仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
わが家の初雪で~す

 今までは近郊の山や、小高い公園でしたが、今日はいよいよ地面に降る雪がきました。
今も粛々と?・・地面に落ちるとすぐに溶ける雪ですが、たしかにミゾレじゃなくて白い雪であります。
体が、今日はお休みした方がいい・・と訴えてきますので、ワードのパワーポイントの年賀状作りの講座をサボってゆっくりしてました。
年賀状は、出さない私ですが、まぁ、頭の体操に・・と申し込んでいたのです。
講師はじめ、お世話いただく役員の方ゴメンナサイ。<(_ _)>

久しぶりに「徹子の部屋」を座りこんでみました。綾戸智恵母子がゲストでした。
この人の母親の介護生活は以前読んだことがありました。 78才で脳梗塞で倒れて、今は91才認知症だそうです。12年の介護生活ですね。今も継続中。

息子はすごいアフロヘヤで表れました。匂いがわからなくなる難病で、目指していた仕事ができなくなり・・智恵がえらいのは、ネットで病名のワカラナイ息子の症状を訴え、アメリカの病院から、日本の病院で研究しているところがあると知らせてきて、ついに副腎機能臭覚障碍という病名を突き止めたことでした。

そうして、治らない病気なら、匂いが分からなくても出来る仕事を調べて、エクアドルのコーヒー会社に焙煎の仕事を勉強にいかせたことです。

今は日本でコーヒー豆を売っています。

息子が小学校でいじめにあって不登校になった時、野口健主催の八丈島での体験で、「八丈島の小学校へ行きたい。」と。 島の小さな小学校はいじめのない暖かな学校だったんですね。

野口健、やるじゃないか・・と昼下がり。


e0001808_1426714.png

[PR]

by oss102 | 2017-11-15 16:00 | 日々のこと | Comments(14)
Commented by あきの at 2017-11-15 16:38 x
たいした人ですね。めげない。知恵がある。
とにかくあの細い体ですごいですね。
Commented by 松風Ⅱ at 2017-11-15 17:23 x
私も徹子の部屋を見たいと座り込みましたが
途中からテーブルにつっぷして眠ってしまったのです
久しぶりにゆっくり見ようと思ったのに悔しい
しかし、あの小さな体から溢れるバイタリティーには
驚きですね
Commented by kiyoko at 2017-11-15 17:38 x
世の中には立派な母が大勢いらっしゃいますね。そんな話を聞くたびはて私は?大したことをしていないなーと思ってしまいます。
Commented by tmshanagn304 at 2017-11-15 22:35
杉様もすごい人だと思いますが、別の意味でこの人もすごい人ですね。
素人の合唱の指導をしているところをテレビで見た事がありますが、人を引きつけて、歌の能力を引き出しながら作り上げていく力は抜群です。その力が今、介護に向いているのかな、。
若いとき、母親を日本に残してアメリカに行ったことをとても悔やんでいました。
Commented by mikihana922 at 2017-11-15 22:47
綾戸さんは母子で出演でしたか。
12年間も介護生活をされていらっしゃるのですね。
簡単なことではありません。
子供のことを思うと、
私自身は健康に年を取りたいと思いますが
先々不安になります。
息子さんにも、たくさんの愛を注ぎ込んだのかな。
とてもエネルギッシュな方です。
Commented by orientexp at 2017-11-16 07:10
この人のバイタリティーは半端じゃないですよね。
お母さんの面倒もよくみています。
息子さんがそんな難病に、知りませんでした。
なんにでも正面からぶつかっていくのですね。
見習わなくて、です。
Commented by oss102 at 2017-11-16 13:13
あきのさん
あの147cの細い体で・・人間ぶつかっていく迫力ですね。
パワーに圧倒されます。
Commented by oss102 at 2017-11-16 13:16
松風さん
食後は眠くなりますね。私は夕食にチョッピリ、発泡酒かワインを飲みますので、もうどうにもなりません。
夜の見たい番組は録画しとくのですが、中々それも見ないで・・
あぁ、時間だけがすぎていく~~。
Commented by oss102 at 2017-11-16 13:18
kiyokoさん
まぁ、たいした母親じゃなくても、世間を騒がせるような犯罪者でないことを感謝してます。あの9人殺した若者の両親・親族のことを考えると、気の毒でなりません。
Commented by oss102 at 2017-11-16 13:21
304さん
そうですか。アメリカへ・・を悔やんでいましたか。でもそれも、力になってますよね。息子さんの父親はDVで逃げたといっていました。日本の都会の学校では、黒人の混血の子はいじめにあうでしょうね。よく一人前に育てました。
Commented by oss102 at 2017-11-16 13:24
mikihanaさん
貴女よりも私の方が近未来のことで、身につまされます。
息子を寄宿舎に入れたとき、車で40分もかかる家から、40日も毎日、息子は無事か・・と部屋の灯りを見に通ったそうです。
愛にもパワーがありますね。
Commented by oss102 at 2017-11-16 13:30
sakuraさん
やはり人とはケタがちがうパワーが、難関を切り抜けていくのですね。17才でアメリカに行って歌手の実力をつけて、やっぱり選んだ道なんですね。
sakuraさんも、歩いてきた道が拓けて今のおだやかな生活がある。よかったですね。(^◇^)
Commented at 2017-11-16 14:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oss102 at 2017-11-16 16:42
カギコメさん
どうぞお気遣いなく。お待ちしてます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雪と紅葉のコラボ インフルエンザワクチン >>