仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
こういった小さな植物への..
by tmshanagn304 at 22:01
雪国の越冬は雪の布団が必..
by kiyoko at 17:51
折角のアイディアも難しい..
by あきの at 16:50
sakuraさん 市の..
by oss102 at 09:12
kiyokoさん 今日..
by oss102 at 09:09
あきのさん 雪の道を・..
by oss102 at 09:07
こちらも今日は祭日です。..
by orientexp at 04:45
雪が降っても寒くても出か..
by kiyoko at 17:25
毎日充実していますね。こ..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 15:41
304さん 男同士でも..
by oss102 at 15:38
fuchanさん 聞こ..
by oss102 at 15:35
あきのさん まだ、この..
by oss102 at 15:33
母もポツリと言ったことが..
by fu-and-boro at 10:15
一卵性親子ですね。 男..
by tmshanagn304 at 22:18
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
園芸教室の思い出 
e0001808_11591572.jpg
e0001808_11592880.jpg

 今年もまた老壮大学の展示会は始まった。
市主催の老壮大学には、かな書道・水彩・園芸・盆栽など・・・12の科目がある。

7年前花作りを始めた私は、市の広報の募集に申し込んだ。この年の申し込みが一番多かったそうだ。 園芸ブームの遅い波だったのだろう。
募集枠50人を大きく超えた私たちは、全員入学できた。
それまでは20年以上続けている人、事情でやめていた人がまた復帰したりで顔ぶれはあまり変わらなかったようだ。 定着率のいい教室である。

当時の会長が、「今年の新人は全くの処女だ・・」と云って笑わせた。
この会長は、朝礼時の挨拶といい、中々の人で、全員に目配りし、声をかけ、人望があった。2年目に病気で亡くなった。 とても残念だった。

学習意欲満々の私たちは、張り切って通学したが、実情が分るにつれて失望していった。
講師陣は植物園の園長や関係者であったが、影での仕事が多かったせいか、ちょっと園芸のビデオを見せて、後は草むしり。11時にはもう帰そうした。
花畑には昔ながらのアスター・百合・チューリップ・・・

生徒にも問題があった。20年以上の人から10年はザラ、もう習うこともない先輩たちは、仲間とのお喋りが楽しみ。 ビデオ上映中も講義中も私語が多い。
9時から12時までなのに、8時にはもう登校する。
プレハブの教室の当番に当たったら、もっと早く来なければお掃除も出来ない。
講師は8時半前にくるなというが、いうことを聞かない。
遅刻をするな・・という言葉にはなれていたが、早くくるな・・というのは初めて聞いた。

最初の説明もなく、教室のやり方は段々に覚えろ、という方針。
実態がわかるにつれて、大いに不満はあったが、新人同士花を通じてたちまち仲良くなった。
この花上げる・・あの花ちょうだい・・と花の交換。
坐る席の関係で自然とグループも出来た。 

大きなビニールハウスに花が並んでいた。 外には山野草。
先輩たちが世話をしているところで、質問して教えてもらった。 そうかこういうところで学ぶのか。 よし、真面目に通うぞ。 楽しみが見えてきた。          
                         
                                              つづく
[PR]

by oss102 | 2008-09-05 12:04 | いとしの花たち | Comments(12)
Commented by udonn418 at 2008-09-05 20:22
私も15年くらい前に町の公民館学校の園芸教室に一年通いました。講師は、県のフラワーセンターの職員でした。
張り切って参加したけれど、私の興味のない菊の仕立て方や木々の剪定などが多くて、期待はずれでした。
私は草花の種まきや育て方が学びたかった・・・
今は、そういう教室が出来たのですが、もういいわって感じです。
Commented by fuchan_k at 2008-09-05 21:52
こんばんは。
センスが良くていらっしゃると思ったら、きちんと基礎から
学んで居られたのですね。
季節ごとの植物を順に勉強していったら、何年もかかりますね。
Commented by sakura at 2008-09-06 00:20 x
初めて行くクラスの席順というのは案外その後の流れをきめますよね。
私も隣り、近くに座った人とその後長く付き合った経験があります。
特に未経験同士の結束は固いですよね。
2枚めの写真、何か下がって見えます、何ですか?
Commented by hanairomimi201 at 2008-09-06 08:32
やっぱりキチンと習おうという意欲の差がお花に表れているのでした・・。
【早くくるな・】・^^・病院の診察券受付も同じですね・何時に来たの?というくらい早い・・。
どんな会でも私語には閉口します・ヨガの時も先生の始まりの挨拶の時・話は後で・・と言われる人が必ずいます。
Commented by kiyoko at 2008-09-06 09:30 x
一般的に講習会に一人で出席する人はグループで出席する人たちより私語も少ないし熱心ですね。一人ずつの人達が仲良くなると長続きする気がします。
Commented by Sidediscussion at 2008-09-06 15:56
お仲間ができるというのは、同じ興味を共有できて、いいですねぇ。

私語は邪魔ですね。 話しかけられたら、無視するのも悪いですし。実は私のブログは以前勤めていた大学のレベルがだんだん低下して、日本語が分からない留学生も増え、困っていた時期に始めました。 それで、授業中の私語をもじってside discussionとしたのです。
Commented by oss102 at 2008-09-06 16:42
udonnさん
園芸教室で学べるものは、その気になれば本やテレビで勉強できます。その他のちょっとしたことが、身につきました。
そこで出来た友達のお庭見学も楽しいことでした。
Commented by oss102 at 2008-09-06 16:46
fuchanさん
そんなキチンとした勉強はしませんでした。ほとんどハウス周りの草取りとかですよ。一年でもういいかな・・と思いましたが2年通いました。咲かせた花のアレンジなどとは程遠い世界でしたよ。
講師の方達は農業畑の方でした。
Commented by oss102 at 2008-09-06 16:49
sakuraさん
2枚目の写真はひょうたんです。毎年これをベテランさんの生徒が作って、展示会に搬入するのですが、大変なのですよ。
私は一人で申し込みましたから、かえって沢山お友達が出来ました。そんなものなんですね。
Commented by oss102 at 2008-09-06 16:52
hanairomimiさん
ネットの学習会でもいくら云っても私語があります。
話している当人は私語しているという自覚がありません。
今日も書きましたが、お茶を配ると、ありがとうございます・・隣の人に回すにも、どうぞ、熱いですからお気をつけて・・・講義中なのですよ。
Commented by oss102 at 2008-09-06 16:55
kiyokoさん
そうですね。思い当たります。草むしり作業のときでも、友人同士は一緒ですね。私はベテランと思えばなんでも聞きました。古株さんは飛び込んでいけば気のいいオバアチャンです。^^
Commented by oss102 at 2008-09-06 16:59
side discussionさん
アラ、お帰りなさい。どちらの国からお帰りになったのしら・・ブログ報告が楽しみです。
そうですか、私語のがやがやがside discussionのネーミングになったのですね。
私はネットの会員番号をそのまま・・・途中で変えようと思いながら定着してしまいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 園芸教室の思い出 その2 その... こんなもんかなぁ・・・ >>