仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
さなえさん 以前に写真..
by oss102 at 13:26
isihanaさん ま..
by oss102 at 13:20
mikihanaさん ..
by oss102 at 13:18
kiyokoさん 私も..
by oss102 at 13:14
hanairomimiさ..
by oss102 at 13:12
この話どこかで聞いたこと..
by さなえ at 11:09
いま頃になってすみません..
by isihana at 07:47
遅ればせながら、ブログ1..
by mikihana922 at 23:33
砂漠を一人のランナーと走..
by kiyoko at 20:57
飼い主に命を預けて懸命に..
by hanairomimi201 at 15:11
松風さん よそのブログ..
by oss102 at 13:34
hanairomimiさ..
by oss102 at 13:31
あきのさん 確かに健康..
by oss102 at 13:25
介護保険料は各自治体によ..
by 松風Ⅱ at 12:50
独りの暮らしですからいろ..
by hanairomimi201 at 08:44
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おっぱいは広告塔 文化人類学シリーズ その2
 その昔、人類は樹上生活をしていた。

生存上のなんらかの理由で、樹上から草原へとおりてきて。見渡す必要が生じて立ち上がり、2足歩行となった。

今まではお尻の匂いを嗅いでウットリしていたが、一々かがみこまなければならない。

そこで人類のおっぱいは発達した。

アドバルーンのあるところに品物は無いが、この近くにいいものがあると広告をしているのだ。

他の動物は、乳児のいる間はふくらんでいるが、人類のおっぱいは、子供を産まなくなってもヘタラない。

繁殖期が通年になり、いつでも広告が必要になったのだ。

それにしても私の広告塔はつつましやかである。


誰が著者だったか、本の題名も忘れてしまいましたが、その昔この話が気に入って、スキー仲間との宴会などの話のネタにしていました。





台風避難の花たちです。 かなり風は強かったのですが、無事通過してくれました。

e0001808_1621546.jpg
e0001808_16222329.jpg

[PR]

by oss102 | 2006-09-20 16:24 | いとしの花たち | Comments(10)
Commented by chiyomi at 2006-09-20 19:54 x
おっぱいは広告塔・・・chiyomiさんはそこでアウト!
そのおかげでか、いまだに結構きれいなまま保存されています・・・??
台風、無事通過。安心しました。
Commented by あきの at 2006-09-20 20:54 x
つつましやかな広告塔をお持ちのOssさま、
わたしはいざ、必要なときにはさっぱり、授乳は足りませんでした。ところが大きいのは太い体にくっついている……この広告塔がなくなったら、さぞや、体が軽くなると思うのですが……。
Commented by tmshanagn304 at 2006-09-20 21:15
慎ましやかな広告塔でも、たくさんの男が群がって来ませんでしたか。その上、立派な広告塔を持ったら、収拾がつかなくなったでしょう。
Commented by mitsuko_beauty at 2006-09-21 09:18
私の広告塔は、必要な時は、役に立たず  今は、しぼんで、旦那さんに、どこへ、いったのか? 背中に、まわったのかと、、からかわれている
Commented by こじま at 2006-09-21 15:10 x
OSSさんのスキー仲間は退屈しないでしょうね。マザコンの彼なんかは、大喜びでしょう(^^)。因みに私の広告塔・・恥ずかしそうに、下を向いています。。
Commented by oss102 at 2006-09-21 17:23
chiyomiさんは、少女のようにきれいなままの広告塔ですか。年をとっても落語のバァチャンのように、スルメのようにならないのが私の強みです。
Commented by oss102 at 2006-09-21 17:27
あきのさんのお花見の写真を見たとき、一番先に大きな胸に目をつけたでしょ。私の長年のコンプレックスでした。今はその分体重もかからないので、どうでもよくなりました。
前日のmoreみてくださってありがとう。
Commented by oss102 at 2006-09-21 17:32
304さん、やっとこの年になって小さな広告塔のコンプレックスから脱却できました。オッパイはちゃんと出たのに、実用より広告のほうに気が取られていたのでした。若いということはいろんな悩みを持つものです。
葬式の続コメント拝見しました。市の会館ででもやるしかないか・・・
Commented by oss102 at 2006-09-21 17:36
mitukoさん、まだ若いのにしぼんでいるはずがないです。旦那さんはmitukoさんの美しさにまぼろしを見ていたのです。そのまぼろしと比較するからそんなことをいうのです。大いに宣伝をしてください。
Commented by oss102 at 2006-09-21 17:40
こじまさん、下を向くほどあるのは羨ましいです。いえ、羨ましかったというべきでした。ホテルに泊まってもスキーでの泊まりは何故かスキー合宿というのですが、よく宴会、2次会などで盛り上がりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 自動撮影 お墓とお葬式 >>