仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010年 03月 02日 ( 1 )

朗読ボランテア
 声をだして本を読むのはボケ防止にいいという。
食道と気管には開閉する弁のようなものがあるそうである。声帯が衰えてくるとその弁の力も弱くなって、食べ物が気管の方へ入っていくそうだ。

老人がよくむせるのは、そのせいだと以前のTVで知った。
私も先日ひと粒の数の子が気管に入って涙が出るほどゲーゲーした。恐ろしいことである。

私はカラオケをやらないし、家にいれば無口である。一人とネコだけだから仕方がない。
あ~~~~~~・・・・と声を出してもとても15秒と続かない。
音読してみる。いつもは文章を束にして速読している。だが音読となると遅くてオソクテまどろっこしい。
口も回らない。声がついていかずに目ばかり先を読もうとする。

何とかせねば・・・と思っていたところに、ネット仲間からのお誘いメールがあった。
介護施設で本を読んでいるが、体調を崩して休むと、とても淋しがられる。
だれか一緒に読んでくれる人はいないか・・・


これだと思った。これなら声を出して読む気にもなるだろう。
私はすぐに手を挙げた。

90才過ぎの日野原医師は・・・75才以上は新老人、なにか今までやらなかったことをやりなさい・・・と言っていた。 なんてラッキーなんだろう。 
私のボランテアはいつも自分の都合が優先するのだ。

指定された日、介護施設に落ち合って、Tさんという方の朗読を聞いた。

                                   つづく


e0001808_167553.gif

[PR]

by oss102 | 2010-03-02 16:11 | ボランテア | Comments(16)