仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
待ってました!チョッチョ..
by orientexp at 00:42
わあー偶然、私も苔玉もど..
by kiyoko at 20:10
コケダマもどき・百均で売..
by hanairomimi201 at 19:16
人間の子を里子にした人た..
by あきの at 16:17
いよいよ始まりました。O..
by あきの at 16:12
さなえさん もう中学生..
by oss102 at 14:36
304さん 穴からお札..
by oss102 at 14:31
hanairoomimi..
by oss102 at 14:29
kiyokoさん まっ..
by oss102 at 14:26
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:24
↑の方の「大学の先生に触..
by さなえ at 06:14
私の場合、穴からお札とお..
by tmshanagn304 at 23:24
科学の進歩のために、人間..
by mikihana922 at 22:40
人間の為に実験用としての..
by kiyoko at 20:16
なんと残酷な実験なのでし..
by hanairomimi201 at 18:12
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
庭師 女性ガーデナー
 昨夜TVチャンピオンを観た。
日本庭園の職人が2畳の空間に茶庭を造り、勝ち抜くと風呂屋の男湯・女湯の庭に、枯山水の庭を造るというものだった。

優勝した匠は何代も続く老舗で、職人を住み込みで何人も使っている。
その見習い職人の待遇に驚いた。
無給で休日は月に1度という。 20代後半の人もいた。

何年勤めあげるのか、そのあとには暖簾分けのようなシステムがあるのかどうかは分からない。
よくもこの待遇で今どきの若者がと驚いたことである。

見て、覚えて、親方や兄弟子の喝に耐えて、技を学ぶ若者の姿を美しいと思った。

                    @ @ @ @ @ @ @ @ @
 
 今朝の新聞に女性庭師 世界へ飛躍の見出しがあった。
英国王立園芸協会が主催する歴史ある大会で、中庭部門で日本女性、30歳が銀メタルに輝いたという。

この女性、鳥飼寛子さんが勤務する内山緑地建設では、設計やデザイン部門で女性採用を増やしているそうだ。
機械化が進んで、力仕事も減ったことも女性ガーデナーが増える要因にもなっていると報じていた。

狭小庭園の片隅から、いい時代になりましたね、と心で応援の旗を振った。

今日の一鉢 デアスキア

e0001808_16345798.jpg

この花は角の白い壁(すごく汚れています><);)に毎年掛けています。
近所の人に好評なのです。 切り戻すと、寒くなるまで咲いています。

こんなに伸びないしっかりした株が、また新品種として売り出されています。値段は2倍以上しています。
[PR]

by oss102 | 2007-06-08 16:43 | いとしの花たち | Comments(14)
Commented by あきの at 2007-06-08 18:52 x
本当にやりたいことを見つけたら、きちんとやるのでしょうね。でもその人たちは、問題意識を持った内面のしっかりした人たちと思います。わたしは女性の樹医を前ブログに書いたような気がします。藤の大木を咲かせる人でした。
デアスキアは見事、バックの壁も真っ白でよく映えています。
Commented by こじま at 2007-06-08 19:26 x
↓の庭師も勝るとも劣らないと思います。
Commented by fu-and-boro at 2007-06-08 22:12
自分の進む道・・・目的をもった人には敵いませんね。
匠になるまでは 皆さん苦労して頑張ったのでしょうね。
職人の姿って、昔も今もあまり変らないのかもしれませんね。
女性の進出も素晴らしい。
息子の大学の専攻は建築工学部、女性の仲間がたくさんいます。
息子は建築とはまるで関係ない職に付きましたが女性陣は職人さんと一緒になって働いている・・・。
女性達・・バンザイ!
Commented by lilyj at 2007-06-08 23:05
優勝した匠・・40分間橋の位置に拘ってましたね 伝統技の中に
モダンも感じました♪
技を学ぶ若者・・にエールを送りたいです
NHKではドリルガールの活躍を放映 女性達にもエール!
Commented by 鶴子 at 2007-06-09 03:25 x
私も新聞で読みました。 庭師というと年配の男性を思い浮かべるのですが、若い女性の受賞にオドロキです。
もし102さんが若かったら・・・。 いえ、受賞どうのこうのではなく、花を愛しコーディネートを楽しむ気持ちは102さんも負けていないと思います。
Commented by mitsuko_beauty at 2007-06-09 04:12
私が住んでいる町は植木の町です 4地区の一区がほとんど植木業者です ぼんたん穿いた女性を見かけますよ 足袋靴履いて チョキチョキと松を切る姿は、カッチョイイって思います 女性が増えてきてますね  外人さんも研修に来るそうです 
Commented by 清子 at 2007-06-09 16:03 x
老舗の職人さんは無給でもこれをしたいと言う意志があるんですね。親方さんの人柄と良いフォローがあるのかもしれません。
デアスキア壁にはえて素敵です。
Commented by oss102 at 2007-06-09 20:44
あきのさん
厳しい世界だけど、ノルマで追い上げられる仕事より、達成感があるのでしょうね。形になりますから。
Commented by oss102 at 2007-06-09 20:46
こじまさん
ありがとう!(^^♪
庭師の仕事が繁盛するような平和が続くといいですね。
Commented by oss102 at 2007-06-09 20:50
fi-and-boroさん
男性の看護士・保育士も増えましたが、女性も色々な分野に活躍していますね。いい時代になりました。
私は理数科がバカがつくほど不得手ですので、建築工学科などというと物凄く尊敬します。(^0^)
Commented by oss102 at 2007-06-09 20:53
lilyjさん
見てましたか。凄い力仕事だし、センスも大事。
時代の波を見ながら表現する、難しい仕事でしょうね。
でも今の時代に住み込みで無給で働く若者がいるとは思いませんでした。 作り出す仕事は達成感があるのでしょうね。
Commented by oss102 at 2007-06-09 20:57
鶴子さん
女性の仕事の範囲が広がって嬉しいですね。
夢中になって愛情を持って働いて、形にしていく。
それが認められたら嬉しいでしょう。
私も30センチの片隅で幸福です。(^^)
Commented by oss102 at 2007-06-09 21:02
mitsukoさん
テレビでも見たけど、なんか威勢のいいやくざっぽい感じでした。
それが庭師の伝統の世界なのでしょうね。
ガーデニングは今ブームだから勉強も大変でしょうね。
伝統だ・しきたりどうりの日本庭園と胡坐をかいていては落ちこぼれると思います。女性のセンスも生きると思いますよ。
Commented by oss102 at 2007-06-09 21:05
清子さん
何も無い空間にデザインして、形にしていく。達成感のあるいい仕事かもしれません。
でも時代はどんどん変わるし、オーナーの志向も変わる。素材も変わる。勉強が大変でしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< カラスと遊びたい 6月の園芸 4時間 >>