たちも最後尾は大変です。
小樽も外国人の観光客が多いですねよね。

鶴子さん、若いですね。それに活動的で達筆。
よろしくお伝えください。
ここのところグタグタしています。(::)
Commented by hanairomimi201 at 2017-06-21 19:19
見守りの命を受けてのウォーキングはお疲れになったでしょう
でもお元気さには感服です・・
オルゴール堂とオルゴール館とは別物なのですか?
猪俣邸は素晴らしい建物ですね
Commented by kiyoko at 2017-06-21 19:29 x
市内の事でも意外と知らない所やいわれなど驚くことがあったりします。藤沢も宿場町だったのでいろいろ面白い歴史があるのに知らないで暮らしていますね。
Commented by あきの at 2017-06-21 20:40 x
住み慣れた街が新鮮でしたね。
それにしても最後の1行、良い感想でした。(^O^)
Commented by tmshanagn304 at 2017-06-21 22:27
8000歩、お疲れさまでした。
60度は坂ではなく崖ですよ。
小樽は裕次郎とか夢二とか有名人が関わっていますね。

この月末に札幌へ行きますが家人同伴なので自転車は持っていけません。残念です。
Commented by fu-and-boro at 2017-06-22 09:50
歴史を見ながら、聞きながらのウォーキング、いいですね。
知っているつもりでもいざとなるとわからないことが多いです。
札幌の建物も一度見て回りたいな〜…、
オトンも札幌在住70年ですので少しは知っているようですが当てにならない。
時計台の中に入ったのは私と一緒に10年ほど前に一度だっけと聞いてそんなものだと思いました。
Commented by oss102 at 2017-06-22 10:01
sakuraさん
明日鶴子さんに会えますので伝えます。(^◇^)
私は花をみたり、自分の興味を優先したい我儘タイプ。
困ったもんです。sakuraさんも最後尾をやったことがあるんですね。^^
Commented by oss102 at 2017-06-22 10:08
hanairomimiさん
オルゴール館は幾つもあるので、どれをいうのかはんぜんとしませんが、オルゴール堂は、時々ボ~~っと蒸気を上げてデモしている角にあるのを云っています。六花亭の近くです。
猪俣邸は以前娘と建物の中まで見学したことがあります。
雨どいなんかも素敵でした。
Commented by oss102 at 2017-06-22 10:11
kiyokoさん
そうですね。そこで暮らしていれば、そんなものです。
かえって観光客の方が詳しいかも。
私も小樽の住民になってから32年もたちますが、ワンパターンの行動で、さっぱり分かりません。
Commented by oss102 at 2017-06-22 10:15
あきのさん
sakuraさんは普通じゃないです。私が普通人間です。(^◇^)
ちょっと知識をもらうと見方も違ってきますね。
わが家の以前の家だって築85年でしたから、レンガ造りが100年経ってもびっくりはしません。でも古いレンガの色は素敵です。
Commented by oss102 at 2017-06-22 10:17
304さん
60度あったなんてほんとかな?雪道なんて馬橇も通れませんよね。
奥様とフルムーン旅行。お天気に恵まれますように・・お楽しみくださいませ。
Commented by oss102 at 2017-06-22 10:19
fu-and-boroさん
住んでいれば、中々観光気分にもならず、案外知らないことばかりですよね。去年ウオークで北大構内を見学しましたが、新鮮でした。時計台も中に入ったのはもう、何十年も前のことです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ブログ発足記念日 13年目へ 市内ウオーク >>