仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
この気持ち、ほんとによ〜..
by あきの at 16:19
さなえさん そうなんで..
by oss102 at 11:54
あきのさん 真っ白に見..
by oss102 at 11:51
松風さん もう一つの発..
by oss102 at 11:47
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:45
素晴らしい経験でしたね。..
by さなえ at 06:56
感激ものでしたね。やっぱ..
by あきの at 20:00
皆さんの努力で 素晴ら..
by 松風Ⅱ at 19:53
大きなお仕事が一つ終わり..
by mikihana922 at 19:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:26
304さん チョッチャ..
by oss102 at 21:23
松風さん なんといって..
by oss102 at 21:21
わたしも若い頃は遠慮もあ..
by fu-and-boro at 13:05
「自由に外出も出来ない」..
by tmshanagn304 at 21:13
一人になってよかったと思..
by 松風Ⅱ at 16:38
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
極小庭園  5月篇
e0001808_15163594.jpg ゴールデンウイークだというのに、冷たい日が続いている。 例年なら、4月半ばから花苗を買いだす。
ホーマックでは、ビオラやパンジーが沢山売り出されている。 園芸ブームにのって、需要もふえた割りに、競争も激しいのか、苗は年々安くなっている。 68円のビオラはうれしい。

でも少し賢くなった私は、まだまだ我慢の子である。 こんな寒さでは、2度苗を買うはめになる。 店先に花苗を見ると、ウズウズする。 買いたい、まだ早いのジレンマの後、やはり負けてビオラを8株買う。 店先のトレリスに飾る分だ。 秋まで咲き続けるミリオンベルかなにかが出回るまでのつなぎのつもり。

いつもは淡い色調の花が好きなのだが、寒い日が続くので、つい元気の出そうなオレンジのビオラも買ってしまう。

花苗を抱えて帰るときは、エモノをくわえて主人に見せにくるネコのような気分になる。
尻尾を高々とあげて、うれしくて得意なのだ。

マガンプKを少々と化成肥料をまぜて、壁掛け鉢に植えつける。 ラッキーの腐葉土はいい。
根が落ち着くまで、日陰に置いておく。 園芸書では、1週間ほどとあるが、そんなに待てない。3日で花道に登場させてしまう。

 店先のトレリスのデザインはこんな風にと、シーズン前にはいろいろと考える。
図にも描く。 だがしかし、現実は特売にとびつき、見た目にとびつき、節操がない。
春から秋まで咲き続ける花といえば、限られてくる。
広い庭なら、どこかで、なにかが咲いていればよいのだが、限定空間の中では、品種もそんなには無い。
シックにグリーンだけで飾ろうかと思うが、どんな花でも咲いてくれれば、うれしくてニコニコなのだから、やっぱり花になる。

 家横の花壇用にオステオスペルマム3株買う。 紫とピンクと白のグラデーションのつもり。
中々あたたかくならないで、ほかの花を植えられずにいるうちに、少し大きくなっていた、ピンクと白の花が、2株スッポリ根ごと抜かれて、持ち去られてしまった。(なんでなのよ~2株300円で買えるのに~)と嘆いても、花盗人には、只のほうがいいのだ。

こんな路地で花作りをしている者は、こんな悲しみをいつまでも引きずっていてはダメなのだ。
スッパリあきらめよう。
抜かれた後に、紫と白のツートンのキンギョソウを植える。
金魚草は好きじゃない花だ。 あんなボテボテ派手な花は嫌いじゃといっていた。
それなのに、今年は強そうな花を選ぶ。 雪が来るまで咲いているのを、近所の庭で見かけていたから、低温に強いだろう。

絶対に植えないと思っていたジニアまで買ってしまった。 ホント強い。
1度咲いた花は、ズーッと同じままでいる。花がら摘みの好きな私には、ホントつまらない。
だが、丈夫なのだ。 大好きなネモフィラは、今年は諦めた。 伸びきった苗しか売っていない。

この心理は、かなり引きずっていて、インパチェンスもプランターに赤ばかり、4株も植えた。
かなり好きな種類の赤とはいえ、満開に咲き誇った赤のプランターは、店先に置くには恥ずかしくて、裏口に回してしまった。
[PR]

by oss102 | 2005-08-03 13:07 | いとしの花たち | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 極小庭園  早春篇 極小庭園  6・7月は花てんこもり篇 >>