仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
この気持ち、ほんとによ〜..
by あきの at 16:19
さなえさん そうなんで..
by oss102 at 11:54
あきのさん 真っ白に見..
by oss102 at 11:51
松風さん もう一つの発..
by oss102 at 11:47
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:45
素晴らしい経験でしたね。..
by さなえ at 06:56
感激ものでしたね。やっぱ..
by あきの at 20:00
皆さんの努力で 素晴ら..
by 松風Ⅱ at 19:53
大きなお仕事が一つ終わり..
by mikihana922 at 19:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:26
304さん チョッチャ..
by oss102 at 21:23
松風さん なんといって..
by oss102 at 21:21
わたしも若い頃は遠慮もあ..
by fu-and-boro at 13:05
「自由に外出も出来ない」..
by tmshanagn304 at 21:13
一人になってよかったと思..
by 松風Ⅱ at 16:38
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
サミットの要人が・・・
 昨日年に1度だけ会う友人が札幌から来てくれた。
花の時期にあとりゑ・クレールの催事に合わせて来てくれる。
いつもは2人なのだが、1人は用事が入り来られなくなった。

朝いつものように6時に起きて花たちと挨拶。
いつにも増して丁寧に花柄を摘み、「今日はサミットの要人がみえるから、いつもよりキリッときれいに咲いているように」と訓示をたれた。 花たちは分ったようであった。
店前の花壇
e0001808_1825423.jpg

今日は朝から蒸し暑い。後で知ったが30・9度もあったと・・・24・5度からいきなりですからね。
10時過ぎ、軽のマイカーで駅までお迎え。早速我がガーデンへ。
一つ一つ丁寧に見てくれる。だが、早くも日が高く、沢山のしおれている花柄があるではないか。 完璧でない花たち。 おぬしたち、もう しおたれて・・・ムムム

一年ぶりのお喋りは、入院したこと・・友人の・・そしてその夫の・・そして娘の手術・・そして私がテニスを止めた訳を・・・
この一年はそれぞれに一年という重みを見せつけてくれた。
そしてノラに引っかかれた傷跡もみせ・・そのわけを見えるように描写する。

年に1度の逢瀬だというのに、近くのお蕎麦屋さんで・・ためらいもなく友人はもりと言うので、私はザルと云いたいのを我慢してもりで付き合う。 ワリカン。

彼女はフォークダンスをする。音楽に乗って踊るのは楽しいらしい。3時間も踊ってへとへとになりながら、また音楽がかかるとみんな立ち上がって踊り出すという。
そして帰路は、駅への階段の手すりを求めてよれよれと帰るのだと。
彼女の話は楽しく面白い。 大いに笑う。

彼女の夫の入院のことも参考になった。
夫はあるとき急に首筋を押さえて、痛い痛いといったという。そうしてみるみる左手がダランとしてきたと。
迷わず救急車を呼んだが、近くの脳外は満床で断られ、遠くの病院へ行くという。
彼女は隊員に「貴方はお仕事だから無理押しは出来ないでしょう。」
私から頼みますから電話を貸してください、と頼み、病院側に頼み込んだ。
廊下でもどこでも一切文句は云いません。その結果が悪くても決して訴えたりしません。
どうしても専門の先生に診ていただきたいのです。と必死に頼み込み、OKとなって、近くの脳外専門病院に入ることが出来た。

首筋のなんとかいう髄膜のところが出血して血栓になり、神経を圧迫していたが、自然に溶けて吸収してことなきを得た。・・・が、また同じようなことが起こるかもしれない。
ここでも、原因がよく分からないと尻込みする医者を説き伏せ、診断書を書いてもらったと。

えらいなぁ、隊員から電話を取り上げて、直接病院側と交渉する。私には出来なかったと思う。
でも、これを聞いたら、何かのときに思い出して出来るかもしれない。

クレールへ向かう。 小さい路地から路地へ、登って下りて、家々の花を見てのんびり歩く。
暑い昼下がり、ノラたちもどこかでお昼寝か。

クレールの前を3軒ほどいくと、この家がある。
こんな庭を作りたかったと手を入れてきて、ミニミニ版のターシャの庭。
カーブで登って玄関がある。 どこも自然でいながらしっかり手が届いている。ためいき吐息。
e0001808_19393317.jpg

