仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
さすが。ほう好きうまくい..
by あきの at 20:06
sakuraさん 早速..
by oss102 at 09:35
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:31
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:28
さなえさん ボラを積極..
by oss102 at 09:26
あきのさん 施設長の挨..
by oss102 at 09:21
松風さん 台風のことは..
by oss102 at 09:19
このようにお元気なひとは..
by orientexp at 05:46
笑顔の素敵な方、会ってい..
by fu-and-boro at 22:12
母が居た頃姉妹三人でデイ..
by hanairomimi201 at 17:13
↓で生花の話、母がどれほ..
by さなえ at 16:41
近頃90歳過ぎの元気な人..
by あきの at 16:31
台風の被害はありませんか..
by 松風Ⅱ at 16:19
hanairomimiさ..
by oss102 at 11:40
304さん 家を建てて..
by oss102 at 11:38
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アーカイブした日
今日はどこへも出かけず、ゆったりとPCに向かった。今日はなにを書こうか・・世の中お盆で新聞記事も戦争の記事がいっぱい。
読売新聞の気流に載った記事は・・戦後兄が無事復員してきた。家族は喜んだが、兄はすぐに仲間と落ち合って自決すると云って出かけてしまった。だが、その日のうちに帰って来て「誰も来なかった・・」と。そこで初めて兄は目が覚めたと。

みんな洗脳されていましたね。昨日のTVでも、北朝鮮の女性軍人が、一日も早い開戦をのぞんでいる!!と云っていました。 戦時中の町内婦人部長そのままでしたよ。笑えません。

こんなよい例がまだ記憶にある人が多いのに、なんの役にも立たないものです。語り継ぐ・書物で残す・それを読んでも知識にはなっても、目の先の喧嘩には役に立たないのです。

終戦後、引き揚げてきたときの私の記事を読み返しました。11年前です。やっぱり一番の愛読者は書いた本人です。^^ みなさんのコメントも読み返して、あぁ、長いお付き合いだな~と感謝でした。

お暇がありましたら、ところどころでも読み返していただければ感謝です。


e0001808_12555342.png
 
[PR]

by oss102 | 2017-08-16 16:00 | いとしのネコたち | Comments(6)
Commented by tmshanagn304 at 2017-08-16 21:28
私は冷戦が終わった時に、世界は穏やかになると思っていましたが実際は逆でした。「核廃絶」が叫ばれますが、核兵器が無くなっても戦争は無くならないような気がして来ました。
Commented by orientexp at 2017-08-17 03:00
ここのところNHKで終戦特集の番組を見ていいます。
先日樺太でのことを見ながら、引き上げてきた私は全然記憶がないのです。オッセさんのことを考えながら見ていました。だから、いっきに 全部読みました。みなさんのコメントも読ませていただきました。なつかしい方々の名前を見つけ、この頃はまだ私は登場していなかったのですよね。
オッセさんの文章が読みやすいのは、小さい時の読書からなのが分かりました。今度は、直接話を聞きたいと思っています。ありがとう。(^^)
Commented by あきの at 2017-08-17 03:49 x
「一番の読者が自分」なるほどねえ〜」たまに読み返すのもいいもんですね。何しろ長いです。よくぞ書き続けたもの。これがいつ途切れるかと考えることもあります。
Commented by oss102 at 2017-08-17 09:23
304さん
世代が変わると、その世代は老人の繰り言を聞くと思いますか?聞いても抜けていくばかり。平和を守ろうとする力は、権力闘争に負けます。
生物って植物を含めて戦いで生き残ってきましたね。
愚かなものが力を持つと、昔の日本のようになります。
Commented by oss102 at 2017-08-17 09:26
sakuraさん
あら、全部?ありがとう!!
sakuraさんとのお付き合いはいつごろだったかな?
貴女も樺太からの引き揚げ者だったの?・・私が11才だったから、あなたは、1才。覚えていないのは当然ですよ。^^
Commented by oss102 at 2017-08-17 09:29
あきのさん
私のブログを最初から読んでくれている人がいます。
OSSの仲間ですが、「いつ止めるのかぁ・・」と聞かれたとき、「私が病気になったとき・・」と答えました。
まだ、当分続けられるのか、明日にも書けなくなるのか、分かりませんね。^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今日の訪問朗読 買い物へ >>