仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ろぼうき
 サルビア・ホットリップス・他の小さな花や葉がベランダの床に毎朝散らかる。
べランダには、引っ越しの時持ってきた、座敷ぼうきとチリトリが掛けてあるが、人工芝も敷いてあって狭くて使いにくい。

e0001808_1004096.jpgネネに「炉ぼうき100均にあるかな・・」といったら、「炉ぼうきってなに?」と聞かれた。
そうか、炉ぼうきは、今や死語か・・・検索してみるとこんな立派なのが制作されていた。
使いやすそうだが、値段を見る気にもならない・・・どうせ高いのだろう。

私の時代は炉端はもうなかったけど、石炭ストーブの周りの灰やゴミを掃除するのに炉ぼうきは、必需品だった。

e0001808_10195280.jpg今は小ボウキ・ミニボウキとでも売っているのかな。100均に行って、あれかこれか・・と悩んだあげく、こんなのを選んだ。 5cくらいの高さしかない棚の下にも入って使いやすい。
昔の棕櫚の炉ぼうきには比べようもないプラ製だが、まぁ、よしとしよう。

先日、マンション前の花壇に植えた、葉を挿した5cほどのペチュニア苗がこんもりしてきた。花も葉もキリッとしている。 やっぱり花には日照と風通し・・・

e0001808_16289100.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-08-25 16:00 | いとしの花たち | Comments(9)
Commented by あきの at 2017-08-25 17:13 x
やっばり地に直接だとこんなになるのですね。まったくベランダは大変です。
Commented by tmshanagn304 at 2017-08-25 23:22
炉ぼうき、この名称、私も知りませんでした。
Commented by orientexp at 2017-08-26 02:57
炉ぼうき、 知っています。薪ストーブなんか汚れやすいですよね。 良いのを見つけましたね。ペチュニア咲いていますね。花壇の形が整ってきて楽しみです。
↓プリントして読んでいます。自問自答。ありがとう。
Commented by hanairomimi at 2017-08-26 08:35 x
炉ぼうきっていうのですか・初めて知りました
我が家では餅つきの時に持ち箱の底やら隅っこの掃除に使っていました。
いろんな使い道があるのでしょうね。
Commented by oss102 at 2017-08-26 09:46
あきのさん
カーネーションなども、うどんこ病がついてます。
馬鹿っかぜが吹くのに、通風が悪いのと日照ですね。
こんなに違うかと驚くばかりです。
Commented by oss102 at 2017-08-26 09:49
304さん
やはりそちらは子供の時代だって、コタツだったんでしょうね。
炉はもうなくて・・・↓のorientexpさんは、小樽出身の方で、やはり知っていました。
ストーブの地域に炉の周りを清掃する言葉が残ったなんてね。
Commented by oss102 at 2017-08-26 09:53
sakuraさん
マンションの花壇はもうメチャクチャです。デザインも色の配分もなく・・でもまぁ、花ですからそれぞれきれいですが・・花柄摘みも中々荷物があったり、急いでいたりで、できません。
まぁ、やる気がないだけですが。^^
Commented by oss102 at 2017-08-26 09:56
hanairomimiさん
あなたも知らなかったのですね。完全に死語ですね。
でも、小回りのきく箒の形はのこって使用されたのですね。
娘が知らないのは当然でした。
そのころは灯油ストーブになってましたから。
Commented by fu-and-boro at 2017-08-26 16:44
炉ぼうき、懐かしい。この呼び名忘れていました。
ストーブの周りを履くために必ずありましたね。ガンガン萌えるストーブが目に浮かんで来ました。涼しくなった北海道、ストーブの話をしても大丈夫だけどまだ猛暑に悩まされているみなさんはストーブの話は聞きたくないでしょうね(笑)ごめんなさいですね。あ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 人体模型 杜のひろば 語りの会で >>