仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
配達
 マンションに越してきてから配達に気を遣うようになった。業者は、階下のチャイムを鳴らしてホールのドアを開けてもらって、各部屋へと運ぶ。

配達してもらうくらいだから、おもい発泡酒2箱とか、培養土・レンガなどだ。エレベーターに載せるために5段の階段がある。配達の人は女性のときもある。
この階段が、大改造のときにスロープにしてくれたらどんなによかったか。足の悪い人もふえてるのにねぇ。

午前とか午後とか在宅時間に指定するが、無駄足させてしまうこともある。
娘の部屋へはチャイムも電話も聞こえない。 私がいたってトイレに入ったり、ベランダで作業をしていては聞こえない。 

何度も来てもらうのは気の毒と思う。

もうすぐ車を放す日も近い。配達が多くなる。落ち着かない時間が増えそうだ。
        
          いま園芸作業中なの・・・

e0001808_10551351.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-07-03 16:00 | 日々のこと | Comments(11)
Commented by あきの at 2017-07-03 18:07 x
わたしはチャイムで犬が吠えるのが気がかりです。だからなるべく配達のあるものは買わないようにしています。
Commented by kiyoko at 2017-07-03 19:16 x
今はスーパーの買い物も配達をしてくれて便利ですが業者は大変ですね。重い物が多そうですものね。
先日は孫の修学旅行も学校で一括して荷物は宅配でした。ビックリしました。
Commented by tmshanagn304 at 2017-07-03 21:54
確かに落ち着きませんね。配達時間の大凡の指定は出来ませんか?そうでないと四六時中、忍者のように気を張っていなくてはなりません。
Commented by さなえ at 2017-07-04 06:17 x
クロネコヤマトの会員登録をしてます。ネットで時間を指定できるので便利ですよ。相手も会員ならメールで届くことも知らせて貰えるし。

私は5階建ての5階にいるうえに、アマゾンのヘビーユーザーなので、時々ペットボトルのお茶やお水をプレゼントしてます。夏は特に喜んでくれます。
Commented by さなえ at 2017-07-04 06:26 x
言い忘れました。
シャワーなどで短時間出られないときは、今出られないのでおいていって下さいと時間と名前を明記したポストイットをドアに貼ります。メモと交換で置いて行ってくれました。なくなっても、こちらの責任となりますが。
用事が済んだら玄関前をチェックするのをお忘れなく。
Commented by hanairomimi201 at 2017-07-04 08:56
最近黒猫さんの車は遅くまで止まっていません・・一気に改善されたのでしょうかしらね・・。
あれからあの荷物はいったいどう処理されているのかなぁ・・と不思議に思います
Commented by oss102 at 2017-07-04 14:53
あきのさん
あぁ、チャイムには吠えますよね。私もなるべく使わないようにしてますが、なにせ大酒飲みがいるので++。
Commented by oss102 at 2017-07-04 14:55
kiyokoさん
修学旅行も・・時代ですねぇ。宅配業者は多いと儲かるのでしょうが、配達の人に気の毒で・・みんな留守が多いですものね。
Commented by oss102 at 2017-07-04 14:56
304さん
日曜の翌日・・つまり月曜日ですが、時間指定はできませんでした。昨日は朝から3時過ぎまで落ち着かない時間を過ごしました。イヤですねぇ。
Commented by oss102 at 2017-07-04 15:01
さなえさん
お忙しいのに2通もありがとうございます。そうですか、ドアに手紙を貼り付けるのですね。
会員になるほど多くはないのです。アチコチでの買い物ですしね。
土日配達無料の売り出しの日は、カウンターがものすごい行列です。カート2台で山ほど買ってます。まとめ買いするとそうなりますよね。
Commented by oss102 at 2017-07-04 15:04
hanairomimiさん
あの荷物に八つ当たりしてた若者は、今ごろどうしているかしら。おかげでクロネコの送料値上がりしましたね。
私も何度もは気の毒で、1度で済ませたいと思うのですが、
落ち着きませんね。ベランダを開け放していると、必ずショウマが起きて出てくるのですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ガソリン マスコミに包囲される >>