仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
fuchanさん あな..
by oss102 at 10:16
kiyokoさん この..
by oss102 at 10:15
あきのさん 今日はよい..
by oss102 at 10:14
いいな!いいな! でも..
by fuchan_k at 21:58
わー、ここを歩いたのです..
by kiyoko at 20:38
sakuraさん 好き..
by oss102 at 20:08
あきのさん アラ、この..
by oss102 at 20:05
304さん もう、物は..
by oss102 at 20:03
松風さん こういう生活..
by oss102 at 20:01
お疲れさんでした。明日を..
by あきの at 18:18
表紙を見て、暮らしの手帖..
by orientexp at 07:16
またおもしろそうな本です..
by あきの at 03:40
元気なお話でこちらも元気..
by tmshanagn304 at 21:37
この本は読んでいませんが..
by 松風Ⅱ at 20:28
kiyokoさん お元..
by oss102 at 17:02
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
園芸教室の思い出 その4 残るさくら
 同じ花ばかりを植えて指導していた講師はその後、数年して亡くなった。 噂では生徒の方も何人か亡くなり、グループで仲良くしていた人は悪性の病気で入院中という。
ほんの数年のことである。 生死病いが身近になった。
散るさくら 残るさくらも 散るさくら いつも心に浮かぶ歌である。
当時の講師のリーダーだった人は、細い小柄な姿でお元気である。
「また戻っておいで・・・」とにこやかに云ってくれた。
先輩たちも元気でひょうたん作りに精を出している。

バス旅行のとき、小さい市のマイクロバスの補助席に坐った同期の男性がいた。
私の隣の席である。 そのときのお喋りがきっかけで、彼はネットの会にも私のスキークラブにも入って一緒に滑るようになった。
e0001808_16214064.gif

毎年私の特注のトーキビを作って届けてくれる。スキーの一泊旅行には、必ず手製のケーキを持参して女性陣を喜ばせてくれる。 あのとき隣の席でなかったら・・・とその縁を不思議に思う。

会を離れれば、ほとんどそれきりになるサークルというものの性質だが、もう会うこともなかった女性の友達は、花鉢を届けてくれた。 たちまちとどまることがない花談義が始まる。
アスターなのですが花火というネーミングです。
e0001808_16234798.jpg


1年目は真面目に通って、2年目はほとんどサボリ、パソコン生活が忙しくなった。
なんでもそうだが、行かなければ良かったと後悔したことはない。
なにかしら学ぶことがあるものである。
                                           おわり
[PR]

by oss102 | 2008-09-08 16:39 | いとしの花たち | Comments(18)
Commented by あきの at 2008-09-08 19:07 x
不思議な縁…良い出会いは人生を豊かにしてくれますね。いまごろ甘くないモロコシを作ってくれる人なんて、これはよい出会いというものです。
Commented by udonn418 at 2008-09-08 20:18
ケーキは大好きです。いい友達ができてラッキーでしたね。
このアスター変ってますね。こういうのなら植えたいわ。
Commented by 鶴子 at 2008-09-08 21:03 x
あら、その男性はネットの会の仲間? どなたでしょうね。
同じ後悔でも、私はやらないで後悔より、やって後悔を選びます。
と、いうことで、ついやりすぎてしまう鶴子でした。
Commented by Sidediscussion at 2008-09-08 23:48
人の出会いって不思議です。 偶然に見えていても実はそうなるべくして出会ってたような感動を覚える出会いもままありますね。
つかず離れすのいい関係を賢く選んでおられるから、いつまでもいい御縁が続くのでしょうね。 
Commented by sakura at 2008-09-09 01:15 x
縁とは不思議なものですよね。ほんとうに不思議。
「花火」という名前、ぴったりですね。
好き嫌いは別にして、必ず何か得られるものがありますよね。
Commented by hanairomimi201 at 2008-09-09 08:53
縁はいなもの味なもの・・トーキビの味ですねぇ。
ホント思います・すっこんでいてはなにも始まらないって・・。
OSSさんが時間を勘違いしたあの方かな・^^・。
Commented by こじま at 2008-09-09 09:05 x
「散るさくら 残るさくらも 散るさくら」 現実的で寂しい詩ですね。
Commented by kiyoko at 2008-09-09 09:21 x
何事も行って、やって後悔をしないに同感です。お稽古でもパートでも得る事がいっぱいありました。もちろんいやな事もありましたが
(^_-)
Commented by fuchan_k at 2008-09-09 12:05
一期一会と言いますが、大切なことですね。
亡き母がよく言っていました「昔から、人には添うてみろ馬には乗ってみろ」
だそうです・・・第一印象だけでは、決められません。
良くも悪くも、出会いがないと始まりませんね。
oss102さんは、出会いの機会をたくさんお持ちのようで羨ましいです。

Commented by oss102 at 2008-09-09 17:06
あきのさん
本当に嬉しいです。場所もとるのに毎年届けてくれます。
Commented by oss102 at 2008-09-09 17:10
鶴子さん
カラダンにワインを持ってくる人ですよ。^^
こんな出会いでした。
Commented by oss102 at 2008-09-09 17:14
side discussionさん
貴女はもっと深いいい出会いが沢山でしょうね。
つかず離れずの関係が気が楽で長続きします。
人間ってちょっと顔をあわせて挨拶して、ちょっとだけなにか話をする・・・それだけで温かい気持ちになる単純な心がありますね。
そんな関係が好きです。
Commented by oss102 at 2008-09-09 17:16
udonnさん
ゴメン!順番が抜けちゃった!m(__)mヽ
お宅のご夫婦は甘党ですね。この男性はケーキを作るのが趣味でなにかあるとすぐケーキの差し入れでみなさんに喜ばれています。
花火、変わっていますね。
Commented by oss102 at 2008-09-09 17:18
sakuraさん
ブログでの出会いも不思議なものです。物凄く沢山あるブログの中からと思うと・・ね。よく出会いましたね。
Commented by oss102 at 2008-09-09 17:22
hanairomimiさん
そうです、あの方です。毎年私のために作って届けてくれます。
感謝です。おかんは転んでもただでは起きない精神ですね。^^
私も積極的にチャンスは掴みたい・・・でも最近のまわりの男性は後ろに毛がないなぁ・・・
Commented by oss102 at 2008-09-09 17:24
こじまさん
淋しい詩かもしれないけど、本当の意味が分る詩ですね。
この詩を忘れないでいれば、年取ってからの醜い資産争いなんかなくなるのに・・・
Commented by oss102 at 2008-09-09 17:26
kiyokoさん
いやなことも一杯あったのですか。あまり一生懸命にやろうとするとトラブルに巻き込まれます。私はいつもいい加減でおしいいとこ取りでいってます。
Commented by oss102 at 2008-09-09 17:29
fuchanさん
一期一会とはよくいったものですね。いい出会いがあっても逃がしていることが沢山あるのでしょう。
第一印象は本当にいい加減です。こんなやつ大嫌い・・と思った人が案外いい人だったりします。年の功でゆっくり人付き合いが出来るようになりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ショウマは尻尾で・・・ 園芸教室の思い出 その3 みん... >>