仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
雪国の暮らしを垣間見る事..
by kiyoko at 19:34
犬との戯れ、昨日のことの..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:32
松風さん 10年目にな..
by oss102 at 09:29
kiyokoさん 漱石..
by oss102 at 09:25
souuさん ありがと..
by oss102 at 09:22
あきのさん 新聞で出会..
by oss102 at 09:18
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:15
おめでとうございます。 ..
by fu-and-boro at 08:51
学年は一緒でも ブログ..
by 松風Ⅱ at 23:26
おめでとうございます。1..
by kiyoko at 19:49
おめでとうございます。 ..
by souu-4 at 17:49
もうそんなになるのですか..
by あきの at 17:32
おめでとうございます ..
by hanairomimi201 at 16:37
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:19
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
貧しいから、あなたに差し上げられるものは、5月の若葉と・・・
 3・40年くらい前、「天国の父ちゃん 今日は」という森光子主演のテレビドラマがありました。
そうして5月の若葉の季節になると、このフレーズがいつも胸に浮かぶのです。

昨日も植物園に行く途中、柳の優しい芽吹きに感動し、ポブラの若葉にこの言葉をおもいだしていました。・・・・・この後の言葉はどんなだったかしら。 5月の若葉と貴方を愛する気持ちだけです。・・・・だったかしら。

思いついて検索してみました。 

貧しいから あなたに差し上げられるものと言えば
優しく頬をなでる初夏の風と
精一杯愛する気持ちだけです
でも結婚してくれますね
でも結婚してくれますね


1966年~12年間日曜劇場で放映された人気ドラマでした。
夫に死なれた、森光子の役は二人の子を育てながら、保険外交員をして、更に下着を売る「パンツ屋」でした。
ドラマの最後には、この詩が毎回流れたのです。

優しく頬をなでる初夏の風と・・・がどうして私の中に5月の若葉にすりかわったのでしょうか。

毎年若葉の頃には、一度は頭をよぎるこのフレーズ、このまま続けていこうと思っています。

精一杯愛する気持ちはネコたちに向けて。
e0001808_2032175.gif

[PR]

by oss102 | 2007-05-10 20:15 | 日々のこと | Comments(24)
Commented by あきの at 2007-05-10 21:55 x
最後のハート2つが意味深長ですね。
Commented by chiyomi at 2007-05-10 23:07 x
このドラマは話題になっていたのになぜ見なかったのだろうと思い、1066年頃は何歳だったのかと思い・・・エエェ~生まれてないヮ~?
この間まで山桜を楽しんでいた山々が刻々と緑を増してきて、陽の光をあびた街路樹の若葉が目にまぶしく感じます。
いい季節やねぇ。
Commented by こじま at 2007-05-10 23:08 x
ホントだ。このハート、だれかさんの若き日の思い出だ。???
Commented by 鶴子 at 2007-05-11 04:55 x
あまり観た記憶がないのですが、「パンツ屋」というところだけ記憶しています。 なかなか意味のあるいい詩ですね。
ところで そのパンツ屋って商売になるものだったのかしら。
Commented by hanairomimi201 at 2007-05-11 09:20
OSSさんにそのフレーズを思い出させる時代って何があったのでしょうね。ハートは語る・・ですね。みなさん気になさってます・・私もです。
そのドラマ知りませんでした・でも いい詩ですね。
パンツ屋という設定も面白いものですね・”66年というと東京オリンピックの頃でしたよね・・日本も元気な頃でした。
・・私も元気で若かった・だから忙しくて見ていなかったのでしょうね。
Commented by mitsuko_beauty at 2007-05-11 09:58
1966年からだと まだ小学生のころかな 家はテレビが来たのは記憶は8歳ころでしょうか それも白黒で貰い物でした 
父ちゃんが亡くなって二人の子育てをかぁちゃんが懸命に育てていく時代ですね 今はすぐに、再婚してしまう時代 私もその一人に入るけどね
優しく頬を撫でる初夏の風 精一杯愛する気持ちだけ、、、。
Commented by 清子 at 2007-05-11 14:58 x
フレーズが5月の若葉に変わったその時のOSSさんに何があったんでしょうね。??
Commented by fu-and-boro at 2007-05-11 17:17
覚えていますよ・・・このドラマ。
懐かしい、 
「こんにちは! パンツ屋です!」・・・このセリフで始まったと記憶しています。
詩も何となく記憶に残っています。
いつも思うのですがOSSさんの記憶の良さに敬服しています。

1966年・・・オリンピックの時ですか! 学生時代でしたね。
いつの時代も母ちゃんは強いですね。

↓・・・、小樽にこんなステキな場所があるのですね。
どうしても繁華街しか歩きませんので 知らない所がたくさんあるのでしょうね。
昔  小樽窯の焼き物に凝っていて よく注文しに行きましたが
今でもそこにあるのかしら?
小樽窯の焼き物も 今は倍くらいの値段になりましたね。
重たくて使っていません(笑)
Commented by まり at 2007-05-11 17:36 x
OSSさん、このドラマ憶えています。10代でした。
貧しいからあなたに差し上げられるものと言えば・・・
森光子さんの声も表情も浮かんできます。
1行目と3行目は覚えているのに2行目を忘れていました。
北国の5月は特別です。
精一杯愛する気持だけです・・に続く言葉は断然「 5月の若葉と・・」の方がいいです
・・・素敵な言葉を口ずさむOSSさん

