仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
あおばとの講師の舞台
 今回は、さねとうあきら追悼公演でした。
講師は、長い芸歴の中で、さねとうあきらの物語に心ゆさぶられ、何度も公演して、氏とも交流がありました。

82席のこじんまりした会場は、満席、両脇にも臨時の椅子が置かれていました。
e0001808_12225236.jpg

遠慮しながら、撮りましたが・・鬼のお面をかぶったシーン。「べっかんこ鬼」

狐提灯とこの種目を、ひとり何役もの語り。私たちは数行のセリフも暗記できてないのに、どうなっているの?
特大の長いお琴と男性奏者の篠笛ほか和楽器数種。 効果的でした。

幕間に和楽器奏者が。太鼓・灰皿くらいの大きさのシンバル他をユーモアたっぷりに実演して、笑わせたりしてくれました。

どのセリフも聞き漏らすまい・・と補聴器つけて集中して聞きましたので、心底疲れました。
泣き虫ですから、涙も・・・

素晴らしい舞台が終わって、客の関係者が講師に挨拶してる間、私たちは最期まで待っていました。

先生は「帯状疱疹になったので来月はお休み・・」ということでした。 過労でしょうね。でも気丈に立派な舞台を・・感動です。

100名ほどの観客は、オールシニア・・全員の年齢を足すと何才になるのかなぁ・・とバカなことを考えながら、疲労と満足を抱えて帰途につきました。

夕暮れの公園の紅葉もすばらしかったです。

[PR]

by oss102 | 2017-10-22 16:00 | 朗読 | Comments(10)
Commented by kiyoko at 2017-10-22 17:17 x
お1人で朗読というより一人芝居のようなものでしょうか。それは大変ですよね。100人余の方が聞き入っている光景を想像しました。
Commented by さなえ at 2017-10-22 17:22 x
心から感動できるお芝居と出会えたのですね。良かったですねえ。
そのような芝居にはなかなか出会えないです。羨ましいです。
Commented by あきの at 2017-10-22 19:20 x
本格的でびっくりしました。
そしてそんな講師の方に導かれているOssさんも幸せですね。
Commented by 松風Ⅱ at 2017-10-22 19:24 x
素敵なお芝居を見ることが出来たのですね
3年前、一人芝居という舞台を見ましたが
同じよいうな演出でしょうか
横濱辺りまで出なければ見る機会がないので
芝居見物に憧れています

「あおばと」で思い出しました
早朝、隣の町大磯海岸に「あおばと」が群れて
飛んできます
一度だけ見ましたがきれいな鳥ですね
Commented by oss102 at 2017-10-22 20:02
kiyokoさん
そうですね。語りとあるのですが、一人芝居という方が近いですね。すごいパワーに圧倒されました。
私たちが2年前に発表会で朗読した、狐ちょうちんも、やりましたので、そのときのアドバイスなども思い出しました。
Commented by oss102 at 2017-10-22 20:05
さなえさん
習っている先生でなくて、ただこういう公演にいったのであれば、そんなには夢中になれなかったと思います。
日ごろ、私たちに指導しているポイント・ポイントが明らかになったということも感動の元でしたね。
Commented by oss102 at 2017-10-22 20:07
あきのさん
私ごときに、この先生はもったいない気持ちです。
もっと若かったらな~なんて思います。
暗記するのに時間がかかることかかること・・あきれています。
Commented by oss102 at 2017-10-22 20:10
松風さん
歩行30分以内の行動半径の多い生活で、バス・地下鉄と乗りついで、それだけでもキョロキョロお上りさんです。
でも紅葉もピークの週末で、よい日になりました。
Commented by fu-and-boro at 2017-10-23 10:48
お芝居に引き込まれた…わかるような気がします。
良いお芝居だったようですね。
見る機会を与えてもらい幸せでしたね。

中島公園も綺麗だったでしょうね。あそこはいついっても美しい姿を見せてもらえます、あたりはずれがない。
ツアーで九州で金鱗湖(美しいので有名)へ行った時に「中島公園のほうが綺麗だ」とつぶやいたオトンにそばにいた人たちが大笑いしたことを思い出します。ツアーの人たちみんな札幌近郊の人たちだったの(笑)
Commented by oss102 at 2017-10-23 13:38
fu-and-boroさん
九州まで行って中島公園の方が・・それはよかったですね。(^◇^) 本当にいつ行っても美しいとウットリですが、紅葉のピークでしたね。青空とセットでしたから。
いつも指導を受けていて、発声の強弱など、気を付けて聞いていましたので、あぁ、こんな風に表現するんだ・・とかよくわかってよかったです。でも分かってもできませんけどね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鍋作法 箸 アオバトの講師の舞台へ >>