仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人生いろいろ
 昨日、TVでタケシのアンビリバボー・再映をみた。
両手両足のない男性が、キリマンジャロに登る・・というのに興味を持った。

生まれつき彼の体は、肘・膝関節の上から手も足もない。
それでも、家族の愛を受けて、食事・PCはもとより、文字も書き、レスリングで入賞もするたくましい体。

アチコチ講演を頼まれて、生活費も自立の人生。
そこで、キリマンジャロの登頂を持ちかけられる。
アメリカには戦争に行って精神を壊した人や、障害を負った人がたくさんいる。
不登校の子や普通の生活から外れてしまって悩む青少年たち。

そういう人たちを励まし支援するためのTV撮影隊。 
愛する子供を残して戦死した息子の遺灰を、その母親から預かる。 苦難の末、無事山頂にその遺灰を撒く。

スポンサーが車のタイヤで、両手両足にかぶせるカバーを作ってくれる。
山を這って登る姿は、動物のようだ。 泣き虫の私はやはり涙を流した。

避けられない運命ならば、受け入れて道を拓く。
昨日の清掃人に引き続き、感動をもらった番組だった。


e0001808_21532761.png

[PR]

by oss102 | 2017-08-21 16:00 | 未分類 | Comments(6)
Commented by あきの at 2017-08-21 16:36 x
すごいですね。そんな人がいるということは、見ていた人は励まされたでしょう。
もう一方には⚪️⚪️さんのように浮気までしてしまう人もいるしね。すごいという点では共通。あれ、例が悪すぎたかな。
Commented by hanairomimi201 at 2017-08-21 16:50
コマーシャルで海に入るあの人でしょうか・・
スゴイ人がいる・とみていました
そのように産れたことを受け入れて進む・タイヘンな努力と周りのサポート体制もいいのでしょうね
Commented by oss102 at 2017-08-21 20:44
あきのさん
○○さんって?あんまり沢山の報道があるので、誰かな?って思います。マ、だれでもいいけど・・・
凄かったですよ丸い切断面の腕で、お箸まで操って見せてました。文字もすらすら・・・くぼみでもあったのかな~
Commented by oss102 at 2017-08-21 20:46
hanairomimiさん
コマーシャル?あら、私見てない。ないものはない・・生きる選択肢を選んだからには、残ったもので頑張るしかないのよね。
あるのが当たり前の私たちの方が、怠け者ですね。
Commented by orientexp at 2017-08-22 04:31
私は見ていませんが、すごい人がいるのですね。
頑張らなくちゃ、です。
Commented by oss102 at 2017-08-22 10:31
sakuraさん
星野富弘だとか、五体不満足の彼とか、四肢のない人が、なにごとかやれば、みんな感動します。どれだけ大変か分かるからですね。
昔はそういう人は見世物に出されて、口で針に糸を通し、縫物をして見せました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 道具というもの やさしさを作る >>