2時からはアイヌのユーカラの集い。
                                             つづく
[PR]

by oss102 | 2008-07-06 18:19 | いとしの花たち | Comments(12)
Commented by あきの at 2008-07-06 21:10 x
この人はさすがにossさんの友。ことに望んでの態度が全然違います。わたしもいいことを聞きました。いざと言うときは、必ず思いだします。店の前も豪華、豪華。立派、立派。
Commented by chobin-mama at 2008-07-06 23:16
北海道は、春まっさかり?というような、きれいな花々でいっぱいですね。
こちらは、昨日今日と、ひどい湿気と暑さです。
0ss102さんの手がゆきとどいているお花たち。
生き生きと咲いているのが、伝わってきます。
ターシャのミニチュア版みたいなお庭も、とっても素敵です。
サミット、北海道の厳戒態勢はいかがですか?
こちらは、県内に空港があるせいか、成田でもない場所でも、警察官の姿がちらほらと目立つような話も聞こえてきています。
Commented by Sidediscussion at 2008-07-06 23:30
「訓示をたれた」の一言でブログ主さんのユーモアある器量が想像でき、たのしくなってしまいました。
御花にことばをかけられる愛情を花はちゃんと知っていて、応えてくれますことでしょう。
Commented by hanairomimi201 at 2008-07-07 07:25
大切な要人がプレ七夕にお越しになったのでしたか・花たちも整列してお出迎えに緊張のあまり疲れて しおたれたのもあったとか・・(爆)
OSSさんの最高のユーモアに笑ってしまいました。
お友達も楽しい方のようで・・^^友あり・遠方より来たる・・また楽しからずや・・。
Commented by kiyoko at 2008-07-07 15:37 x
北海道からはるばる離れているこちらもいつもより警官の姿がチラチラしています。さぞや北海道は大変でしょうね。
花たちも突然の暑さについていかれなかったようですね。
救急車の話参考にさせていただきます。
Commented by oss102 at 2008-07-07 20:02
あきのさん
いつも真摯で大らかで、決まりきった考えをしない人です。
このお話には感動しました。中々出来ることではありません。
Commented by こじま at 2008-07-07 20:03 x
「みんなで北海道をガーデンアイランドにしょう。」そんな意気込みが伝わります。すてきです。
Commented by oss102 at 2008-07-07 20:10
chobinn-mamaさん
サミット警戒はこんなところにも?というくらい、かなり広範囲にわたっているようです。私は関係ないところばかりうろついています。(^^) こんな貧しい花壇ですが私には喜びの花壇です。こちらは今が一番花のきれいなときです。
Commented by oss102 at 2008-07-07 20:12
side discussionさん
ボケ防止に毎朝の対面のとき、花の名前を唱えるようにしています。ところがときどき忘れてしまいます。横文字はつらいです。
英語ペラペラのside discussionさんを尊敬します。
Commented by oss102 at 2008-07-07 20:15
hanairomimiさん
今日は雨が降って涼しくなりました。徐々に温度が上がるのならいいのですがいきなりは花もネコも人間も応えます。
フウロは食欲をなくしましたよ。すぐに復活しましたが^^;
Commented by oss102 at 2008-07-07 20:17
kiyokoさん
ニュースはサミットサミットですね。いい話し合いができればいいのですが。救急車でトッサのときに、よくこうして頼みごとができましたね。家族を守るのはこうした一途さが大切なのだとわかりました。
Commented by oss102 at 2008-07-07 20:19
こじまさん
地方都市では結構町の中の花に力を入れています。
かなり有名な花都市もできています。冬が長いですから、花の時期は盛り上がりたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< アイヌ ユカラ 下町 その2 >>