仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
敬老祭にて 2 サツキさん
第3月曜日が、ここでの朗読ボラの日なので、昨日に引き続きここに朗読に行った。
月曜日は祭日が多い。職員も少なくヒッソリとした感じだった。

e0001808_12181287.jpg20人くらいが座っていて、6・7人が眠っていて・・といういつもの風景。

その中に、いつも笑顔でしっかり聞いてくださって、帰りには必ず声を掛けてくる94才の女性がいる。
きっかけは、私が樺太からの引き揚げ者と言ったことから、声掛けが始まったが、大柄なしっかりした体格で名前はサツキさん。5月生まれなんでしょうね。このお年の名前にしては、なんと素敵な・・昨日も、両脇に娘さん二人が来ていた。

みんなで青い山脈を唄うとき・・司会進行のキラキラ上着をきている職員が、サツキさんにマイクを向けて歌声を拾っていた。 しばらくすると、またもう一人の青いキラキラ上着が彼女へマイクを・・・

やっぱり、こういう感じの人は職員にも人気があるのだな・・と思った。
へつらわない笑顔。厳しい仕事の中でも癒されるのだろう。

目指せ!サツキさん・・と作り笑顔を練習するが、本体が出来ていないので身につかない。

このサツキさんも、元朗読のリーダーと同じく、頸椎にカルシュームが溜まって、足に神経が届かず、無念の車椅子の身なのだ。 なんとかうまく溶かす方法が見つかるといいのですが。



 去年までは、施設側とボラ同志、別室で弁当を食べながらの会食だったが、今年から施設長が変わり、お茶つきの弁当は持ち帰りとなった。よかった。

写真を撮るのを忘れたが・・まんじゅう2ヶ別箱つきの中々の弁当だ。

だけど・・オコワは柔らかく・カボチャもベチャ・喉つまりを防ぐためだろうな。天ぷらがつき、ぺたぺた野菜の煮物がつく。それにオリの中にまで、羊羹とアン入りのミニお菓子。

昭和ヒトケタ、食べ物を捨てるのは天にツバすること・・と育てられたが・・ベチャ南瓜は我慢したが・・とうとうゴメン!と云って、羊羹とミニお菓子は捨てた。
別箱の饅頭は仲間の誰かにもらってもらおう、と冷凍。

共同生活とはこういうものなのだ。 作り笑顔は作れても、やっぱり食べ物は辛いなぁ。

[PR]

by oss102 | 2017-09-18 16:00 | 朗読 | Comments(12)
Commented by 松風Ⅱ at 2017-09-18 16:19 x
台風の被害はありませんか
ベランダの花たちは無事でしょうか

台風の襲来前に
敬老会は無事終わったのですね
94歳、
義姉がちょうどその歳、やはり5月生まれですが千恵子さん
しっかりした大物でした

Commented by あきの at 2017-09-18 16:31 x
近頃90歳過ぎの元気な人が目立つ気がしませんか。
100歳過ぎが全国で6万人を越えているようです。
大変ですねえ。そこまでは〜。
Commented by さなえ at 2017-09-18 16:41 x
↓で生花の話、母がどれほど羨ましがるか。母の所では敬老の行事はないようで、花1つありませんでした。花を持っていきたかったけど、生花も鉢物も禁止です。衛生上というのですが、病院でもOKなのにねえ。人手不足のせいのようなのでボランティアを申し出たのですが断られます。地方の方が融通が利きそうですね。

夏祭りには折りが出ました。唐揚げとおにぎり。それと豚汁。どうやったらこう不味くなるのか不思議な唐揚げとおにぎりで、申し訳ないけど私も残しました。頑張っても不味い物は喉を通りませんねえ。
Commented by hanairomimi201 at 2017-09-18 17:13
母が居た頃姉妹三人でデイサービスでの母の敬老の会に行ったことを思い出しました・・今、自分が敬老会のお誘いを貰うようになってしまいました
サツキさんしっかりした方のようですね
頸椎にカルシュームが溜まって歩けなくなる・それを読んでおそろしくなりました
Commented by fu-and-boro at 2017-09-18 22:12
笑顔の素敵な方、会っていてもホッとしますね。
顔は笑っていても目が笑っていない方が多い。
ゲラゲラ笑えというのではない、心からの笑顔ってお話をしているとわかります。
ossさんの人とのつながりの輪が素晴らしいです。
Commented by orientexp at 2017-09-19 05:46
このようにお元気なひとは、周りを明るくしますよね。
私のところにもいます。93歳ですが、行動的でどこへでも出かけます。そのうち麻雀を誘われています。
私のところの朗読は、ひとりで1時間です。
短めのを何点か選んでいきます。
喜んでもらえるのがいちばん嬉しいですよね。^^
ブログ更新しましたヨ〜
Commented by oss102 at 2017-09-19 09:19
松風さん
台風のことは今日書きます。(^◇^)
お義姉さんとウマが合ったのですね。大物同志。
施設の人の、ここではお金持ちも、過去の輝かしい仕事も、なんの価値もなく、人持ち(訪問者の多い)が一番です。・・の言葉を思い出します。
こういうお祭りに家族が来るのと誰もいないのでは、淋しさがちがうのでしょう。 私は人貧乏です。"(-""-)"
Commented by oss102 at 2017-09-19 09:21
あきのさん
施設長の挨拶にいまや100才以上は10万人になったと云っていました。寝たきりの100才さんも多いのでしょうね。
7年通っていると、入居者さんの衰えを感じます。もちろん私もですが。
Commented by oss102 at 2017-09-19 09:26
さなえさん
ボラを積極的に迎える施設と、余計な仕事を殖やす、ととらえる施設がありますね。
聞き手も良い方が多くて、訪問が楽しみな施設が、担当が変わったら、急に行事のための中止が多くなりました。
でも、この記事の施設は、有機野菜農家と組んで、よい食材を用意しているようです。
でも私たちが入居したいときは、選べなくなっているでしょうね。
Commented by oss102 at 2017-09-19 09:28
hanairomimiさん
私も恐ろしいですよ。なにせ眼球にカルシウムですから。"(-""-)" 
3姉妹は嬉しかったでしょうね。こういうとき、誰も来ない人は淋しいと思いますよ。
Commented by oss102 at 2017-09-19 09:31
fu-and-boroさん
見習う素晴らしい人は沢山いますが、そのときだけで、中々身に付きません。本体が出来てないので、真似事はすぐに剥がれ落ちます。
でも刺激を受けることは確かですね。
Commented by oss102 at 2017-09-19 09:35
sakuraさん
早速行ってきました。(^◇^)
素晴らしい時を過ごされてましたね。1時間では私のエッセーばかりの文章では、あまりお役に立ちませんでしたね。
貴女は歌も歌えるし、いいなぁ・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 台風が・・・ 施設の敬老祭へ >>