Commented by ririhallo at 2007-05-11 21:32
私は電気のないところで、育ったので・・・判らないけど・・・素敵な言葉ですね。 昔のTVドラマには心打つ言葉があったんですよね。。
Commented by hisako-baaba at 2007-05-11 21:37
森光子さんのパンツ屋は記憶にありますが、詩は覚えていませんでした。どうなる話だったかも忘れました。
自分が保険屋で苦労していた頃でした。
Commented by oss102 at 2007-05-11 22:27
あきのさん
このハート、可愛いと思って保存しておきました。ネコ2匹へのハート、ぴったりでしょう?意味深だなんてそんな・・・・・^^);
Commented by oss102 at 2007-05-11 22:31
chiyomiさん
ゴメンm(__)mヽ 1966年でした。900年も違っていました。
おかげで訂正出来ました。有難う!
ってなわけで、chiyomiさんもちゃんと生まれていましたよ。(^^ゝ
桜もいいけど若葉もいいですねぇ。元気もらってます。
Commented by oss102 at 2007-05-11 22:33
こじまさん
若い頃はこんなハートは幾つもありましたでしょう。^^)
この人気番組見ていませんでしたか?娘も覚えていましたよ。
Commented by oss102 at 2007-05-11 22:36
鶴子さん
パンツ屋はセリーヌとか少し高級下着を扱って、家庭に入りその家に友人を数人よんでもらって、そこで下着を売る商売でした。
かなりいい商売になったようですよ。試着もさせてね。
Commented by oss102 at 2007-05-11 22:40
hanairomimiさん
道産子はひとしお、若葉が感動的な春を迎えます。貧しいからなにも好きな人にあげるものがない、愛とタダの若葉だけというのが気に入りました。でも調べてみると、初夏の風でした。何十年も間違っていました。
Commented by oss102 at 2007-05-11 22:45
mitsukoさん
いい詩でしょ。毎回放送の最後に森光子の声で流されたのですよ。
貧しいから、お金のかからないプレゼントは貴方を思う愛と、この5月の若葉と・・・と思い込んでいたのですが、何十年ぶりに、初夏の風と判明。
ブログのおかげで真実を知りました。
でも私はこれからも、5月になると、貧しいから・・・・この5月の若葉と・・・といいたくなるでしょう。^^ゞ
Commented by oss102 at 2007-05-11 22:50
清子さん
いわくありげに思いましたか? なんにもないのですよ。そんなことを最初に書いたあきのさんが悪い(^^)
この頃は41歳、スキーに夢中で春が恨めしく、若葉を見てはどうしても春なの?と思っていたのです。
でも素敵な詩とは思いました。
Commented by oss102 at 2007-05-11 22:56
fu-and-boroさん
覚えていましたか。 本州組が覚えていないのは、北海道だけのHBCかなにかの放送だったのかしら。 ア、↓まりさんも覚えていたのでした。
私は記憶はよくないのですが、ブログのおかげで、書いているうちに、ぼつぼつとつながって思い出されるものですね。ホラ昔のことは覚えてるというでしょ。最近のことはすぐ忘れてしまいます。パターンどおりですよ。

小樽焼きはいまどこにあるのでしょう。厚い陶器なので私は使ったことがありません。そんなに高いのですか。
Commented by oss102 at 2007-05-11 22:59
ririhalloさんは詩人ですね。
いつも素敵な詩が載っています。
このフレーズ、なんとなく頭に残っていて、若葉の季節になると思い出すのですよ。初夏の風と判明してからも、このまま若葉でいっちゃいます。
Commented by oss102 at 2007-05-11 23:04
まりさん
ririhalloさんと順番が違ってしまいました。ゴメン!
覚えていらしたのですね。家族で見ていましたから8時ころの放映とおもいます。 北国の5月は桜も梅も若葉も一緒くたにドドドンときて劇的ですよね。その感動的な素晴らしいものを愛する人にあげようという詩です。
貧しい私にはぴったりでしたよ。 このまま5月の若葉でとおしていきますね。
Commented by oss102 at 2007-05-11 23:12
hisakoさん
私も内容は殆ど忘れています。一緒に見ていた娘が18才頃で保険やだったとかパンツ屋です!って言ったとか覚えていました。
この貧しいから・・・うんぬんだけ覚えていたと思ったのですが、5月の若葉ではありませんでした。^^; でも何十年もそう思いこんで5月の若葉をみると思い出していたのですから、このまま行くつもりです。
5月の若葉はタダなのが気にいっています。(^◇^*)
Commented by at 2008-05-18 11:39 x
はじめまして
わくわく日記の惑といいます。検索でたどりつきました。拙ブログでこの記事をLINK紹介させてもらいました。懐かしい番組ですよね。自分は「風薫る五月」の言葉が入っていたと思い込んでいました。トラックバックも打たせてもらいました。小樽の方なんですね。自分は千歳線です。よろしくお願いします。
Commented by at 2013-10-16 17:19 x
https://www.youtube.com/watch?v=g9lh3zGM91U
に、オリジナル動画が。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 届いたカーネーションは秋まで咲... 手宮植物園・・お花見散歩 >>